AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『女ひとり大地を行く』(1953年)
監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

 ちょうど67年前の今頃、夕張炭鉱は興奮に沸いていた。なぜなら、〝ベルさん″の愛称で親しまれる人気女優・山田五十鈴が、自分たちと同じ坑夫姿で映画撮影に励んでいたからだ。

 「女ひとり大地を行く」は1952年9月下旬から11月中旬、夕張をはじめ、釧路の太平洋炭鉱や雄別炭鉱などでロケされた。主人公は、炭鉱に出稼ぎに行った夫(宇野重吉)を追い、秋田から北海道に渡った貧農の妻サヨ(山田)。ところが夫はガス爆発で死んだと聞かされ、彼女はやむなく、2人の子を育てるためその炭鉱で働くことに。切り崩した石炭をスコップで積み込む女坑夫や、石炭と廃石をより分ける選炭婦をしながら、戦中・戦後を生き抜いていく。

 「鶴八鶴次郎」(1938年)「流れる」(1956年)など艶やかな着物姿の役が多い山田だが、本作では炭塵まみれの〝ヤマの女″に挑戦。出演時既に芸歴20年以上の彼女だったが、本作のシナリオを受け取ったときは「私が今まで出た映画とはまるで違う」と途方に暮れたとか。ロケ中は夕張の炭鉱長屋に泊まり、地元の坑夫や主婦と生活を共にして役作りしたという。

 映画は、数奇な女の半生を追いながら、北海道の炭鉱の歴史を描いていく。それは過酷な労働や爆発事故、強制労働など辛い記憶であると同時に、石炭産業に命をかけた無名の人々の営みでもある。夏の夜、隣人同士でスイカを分け合い、噂話に花を咲かせる炭鉱住宅のシーンは、彼らがいたわり合い、笑いながら毎日を乗り越えていたことを教えてくれる。とりわけ印象に残るのは、世話好きなお花(北林谷栄)の存在だ。快活な彼女だが、夫を炭鉱事故で亡くしており、妻を亡くした別の坑夫と再婚して娘を育てている。山ひだにびっしりと並ぶ長屋の灯ひとつひとつに、そんな家族の物語があったのだ。

 実は、本作を企画したのは1950年に設立されたばかりの日本炭鉱労働組合北海道支部。「これは北海道の炭鉱労仂者が一人三十三円ずつ出しあってつくった映画である」というクレジットが最初に出る通り、300万円の予算を用意し、独立系の映画会社・キヌタプロと共同製作した。脚本を担当した新藤兼人らは、現場の意見を取り入れてシナリオを作ったという。

 ところがいざ撮影を始めたところ、会社からロケを妨害されるなどアクシデントに見舞われた。エキストラの協力も会社が止めたそうだが、爆発事故を悲しむ群衆の再現や労働歌を合唱するラストシーンなどに多くの人が出演。まるでドキュメンタリーのような気迫がみなぎるのは、「自分たちの映画を作りたい」という彼らの願いと憤りがあるからだろう。本作にカンパした人の数はおよそ9万人。ヤマの誇りと希望を込め、ようやく完成した映画を観たとき、彼らは何を思ったのだろう。

 日本遺産に「炭鉄港」が選ばれ、各地の炭鉱跡に光が当たっている。ならば、そこで働いた人たちが作ったこの映画にも、新たな輝きを見いだせるのではないだろうか。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)

ライター、ZINE「映画と握手」発行人。「女ひとり大地を行く」の資料を集めていたら、詩人の吉増剛造さんが本作に触発されて詩を作ったことを、著書「燃えあがる映画小屋」(青土社)で知りました。映画と詩の創造性は時代を超えるのですね。

あなたと映画のエピソードお寄せください。

「大好きなあの作品」「忘れられない名シーン」など映画にまつわる思い出について投稿をお待ちしています!

コメントを寄せていただいた方から抽選で

  • シアターキノの「映画鑑賞券」5名様
  • 「映画と握手」カラー版3点セット3名様
をプレゼントいたします。(プレゼントは選べません)

※お寄せいただいた投稿は、紙面や本ウェブサイトに掲載させていただく場合がございます。

投稿するにはログインしてください
海外に行くと映画に行きます
(sato さん)

きみにしか聞こえない。あの作品を深夜に観て家族に聞こえないように声を押し殺して号泣した想い出も今は懐かしいです。
(亜梨 さん)

青春の想い出です。
(み~さん さん)

昔はアニメといえばジブリという感じでしたが、今はたくさんの日本映画が世界に認められていますね。
(よつば さん)

家族で映画に行ったり家でDVDで鑑賞したり、日常に欠かせない存在です。
(wakameee さん)

初めて映画館で鑑賞した「ラ・ブーム」
自分とそんなに歳の変わらないソフィー・マルソーの大人っぽさに衝撃を受けました
(かつを さん)

ダイハード好き!
(こいち さん)

小さなエアドームシアターで観た「陽炎座」あの怪しさは忘れられません。
(MNB さん)

子どもの頃に見た「コンボイ」という映画がなぜか忘れられません。
(ありゃま さん)

最近見た映画は蜜蜂と遠雷。原作とはまた違った映像と音の世界を感じることができて、良かったです。
(まさよこ さん)

フェリーニの道のラストは忘れられません。キネマの天地でそのシーンを観て涙を流すシーンがありましたね。
(aki さん)

「かもめ食堂」が大好きです。もたいまさこさんみたいな大人になるのが夢です。
シアターキノへ行くと「明日からもがんばろう」と素直に思える映画にいつも出会えます。ずっと通い続けたいです。
(おかめ さん)

小学校の時、父が初めて連れて行ってくれた映画が「ゴッドファーザー」でした。
内容はともかく映像の迫力に圧倒された事を憶えています。
(KATSU さん)

大学の卒業が決まり、ようやく、就職が決まった時に、映画の日で、朝から晩まで梯子。
今では、懐かしい二本立て。
あんなに見たのは、あの日ぐらいでした。
(雪桜 さん)

夏の夜野外で行われる「映画会」、映画「ふるさと」は忘れられません!!
(fukutan さん)

ショーシャンクの空に、がすごい! いわれのない罪に、命をかけ、プライドをかけ、必死に立ち向う姿と友情に感動しました。
(ruru さん)

子ぎつねヘレン、これをみて北海道がさらに大好きになりましたし、北海道に住む動物たちの大切さ生きざまを考えるようになりました。今でもたまにみて心を清めています。
(ちくわ さん)

小学生の時みた銀河鉄道999感動しました
(くまちゃん さん)

砂の器の親子が海沿い、雪の中を歩くシーンが印象的でしたね。

(ごろう さん)

キノさんの映画は見たいものばかり。高齢なうえ仕事もしているので、なかなか見にいけてません。残念です。
(たみちゃん さん)

「砂の器」が忘れられない作品です。日本の四季の美しさと流れる音楽曲の作品性がマッチした最高傑作だと思います。松本清張の推理小説が至高な映画昨品として提供されたのが新鮮だったし、強烈でした。
(としちゃん さん)

大泉洋さん主演のアフタースクールが面白かったです。
ちなみに私は映画館で5回も観ました。
カメ止めより絶対面白いと思います。
おすすめです。
(えっちゃん さん)

たくさんたくさん映画が観たいです。これからもキノさんには期待しています❗️
(タロ さん)

映画を見たい。
(もんた さん)

オシャレでファッショナブルなご老人の映画を以前キノで見ましたが、最近UNIQLOのCMでその方が出演されていて、お元気そうで嬉しかったです。
(トミー さん)

「会議は踊る」の「ただ一度だけ」の曲が印象に残っています。
(シゲ さん)

『50回目のファーストキス』の長澤まさみさんの雨の中のキスシーンがすごく印象に残ってます
(けいこまり さん)

ダスティンホフマンとトムクルーズのレインマンが感動しました。兄弟っていいなとホロリと涙
(sugi さん)

シアターキノの、映画を選ぶセンスにいつも感心しています。国を問わず、大変な環境にあってもくじけず前に進む姿や、人類愛を感じる時、私も心を動かされるのです。
(メーメー さん)

「男はつらいよ」シリーズ、結末は読めても、いつも新鮮な思いで鑑賞させて頂いておりました。
(ぱぱろ~ さん)

二度目のヨーロッパ旅行の時、アムステルダム経由で羽田への帰路、当時封切られたばかりの『ノッティングヒルの恋人』が、機内上映されていました。当時、映画とはあまり縁がなかった私ですが、すっかりその作品、加
(create さん)

万引き家族です。
一生懸命にみんなが生きている姿が切ないです。
(str777 さん)

 シアターキノでの多くの作品には
いつも感動させられています。ありがとうございます。
(joyful さん)

うさぎ追いし、という映画を子供とみに行った思い出があります。
(sema さん)

映画全盛期の時代~石原裕次郎ファンになりそのきっかけは「太陽の季節」という作品でした。内容もわからなくなるくらい魅力的でかっこよく男らしい姿にあのとき抱いた衝撃はその後の活躍がわかっていたかのようでし
(せっちゃん さん)

黒澤明の〈7人の侍〉どしゃ降りの中の大殺陣がいい。7人それぞれに味わいがある。黒澤作品で成功作品はあれが唯一か。
(ヘーガン さん)

ある愛の詩が、初めて自分一人で映画館というものに行ってみた映画です。1回目が終わってもそのまま席に残り、2回目もみた記憶があります。
(n子 さん)

「蜜蜂と遠雷」前評判ほどではなかったが、実話をベースとしていることを頭に置いてみるとなかなかスリリングで面白かった。
(みーくん さん)

「火口のふたり」の瀧内公美の身体は実に美しかった。またじっくり観たい。
(たっくん さん)

東映「コタンの口笛」NHK制作「松浦武四郎」、ともに未だ残るアイヌ差別・蔑視の問題を改めて考えらされた。
(けいこちゃん さん)

映画ではないが、HBC制作「地底の葬列」は、社会性もあり見ごたえがあった。
(賢吉 さん)

忘れられない名シーンですが「卒業」の冒頭シーンです。「卒業」というとラストシーンが有名ですが私は冒頭のシーンが忘れられません。主人公ダスティンホフマンがエスカレーターを降りていくシーンでサイモン&
(はる さん)

「男はつらいよ」が好きです。やんちゃな寅さん、そんな寅さんのふっとしたあたたかい一言にこころが温かくなります。旅行で寅さんが訪れた街の変わりように寂しさを感じます。
(まめりんご さん)

山田五十鈴、宇野重吉、北林谷栄ら懐かしの俳優陣、観たいですね・・
(シュウチャン さん)

是枝監督の「奇跡」
今でも時々、あの子達どうしてるかなあ、どうなったかなあと考える時がある。
(のんこ さん)

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次