AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『氷点』(1966年)
監督:山本薩夫 ロケ地:旭川

 秋も深まる10月半ば、家族を誘って旭川へ行ってきた。この地が生んだ作家、三浦綾子(1922~99年)の功績を伝える「三浦綾子記念文学館」を再訪するためである。文学館は、彼女の代表作「氷点」の舞台となった外国樹種見本林の入口に建つ瀟洒(しょうしゃ)な洋館だ。

 「氷点」は1964年、朝日新聞社の懸賞小説に入選し、三浦が文壇デビューした作品。物語は、見本林のそばに住む病院長・辻口啓造が娘のルリ子を殺される悲劇から始まる。美しい妻・夏枝の逢引き中に起きた事件と疑う辻口は、なんと〝犯人の娘〟という幼子を養女にする。何も知らない夏枝はその子を「陽子」と名付けて溺愛するも、ある時夫の復讐心を知って愕然とし、以来彼女に辛く当たるようになる。葛藤を抱えた家族の中で、健気に明るく成長した陽子の運命をたどるセンセーショナルな内容である。映画は夏枝役を若尾文子、陽子役を新人だった安田道代(現:大楠道代)が演じた。

 作品のテーマが「人間の原罪」にあることは理解できるけれど、クリスチャンではない私には馴染みにくい感覚でもあると白状したい。とはいえ、久しぶりに原作を手にしたらすぐ引き込まれ、一晩で読破した。何度も映像化されブームを巻き起こしてきた本作は、誕生から半世紀以上を経た今も読み手を揺さぶり、魅了する力を持っている。

 そんな三浦文学の魅力をもっと身近に感じてもらおうと、文学館では多彩な取り組みを実施。開館20周年の昨年は、三浦邸の書斎を移築復元し、分館として開業した。5年ぶりだった私にはこの分館が新鮮で、三浦が夫の光世さんと口述筆記したという机に感じ入るものがあった。というのも実は5年前、私は光世さんと文学館でお会いしたからである。分館スタッフの方によれば、光世さんは毎日、午前中は文学館で過ごし、来館者と話すのが日課だったそう。幸運にも私はその一人となったわけだ。綾子さんとの思い出を穏やかな表情で話してくださった光世さんが亡くなったのは、それから5か月後のことだった。

 そんな記憶を反芻しながら、書斎を囲むように展示された「氷点」の解説パネルや創作資料、オープンしたばかりのカフェコーナー「氷点ラウンジ」を見ていると、3歳の娘が「おかあさん、はやく行こうよ!」とせがんできた。生返事をするとプリプリ怒り、出ていこうとするので慌てて追いかける。その瞬間、娘の姿が「氷点」のルリ子と重なった。この世で最も大切な命を理不尽にも奪われたとき、思いがけず身近な人に裏切られたとき、私は夏枝と同じ行動を取らないと果たして言えるのだろうか…。

 黄色く色づき始めた見本林を娘と歩く。夏枝から出生の秘密を暴露された陽子は、罪ある血が自分にも流れていると知り、美瑛川の畔で服毒自殺を図る。2月にロケされた映画のこのシーンは、陽子の絶望を投影し、雪氷で覆われた見本林が寒々しく、冷気が画面から流れてくるようだった。北海道に住む者にとっても、冬は受難のときだけれど、三浦が用意した衝撃の結末、そして「続・氷点」で描かれたその後の物語を思うと、同じ風景も違って見えるから不思議なものだ。平坦とは言えない人生を歩みながら、生涯旭川を離れなかった三浦は伝えたかったのだろう。どんなに冬が長くても、必ず春は来ることを。寒さが厳しいだけ、花が咲く喜びは深いことを。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)

札幌在住のライター、ZINE「映画と握手」発行人。12月13日公開のアニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」は旧住友赤平炭鉱の立て坑が舞台のモデルだとか。ちなみに1988年実写版の菅原浩志監督は札幌出身。主演した宮沢りえがアニメ版に声優として特別出演しています!

あなたと映画のエピソードお寄せください。

「大好きなあの作品」「忘れられない名シーン」など映画にまつわる思い出について投稿をお待ちしています!

コメントを寄せていただいた方から抽選で

  • 「映画と握手」カラー版3点セット 3名様
  • 「シアターキノ 映画鑑賞券」 5名様
をプレゼントいたします。(プレゼントは選べません)

※お寄せいただいた投稿は、紙面や本ウェブサイトに掲載させていただく場合がございます。

投稿するにはログインしてください
田舎で、3ン年遅れの映画を、食い入って観た思い出を忘れらない、
(イケメジジー さん)

旭川が、舞台の名作です。
(み~さん さん)

就職が決まった日に、映画の日で、二本立てを含めて三館はしご。
よく観ました。
(雪桜 さん)

ハリーポッター
全作映画館で見ました!
友人や恩師に恵まれ、どんな困難にも立ち向かっていく姿、成長していくハリーが大好きです。
(けぃたん さん)

「私はダニエルブレイク」はかなり好きな作品です。行政と貧しい人や弱い立場の人の対立について考えさせられました。イギリスの作品ですが、日本でも同じようなことが起こっているし、弱い立場の人にもっと優しい人
(めめめ さん)

「戦艦ポチョムキン」小学5~6年生、その後高校生、20代と何度か見たが忘れられない映画の一つです。
(アラジン さん)

「あん」。深く考えさせらせます。見終わった後、涙が止まりませんでした。秦さんの曲がまた泣けるんです・・。
生きる意味。ひとつの答えを観て、また、前に進めそうです。
(じゃまいか さん)

アメリカンスナイパー、あれほど戦争について深く深く考えさせられる映画はないです。目を背けちゃいけないんだと初めて衝撃を受けました。
(亜梨 さん)

小学生の頃感動した映画は「沈黙の世界」、中学生の時に感動した映画はエリアカザンの「エデンの東」、高校生の時に感動した映画は「十戒」、社会人なりたての時に面白かったのはロックハドソンの「カム・セプテンバ
(あおいうみ さん)

幸せの黄色いハンカチがよかったです、純愛の物語がたまらないです。
(笑顔日和 さん)

まさに厳しい冬が始まりますが、喜び深い春が必ずくるんですね。
(みき さん)

kinoのファンで、よく訪れ、利用しています。今回、私の好きな「氷点」ということもあって、是非とも当選して、「あの感動をもう一度・・・」としたいです!
(create さん)

チャールトン・ヘストンの「ベンハー」は大学受験を終えて札幌で帰宅の列車を待つ間に見ました。長編の大スペクタクルという作品に初めて出会って、いわゆる「洋画」に魅せられ、その後多くの作品に引き込まれた最初
(三毛猫のパパ さん)

チャールトン・ヘストンの「ベンハー」は大学受験を終えて札幌で帰宅の列車を待つ間に見ました。長編の大スペクタクルという作品に初めて出会って、いわゆる「洋画」に魅せられ、その後多くの作品に引き込まれた最初
(三毛猫のパパ さん)

大好きな映画はオデッセイです
じゃがいもを1から作るシーンはとても引き込まれます
(さとう さん)

3年前の年末、シアターキノで「ウィーン歴史博物館」修復の映画を見た途端に行きたくなり、翌年の春に現地を訪れることができました。あの映画を見なければ、ウィーンをこんなに早く訪れることはなかったでしょう。
(Yuki さん)

若いときに新宿名画座で見た「シンデレラリバティー」の別れの一コマが忘れられません。
(としちゃん さん)

わたしの思い出の映画は「ひまわり」です。ソフィア・ローレンのひたすら愛する人を待つ姿と画面いっぱいの”ひまわり畑”!!強烈でした。
(豆柴まめちゃん さん)

最近、映画でもテレビでも、なかなか女優さんの裸を見られない。寂しいことだ。そういう意味で「火口のふたり」の瀧内公美は高く評価されていい。
(みーくん さん)

「火口のふたり」での瀧内公美の脱ぎっぷりは称賛に値します。あの演技なくしては、あの映画はできあがらなかったでしょう。
(けいこちゃん さん)

「長いお別れ」はドキュメンタリー映画です。将来の自分を観た気がします。そして女の子の優しさを感じました。
(たっくん さん)

「レディ・マエストロ」――女性差別は、どこもいつの世も同じですね。今は、優れた女性の才能が正当に評価されつつあります。よいことです。
(賢吉 さん)

風とともに去りぬのビビアンリーが強烈な印象でした。「明日は明日の風が吹く…」というセリフは今でも忘れられないです。
(朗読 さん)

樹木希林の生きる を見た。自分らしく生きるという姿勢に、自らの生き方を見直す機会となった。どれだけ近づけるだろう。 こじこじ
(こじこじ さん)

遠い空の向こうに、をまたみたいです。原作のロケットボーイズも大好きです。
(ruru さん)

「男はつらいよ」ファンとしては北海道が舞台な作品があることがとっても嬉しいです。12月には久しぶりに映画が公開されるようでそこに昔の映像もありそうなので楽しみでしかたがないです。
(るいるい さん)

最近見た映画の中では、ボヘミアンラプソディーが心に残っています。
(ユリッペ さん)

俳優としての高倉健ファンとしては倍賞千恵子さんとのゴールデンコンビ作品すべてが記憶に残っています。一つ紹介するならばとある居酒屋でテレビに映る歌手・八代亜紀さんが名曲「舟唄」を熱唱しそれをふたりが言葉
(せっちゃん さん)

数限りない映画を鑑賞して選ぶのは難しいですがインド映画の「めぐり逢わせのお弁当」にします。インド独自のお弁当システムにも驚きましたが、勤勉な主婦が日常の悩みの中で本来の自分と向き合い自分を取り戻す旅に
(haruharu さん)

新聞記者
(joyful さん)

映画の題名は忘れましたが塀の中の食事をテーマにした映画をシアターキノまで観に行きました。その時に映画の中の食事をシアターキノの喫茶店で再現していたのですが、結局食べずに帰ったことを後悔しています。また
(えっちゃん さん)

「利休にたずねよ」で利休役の市川海老蔵さんが抹茶のお手前をする場面で流れるような華麗な所作でさすが海老蔵さんと思いました。
(はる さん)

歴代マイベストワンが増毛を舞台にした「駅 ステーション」です。
(またんき さん)

40年前に見たグレンミラー物語。ジャズの心地よい世界を教えてくれた忘れられない映画です!
(シュウチャン さん)

ひまわりがすきです

(samaru さん)

犬神家の一族です。
登場人物、ストーリーが
素晴らしいです。
(str777 さん)

最近、キノで(北の果ての小さな村で)観ました。
グリーンランドの雄大な景色、人々との友情、暮らし。素敵な映画でした。
(kazunn さん)

Vol.11

氷点

(1966年)監督:山本薩夫 ロケ地:旭川

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次