AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。


あなたのオピニオン


粉雪さん 朝日新聞の「声」と言えば、私は「語り継ぐ戦争」を欠かさず読みます。毎月15日心に正座をさせてきちんと読みます。自然に涙で顔がぐちゃぐちゃになるので、片手間では絶対に読めません。絶対に欠かさずに連載し続けて欲しいです。辛くて切なくてしんどくて1行を読むのに嗚咽がもれてしまうこともあります。もしも読んだことがない方いましたら、読んで欲しいです。日本のほんの少し昔にあった本当の話を感じて欲しいです。
まんたさん パートですが、仕事を約13年ぶりに始めました。13年ぶりだと本当に浦島太郎状態で、全く使い物にならない私です。若い頃、新しいパートさんが入るたび、年齢の重ねた方は全く仕事を覚えてくれなくて「どーして何度言ってもわからないんだろう、仕事できなすぎ!!あんなおばさんにはなりたくない」と思っていました。
今、まさに自分はそのなりたくなかったおばさんです。
言い訳させてください、年齢が高くなって覚えが悪いもありますが、考える事が仕事以外にもいっぱいなんです。子供たちの学校の行事や勉強をみてあげる、家事全般、町内会の仕事など若い頃は仕事だけで良かったんだけど、毎日バタバタと過ぎています。
若い頃の私を支えてくれていた母に感謝です。
でも、逃げたくないから仕事頑張ります。なりたくなかったパートおばさんですが、仕事と家庭の両立目指してみます。
あー長々とごめんなさい。
すっきりしました。
明日から子供たちが夏休み、母の私がいない始めての夏休みですが、なんとかなるかな。。。ちょっぴり不安だけど、子供の方が大人に成長してくれるかな(笑)
自分の仕事以上に子供の成長が早そう~頑張ります
みいぱぱさん 最近の政治的な動きを見ていると、「この道はいつか来た道…」という気がしてなりません。60~70年前のことは実際にはわかりませんが、もうすでに今は「戦前」のような気がして恐ろしさを感じています。同じ過ちを繰り返さないためには、私たち民衆の力しかないと思います。何か行動を起こさないと…後悔はしたくありません。
tennmariさん ついこの間まで連載していた荒神ファイルして製本していました。たまたま東京で見た荒神は挿絵がカラーでうちに帰ったら白黒でなんかがっかりしました。どうして?購読料は同じなのに。
まささん 自分は、現在長期出張中なんです。関東方面に3ヶ月の予定ですが、その間は我が家の子供たちの様々な行事がある時期で、正直寂しい日々を過ごしています。先日は小学6年生の息子の修学旅行がありました。もちろん自分は自宅にはいません。お土産はお父さんに直接渡せないと電話があり、お土産話でいいんだよと言っていました。ある日宿泊先のウィークリーマンションに息子からの絵葉書が、「これは僕からお父さんへ修学旅行のお土産です」とかわいいなきうさぎの絵葉書が届きました。最後には「楽しい旅行でした、お父さんもお仕事がんばってください」と書かれていて、住所も全て息子の字でした。
離れて過ごすのは寂しいですが、こうした成長した姿を見られるのも悪くはないと感じた出来事でした。まあ、早く仕事を終わらせて、早く家族のもとに帰りたいです。

夏休みお盆しか一緒に過ごせないのが残念です。海にも山にも連れて行けない、家族で楽しく食事に行ければと思い応募しました。
どうかよろしくお願い致します。
HとMさん 集団的自衛権の問題で朝日新聞は反対の姿勢ですが社員全体とは思われません
私も絶対反対の立場ですが社員の賛成、反対の割合はいかほどでしょうか?
また、読売新聞は賛成のようですが正反対の考え方にも疑問を感じます。またこの問題で購読数に変化はありますか?
naoさん 前クルーで放映されていたドラマ「MOZU」は重く暗い内容ではあったが引き込まれる魅力もあり、毎週楽しみに観ていたが、唯一の欠点は主人公の喫煙が病的とも思えるほど頻繁だったこと。もしかすると何か意味があるのかもしれず、最後まで観ないとわからないのかもしれないが、どうしても耐えかねて今クルーは観ないことにした。はなはだ時代錯誤ではないかと思う。
ぽにょママさん 町内会の話・・・。最近、町内会を盛り上げようみたいな運動がすすめられていますが。我が地域ではいろいろと問題があります。特に昔から住んでいる年配の方々の非協力的な面・・・。自分に利益になり楽しめること(お酒が飲めたり、参加すると何か食べれたり、もらえたりする行事)には参加するのですが、役員を決めるとなると「もう歳だから・・・」と引き受けてくれないのです。かといって、今までの事を変えようとすると、口出しだけはしてくる。住んでいる地域全体を自分の所有物とでも思っているのでしょうか?田舎なので難しいです(>_<)
rajaさん 高齢者の戦争体験が貴重です。
潤子さん 世間では、都議会のセクハラヤジが問題になりましたが、日々の生活の中で感じるのは、日本社会に根強く残る男女差別です。男がやっても許されるのに、女がやると許されない事や、女は男のいう事をきいていればいいとか、家事は女の仕事など。最近の若い世代は違うなどといわれますが、家庭の中で、共働きなのに、夫は家事を「手伝う」と言っている時点で、すでに平等じゃない。国の政策も、育児と仕事を両立するのは、いつも女性のの話になる。本当に納得いかない。
アディダスさん 自分の名前が嫌いだった私。
大人になるにつれていい名前と言われることが多くなってきて始めて親にいい名前をつけてくれてありがとうと照れ臭かったけれど言った。その時の母の顔が今でも忘れられません。自分の名前、これから子供に付ける名前大切にしようも思いました。
じゅんさん 大阪に行くときの新千歳空港で、ラーメン屋で並んでいたら関西弁のご夫婦に話しかけられ、どこのラーメンがオススメ?どうやって注文するの?などいろいろ聞かれたあと、「とってもおいしかったわ。ありがとう。」と言われました。大阪に気分良く向かえました。
koyukiさん 集団的自衛権は容認できません。日本国憲法には戦争放棄と書いてあるのに自民党、公明党は集団的自衛権は抑止力になると考えているようですが、わたしはならないと思います。
HIDAMARIさん ゴミ袋が有料化になって数年になりますが、不法投棄が気になっているのは私だけではないでしょう。ある地方ではゴミを置く保管容器(カラスも悪戯できないような)を市の予算で準備しています。札幌市でも同様の措置がとれないかと思っているのですが…。
はなちゃんさん 最近、気が長くなったな~と思います。
年齢のせいでしょうか。
とにかく、いらいらすることも少なくなったり、また、ものごとをゆっくり考えたりと、いいことずくめです。
「こころ」に余裕ってやつですね。
これからも意識して、気長にいきたいと思います。
ほわさん 自分が中学・高校とブラスバンド部に所属していたので、「School of Music」は毎回楽しみにしています。本州出身なので北海道の学校のことはわからないのですが、記事を読んでいると自分の10代のころを思い出して、なんか元気になります!
スマイルさん 最近若い人の間に「新型うつ」という病気があるそうです。1日のうちで感情のアップダウンが激しく、楽しいことは取り組めるけれど、苦手なことはできない・・・。私の職場にもそのような症状の同僚がいて、周りが振り回されています。仕事の内容が本人に向いてないのかな?とも思いますが、本人を否定するようでそれは言えません。周りが気を遣いすぎて疲弊していきます・・・。
みうらっちさん 「集団的自衛権」問題、今は数少なくなってきた戦争世代の方々の意見には説得力があります。朝日新聞には、ぜひ「反対」の姿勢を崩さず、一般庶民の意見を巻き込んで頑張ってほしいです。
桃太郎さん 名作は年齢の違うときに何度か読むと、それぞれ違った感想を持つと言われる。50代にして2度目の「こころ」。学生時代に読んだときと感想は違っているはずなのだが、その学生時代に読んだときの感想が思い出せないので、比較ができない。
Yossyさん 外国人の連れがいると知らない人でも話しかけられる。日本人同士でも同じようにできないものでしょうか?
かさぶらんかさん 東日本大震災後札幌に移住して三回目の北海道の夏を堪能してます。花好きなので
道内の色々なガーデンを巡ってますが、一番のお気に入りは帯広の真鍋庭園。全国でも
珍しいコニファーバーデンで一歩ガーデンの中に入ると、日本とは思えないようなスケールの大きさに圧倒され、もう三度も訪れてます。北海道は広いのでまだまだ行きたい所満載です。
となみんさん 年金、扶養控除、介護保険、様々な制度が曲がり角にきている今、詳しく知るために新聞は不可欠になっています。
まめりんごさん お向かいに住んでる中学2年生のおにいちゃんが、会う
といつも挨拶をしてくれます。大人でも挨拶ができない人も多い中「いい子だな~」と嬉しくなります。
秋鮭さん 脱法ハーブを吸引したことによる事故が多くなっているようですが、覚醒症状を起こす物質を取引する行為を規制してほしい。
世界平和さん 家の庭先に小鳥がやってきます。
えりかさん とても疲れてヘトヘトになって家に帰ったら、あったかいご飯が作ってあったこと!
北海武蔵丸さん こころの内面の7繊細な描写に感心するとともに最終章まで目を離せない思い。
東方神起ペンさん 最近の集団的自衛権の閣議決定は、予想していたもののガッカリでした。安倍政権は何をそんなに急いでいるのでしょうか?昭和生まれとしては最近の世界情勢があまりにも乱暴で落ち着きません。明るい話題はないのでしょうか?
りえさん 日本がどこに向かおうとしているのか心配です。
とらふくさん 今年の夏は暑いのかな。
Hermesさん 夏目漱石の『こころ』を掲載するのは良いのですが、漱石全集と同じように総ルビで載せて欲しい。私は『わたくし』のはず。そう言う、細かなところが分からない。
memeちゃんさん 可能な限り、片道30分を歩いて通勤しています。同じ道でも毎日少しずつ景色がかわります。畑の野菜は一日で驚くほどの成長です。妄想しながらの大切な時間。ストレス発散になります。
satoruさん 最近の日本のTVドラマがつまらない、海外ドラマのストーリー性と役者の個性、制作費に資金をかけており、飽きさせない。脚本の差なのか、俳優の低い演技力のせいなのか。
視聴率ばかり目をむけ,視聴者を馬鹿にした内容でファンをなくすだろう。
チロルさん 家に帰ってきたら、私が小さい時に着ていた母お手製の手編みのセーターが出してありました。久しぶりに出して洗濯をしてみたとのこと。そんな私もあと少しで27歳…時の流れを感じます。そして、今度うちに私の彼氏が来た時に見せたいという母の姿にほっこりしたのでした。
北北親父さん 集団的自衛権の議論ばかりが、最近の紙面を賑わしているように思いますが、その前に議員定数削減の話は、どこへ行ったのでしょうか?
hmwestさん 安倍政権の暴走を止める方法はないのでしょうか?政権交代でダメージを受けたのが響いているのか、絶対多数の今{なんでも決めてしまえ}という態度は許せないです。{法案が通ってしまえば従うさ}という考えが、国民を馬鹿にしているとしか思えない。間違えている方向に向かっている安倍さんを、リコールする方法はないのでしょうか?決める政治を何回も言っているけれど、前回の政権時に決められない政治にしたのは自民党だったことを覚えていますか?
ruhaさん 家の前の路上に駐車している車が増えている。1軒で常時4台止めている家もいる。車庫証明どうなっているのかな?
maさん 苫小牧市の住人です。夕刊が三時に配達されます。ちょっとはやすぎません?
理由はわからないでもないけれど・・・・。
さるさん 東京都議会のセクハラヤジ事件が信じられません。あってはならないことが、実は日常的にまかりとっているこの現実。日本という国は確実に壊れてます。
ごんさん 旬なオピニオンと言えば、塩村議員へのセクハラやじです!未だに怒りが収まりません。うやむやにするだろうとは思っていましたが、マニフェストには女性支援の政策を書くだけ、税金をもらっている立場の議員が仕事中に、公の場で女性をばかにする態度は許せないです!!
タウンゼントさん ゴミの分別ができない人が多すぎる。公園のゴミ箱、コンビニ・スーパーのゴミ箱、何故なんでしょう?
神童さん 歩行者用信号青→車を停める→渡る小学生帽子を取りおじぎをする→民度が高い国です。日本って!
※サッカーWカップの日本人サポーターの会場ゴミ拾い→これもいいネェ!
ボランティアさん ゴミのポイ捨てが目に付き、散歩がてら拾っていますが、きりがありません。小さい物から、持ち帰れないほど大きい物もあり、あきれるばかり。日本人のモラルはどうなったのでしょうか?大人が手本を見せれば子供もお菓子のゴミを捨てる事が無くなるか・・・
スズランさん テレビのバラエティ番組やお笑い番組はどうにかならないものでしょうか?家族が見ている時に聞こえるのですが、バカ笑いや無理あるコメントなど、くだらない事が多いとしか思えません。放送業界の良識はどうなっているのか?子供達の将来に不安を感じます。
ムーミンさん 友人っていいですよね。一緒に頑張れるし、頑張ったことお互いに誉め合えるし。だからまたさらに頑張れる。その出会いに心から感謝しています。
帰ってきた遊び人さん 定年になってから、町内会の役員になり活動しています。現役時代は仕事中心で町内活動はできませんでしたが、役員の方には仕事が現役でも頑張っている方がいて、感心してます。
momijiさん アメリカに旅行したときのことです。「お恵みを」と近寄ってくるホームレスの方がいたら募金してあげなさいと、ある師から言われていたので、若かったので偉そうかなと思いながら持っていたカップにコインを入れました。そしたら「神のご加護を」と英語でその方が返してくださって慈善が浸透している国なのだと感動しました。言葉ってすごいですね。
豊青さん 札幌の大通公園では初夏の陽気に誘われてバラや木々が一気に花を咲かせています。そんな中カラスも子育て真っ最中。歩道に「カラスにご注意。子育て真っ最中」という立て札が立っていたりします。みんな短い夏を懸命に生きているのですね。やっと晴れの日が続くようになりました。今年は冷夏の予報ですが暖かい夏が来るといいですね。
gachapinさん なぜ住所を記入する時に、「北海」と書いて道に〇を付けなければいけないのか!
一つしかないんだから〇付けるだけで良いのでは。
ぷちあねきさん 声はいつも楽しみに読ませていただいております。これからも楽しみにしてます!
のんちゃんさん 図書館ボランティアで、よみきかせをしています。その時の本を後日「あの本面白かったから自分で読みたい」という児童さんがくるとうれしくなります。
samaruさん ウォーキングをしていますが とてもよい気候です
sapjijiさん 最近の世の中やることを決めてから、つくろうように説明言い訳をするようになってきたことに違和感を覚えていたところ、政府までが同じことを始めたことに驚きです。政治家は戦争が好きなのかと疑ってしまいます。戦争をしない知恵をみんなで議論できるようにしたいものです
ざぶこさん 子どもが生まれ、いろいろな所で声をかけてもらうことが増えました。助けてもらうことも多く、本当にありがたいことだと思います。
身近な所では救われますが、このところの政治は気がかりなことばかりです。
northcarrotさん 職場では、団塊世代が大量に退職して、職場の構成がいびつになっている。数少ない30・40・50代と、多くの20代の人たちで、組織的に業務にあたる。仕事分担にあたり、いつもチーフは、数少ない30・40・50代。20代のものたちを育てながら、いつも先頭を走ってひっぱっていかなければならい。魂の燃え尽きるまで。本当に燃え尽きそう・・・。
みゆさん なんで仕事中や授業中は時間が経つのがおそいのに自分の好きなことをしてる時や休みの日は時間が経つのが早いのだろうと思った。
momoさん 私は旅行先で道を聞いたときに「良い旅を!」と最後に言われたのがとてもうれしく心に残っています
こんたさん 少子化問題
子供が少なくても大丈夫な国にするべきでは!地球温暖化は人間が多すぎが原因
これ以上動物の住みかを無くさないで!
浅はかな考えでしょうか…。
れいさん 最近、北海道弁をテレビ等で知ることが続き、思ってもいなかった言葉まであったので軽くショックを受けてます(笑)
ふーこさん 町内会の役員さんについて、言いたい!!
役員を引き受けてくれるのはありがたいが、もう少し常識を持ってほしい。
他の役員さんの分までおせっかいして、とても迷惑している。
そういう人に限って、役をしたがるのでしょうか?
えたんさん 夫婦で価値観や生活スタイルが違うのをどう折り合いをつけていけばよいか謎です。
ダチョウのたまごさん 皆さんにお聞きします。 職場での挨拶 お疲れ様ですとご苦労様です どちらを使えばいいのですか? 
eikennさん サッカーワールドカップも一次予選敗退を受け、一段落した感じがします。そのサッカー会場においての日本サポーターのゴミ拾い等のマナーの良さが話題になっています。日本人の当たり前の行為が海外で自然に出来ることは本当に素晴らしいことだと思います。現実に普通に見かける日本人のマナーの良さは誇れるものだと思います。アー「日本って、いいなー」
masyoさん 去年、ファイターズの札幌ドームの試合で、偶然2度そばに座った男の子がいました。
一度は春に前の席に、二度目は最終戦レフトスタンドで隣に!どちらも自分で席を選ばないで購入。どちらも違う席種。本当にビックリ、ほっこりしました^^とても無口な3、4歳の男の子で、BBパペットを持ってかまってくるしぐさが可愛かったんです。
みのりさん 職場では朝会っても挨拶をしないし、部屋に入ってくる時に気に入らない人がいると入らないで出ていく女性が見受けられます。
こちらとしては声掛けなどをしていますが全く反応がありません。
皆さんの職場ではどうですか?
こんな女性がいると、朝から暗くなってきます。
ねこママさん ご夫婦で買い物にいらしたご主人のユーモアに頭が下がりました。奥様の事を「この人は良い所の出だから」とおっしゃったので、どこの出身ですかと聞いたら「侯爵夫人なんだ」と。物事にいつも 説明を付けて話す奥様のようで、 講釈と侯爵をかけていた言葉に思わず夫と私は笑いました。御互いを認め合いユーモアで褒めている姿に感心しました。
あらちゃんさん 三重県から札幌に越してきたばかりですが、札幌大通り公園西にある資料館の2階からの眺めはお気に入りのスポットです。
ペンタさん 医師が転勤のため、主治医が変更されたが、今度の医師が感じ悪くて・・・でも 「他の医師に変更して」とも言い出せなくて・・・悩んでます・
ペンマンさん ますます石油高騰中・・・ガソリンも更に値上げ・・・原発も稼働せずに火力発電で高い石油をガンガン消費中・・・心配です。
NORIさん 今話題になっている東京都議会議員の失言問題。
程度が低すぎて、ガッカリ。
自分の立場って考えたこと、あるのかな?
masato.motomuraさん 4月から住み慣れた東京を離れ札幌に住むことになった。雪が解け草木が芽吹き始めるといつの間にかこの間まで雪山だった場所にぽつぽつと花の苗が植えられ、いまでは、町中の街路樹の根元が美しい花々の競演で彩られている。私の住むマンションの前もピンクの美しい花がびっしりと植えられている。どなたがお世話してくださっているのだろう?日曜日の早朝、とうとうその方に出会った。笑顔の似合う年配のご婦人だった。交通量が多いのでまだ人も車も通らない早朝にお世話してくださっているとか、苗も土も皆ご自身で用意して完全なボランティアだ。本当にありがたい。札幌の通りに咲く花はは市民の街を愛する子持ちや優しさをエッセンスに鮮やかに咲いているのだと思うと尚一層美しく見えてきた。
izumiさん わりとお年寄りが多い地域なのですが、我が家のお隣には、最近若夫婦家族が引越してきました。小学校1年生の男の子は、活発そうで物おじしないタイプ。我が家の両親もお気に入り。先日、自転車に乗って遊びから帰って来たその子が、庭で草むしりをしていた母に、「ただいま!」と声をかけたそうです。まだ、引っ越してきて間もない、しかも1年生の男の子にそんな嬉しい声をかけてもらって、母は感激!たったの一言のその男の子の「ただいま!」で、お隣さんとの距離がぐっと縮まったような気がしました。たった一言ですが、そのたった一言がやさしい気持ちにしてくれる魔法をかけてくれました。
れみすけさん 生活保護受給者の増加傾向と年金の給付額の低減に疑問を感じます。
高齢者世代の増加が見込まれる中で、年金の給付額の低減され、貧困な高齢者の生活が脅かされている中で、若き年代層の生活保護者の受給者が増加しています。働ける要件が完備しているにもかかわらず、近年の就職難と適職が見当たらない等の理由と親のパラサイトで生活をしている事を当然のことに考えている若者が多いと思います。そのような年代の増殖では将来の社会に不安を感じるところです。
りゅうちゃんさん 定年を迎え、穏やかな生活が始まりました。時間も体力もあるのに、これでいいのかと自問自答する日々です。
たまちゃんさん 会議で物申すと、自分だけ浮いていると感じることがあります。企業が望む予定調和の結論を理解していない自分が問題なのか、疑問を持たずに会議を終了することが問題なしと言うことなのか。ハンナ・アーレントの全体主義を読み直しています。
麻生人さん 加入している会の総会で、毎年議題に関係なく同じ意見を発言する方がいます。
自分が正しいとしてまわりを見下す態度です。
「老害」という言葉がありますが、悲しい気持ちになります。
もちろん私自身にとっても戒めとして心したいと思っています。
irohaさん 疑問 どうして空気読む人ばかりこんなに増殖しているの?
まつこさん 今の話題はサッカーのワールドカップですね。私も50歳をすぎてから、日常生活の楽しみ方が変化しています。若い時には自分の生活を構築する事に夢中で、プロ野球など他のスポーツなどには、関心ありませんでした。まあせいぜいオリンピックなど世界的イベント位が少しかな?程度でした。今現在は自分で運動して選手になる可能性はゼロで、まして指導者は全く無理。生活に時間的な余裕があるので、自分で出来ない分は、若い選手の頑張りに自分を重ねています。
ダークサイドさん 中国や韓国とは地理的にも、歴史的にも、経済的にも日本とは深い関係にあるにもかかわらず、なぜお互いを非難し合うことが多くなってきたのか、残念に思います。対立から対話へお互いに努力をすべきだと思います。
yayoさん 庭で育ったさくらんぼをみんなでいただきました。
siroiwaさん 札幌厚別区に住んでいますがスーパー、地下鉄周辺で信号無視、横断歩道駐車、が目立ちます、マナーが悪くなってきているような気がします
meeさん 友達から荷物が送られてきたときにガムテープがはがしやすいように折り返してあった。
友達のやさしさを感じた出来事だった。
いちちさん 主人が毎朝公園のごみ拾いをしています。
でも何故か『最近はゴミが少ない・・・』とチョット不満そう?
ゴミを捨てる人が減って良い事なのに(笑)
いつこくたかしさん 今年はパソコンxpのサポート終了で、娘が更新して新機種を購入してくれた。だが、使い方がいまいち解らない。大きな字の参考書や易しく教えてくれるところがないと時代についていけない。次第にpcと向き合う時間が少なくなつた。
オマリーまーくんさん 小さな疑問ですが、どうして子供は、鼻くそを食べるのでしょうか?(笑)
harukoさん ある観賞会で前方に大柄な人が座り、ほぼ前が見えなくなった事がありました。
私はイラっとし始めていたのですが、隣の女性は私より見えないにも関わらず
一緒に来ていた家族にそのことを指摘されても「仕方ないよ」と穏やかに返答されて
いました。
もし、その言葉を聞けなかったら、イライラし続け不快なまま終わったと思います。
「仕方ないよ」。その言葉のお陰で、穏やかな気持で私は観賞を終えることが出来ました。

よっちさん 自民党総裁の阿部首相は昔からヒットラーに顔が似ていると感じていたが、最近は顔だけじゃなくやることなすことすべてがヒットラーです。日本をどこに持っていこうとしているのでしょうか。危ない。危ない。
天茶布さん 暮らしの中で感じた疑問ですか? とりあえず今はこのエゾ梅雨が終り、気持ちよく晴れるのはいつかという事です。洗濯物が干せません。
なんちゃんさん 今日も感じてしまったのですが、仕事が終了しさあ帰ろうと思いロッカーに向かって歩いていると、廊下の物陰に物が落ちていて気になってしまい、つい拾って捨てに行くと空のボックスがエレベーターで届き本当は仕事が終わっているので無視して帰っても良いのですが、ついつい気になってしまい方付けたりしていると、なかなか帰ることが出来ず、残りの人に任せれば良いのですが目についてしまうと、ついやってしまう自分が嫌になることがあります!!
この性格は良いのか悪いのか自分自身悩みの種になっています。
皆さんは、どう思いますか?
てんこさん 最近、近所の中々仕事が見つからなかったお子さん達が、揃って就職。少し景気が良くなってきているのかな?うちの息子も何とかなると嬉しいのですが。
あべべさん W杯で、日本人観戦者が、試合後、周りのゴミを拾うのに、賞賛の声があがっているとしりました。私も、さすが!!と思いましたが、外国では、その仕事をする人がいるのだから、仕事を取らない!!という考え方だそうです。お国が違うと、考え方も違うんだな~と思いました。
あさひさん 「こころ」が毎日楽しみです。
hosinoyumeさん 定年退職をした夫が、どこにも出かけたがらない。私が出かけるのを嫌がります。一人の時間があまりないので何かいい方法があったら教えていただきたいです。
みくみらいさん 娘の通うミニ児童館では、アルミ缶のタブを集め、車椅子を贈る活動に参加していますが、6月22日の小学生新聞の一面に、「アルミ缶のタブだけを集めるのはやめましょう。」というアルミ缶リサイクル協会の広告が掲載されていて、娘はとまどっています。
ガーコさん ベビーカーなどとすれ違う時そっと道を譲りますが、ショッピングセンターの狭い店内で「退いて」オーラ全開で突き進んで来る方には閉口します。
こちらも最大限避けてますけど、絶対無理って感じでも進んできます。
でも、一言もなしで前進!少し考えてほしいですね。
ゆいさん こころは有名ですが、一度も読んだことがありませんでした。この機会に毎日楽しみに読んでいます。
あおいうみさん 今の若い人たちは、どうして、集団的自衛権容認の動きに対して声を上げないのだろうか。 戦場で血を流すのは君たちなのに。
ユキママさん 北海道の人はのんびりしていい人が多いと思いますが日ハムをドームへ行って応援する人が減っています。もう少し自分達の球団なんだから飽きないで大事に育てて欲しいと思います。
さかごんさん 最近まで、毎日ヒヨドリがリンゴを食べに来ていたのに、プッツリ来なくなりました。ちょっと淋しいです。
みっちゃんさん 今、若い演歌歌手 山内恵介さんの追っかけをしています。歌にも、興味を示さなかった若い頃だったんですが、なぜ還暦を迎えた今夢中になるのか、自分でもわかりません。でも、最高です。どうして、こんなに、はまったのか不思議です。
ゆきおばばさん 自分がその年齢になって感じたことですが、他人から見たら62歳は確かに「おばさん」でありますが、「おばあちゃん」と言われたくないです。一緒に歩いていた同じ年齢の友達が他人から「おばあちゃん」と言われて(子供も孫もいない)傷付きました。私も孫から言われるのはいいですが、抵抗を感じます。言い尽くされてきたことですが、今改めていい故障はないものかと思います。
naokiさん 先日韓国へ出張で行った。国のぎくしゃくした関係とは対照的に、接する一般の人々は皆さんフレンドリー。一番近い外国で、数日間楽しむ事が出来ました。
noaさん まもなく、孫は1歳になる。よちよち歩きができるようになって、動き回る姿に幸せな未来を切望する・・・。このめんこい孫が20年後には、集団的自衛権とかで、まさか戦争に行くなんてことないでしょうね!
うさぎのダンスさん 毎朝電車の優先席に子供連れのお母さんが座っています。
2人も連れているので大変だろうと思います。
でも、4人掛けの座席を荷物を広げて占有し、そこで毎日子供にご飯?(クッキーやバナナなど)を食べさせるのはイタダケナイ!
席を汚す場合もあるし、電車内で平気で物を食べる人に育ってしまうでしょ?
お母さん気がついてくれないかなあー。
ヤマガラさん 先日の都議会でのセクハラ・ヤジは、女性蔑視も甚だしい。ヤジを言った議員は東京のイメージ悪化を招いたことも含め、即刻辞職すべきだ。政治家の資格なし!
ちびさん 先日の日曜日、久日ぶりにつりに行きました。
あまり釣れませんでしたが、久しぶりに仲間と会えて楽しかったです。
fukutanさん 政治家の質の低下に辟易しています!
ふくやんさん すみません・・・今、思いつく事がありません。
会社の冷房対策にいい方法が無いか、ちょっと悩んでます。
風邪引いて、咳が止まらない・・・苦しいです。一人暮らしには辛い・・・。
熊五郎さん 人を殺す軍事産業が結局は日本を支えた自動車産業の代替え策なんです。アメリカが自作自演のテロを演じてまで戦争をしたがるのは、国内に三百以上もある軍事関連企業の支援を得る為だったのであり、今のアベノミクスが遮二無二、戦争に走りたがる気持ちが分かります。アメリカからこっそり購入した数十機の戦闘機を先方の言い値のどれだけがアメリカへの上納金に当たるのか・・・情けない国情です。
チェルシーさん 2年前に退職した会社のお客様から、ランチにお誘い頂きました。現在子育て中の私にはとても参考になる「おばあちゃん目線」のお話を沢山伺う事ができて、とても参考になりました。
むら5さん お客さま満足度一番は公表されるけど不満足度一番が好評されない
はらぽちゃ君さん 今後日本経済がどうなるのか、明確な解説を期待します。
ユキちゃんさん 教育界に、というか介入し過ぎる政界にものを申します。出来る子だけを伸ばすのではなく勉強の出来不出来に関わらず、幸せになれる術を教えることこそ大事ではないでしょうか。
ちりんさん 歳をとって健康を考えるようになりました、今喫煙者のマナーが大変気になります。周りに注意し行動をおこしていただきたい。
ごろさん 仕事で、厳しい人と組むことが多いです。でもたまに優しい人と組むことができ、言い方も穏やかで協力したいと自ら思えます。私も親切で穏やかで人のことを考えられる人になりたいと日々思っています。
メイハウルさん 国会議員の失言や都議会議員の下品なヤジなど、政治にかかわるおじさんの品のなさには、」あきれますね。小中学生の道徳をどうのこうの言う前に、政治家向けの道徳教育が必要ではないでしょうか。子供のほうが、何倍も立派で道徳的です。
プー母さん 人を攻撃する話題ばかりで、疲れてしまいます。
ちゃんさん 今日、自衛隊員の方と話をする機会がありました。
自分から志願して海外には行かないで下さいと私は言いました。
自衛隊員の方の意思とは別な次元で、勝手に政治家は集団的自衛権の解釈を変えようとしていますが自衛隊員の方は貴方の盾にはなりませんし、させてはいけません!人の命をあなた方には預けられないことを忘れないで下さいよ!
じゅんぺいさん 目の前を回送中のバスが通り過ぎていきました。「すみません 回送中です」と正面に表示してあります。「すみません」と、断っているところがかわいらしいと思いませんか。函館で見つけました。
ホワイト ソックスさん 毎年変化しつつある気象に疑問です。蝦夷梅雨にゲリラ豪雨....。
みんみんさん とある友人宅にさくらんぼがりに行ってきました。今年は長雨により果肉の割れが目立ちましたがとっても甘くて美味しかったです。
matuさん なぜ、なぜ、北海道新幹線が必要なのか?。一部で浮かれていますが、それによってどれだけ不便になるか理解しているのでしょうか?私の小さな、そして大きな疑問です。
いとさんさん 毎回観ております。ついこの間の事なんですけど、電車に乗っていたら、高校生が年寄りに席を譲っていたのを見てまだまだ日本もすてたもんじゃないと感心しました。
りっかさん 小さな家庭菜園ですが、 ちょこちょこできて幸せです。
さささん  「こころ」は現代にも通じる作品だと思います。じっくり味わっていきたいと思っています。
リーフェイさん 今年の4月に東京から転勤で札幌に引っ越してきました。見るもの聞く事新しいことばかりで毎日新鮮です。最近ガーデニングが流行っていますが冬はどうするのですか?
まだビアガーデンにはいけていません。
無濾過の樽生ピルスナーおいしそう!ぜひビールフェアに行きたいです。
kagawaさん  「都議会のセクハラ野次」に一言。知事は「釣られ笑い」というが、本人の意思の表れだと思う。野次発言者は口を閉ざしており卑怯者だ。それに発言者が属すると見られる会派の幹事長、議長のうやむやにしょうとする態度が腹立たしい。
 こんな議員らは、議員として資質にかける。都民は次の選挙でどんな結果をもたらすか、注視していきたい、と思っている。
 
TAKさん W杯一色だが、興味のない人間もいる
東京五輪だって全員が諸手を挙げて賛成という訳でもない
ほんの一握りのエリートがやるスポーツ大会に振り回されるのは如何か
ちゃいさん 人生に疲れています。
yayaさん  街路樹の根元に花を植えている人に、感謝の一言です。歩道で作業していると自転車通行で危険があり、車道に降りて作業すると危険が増します。それにもかかわらず、続けている方に、事故がないようにと願います。
マラガさん とある日のこと、外出でバスに乗りました。駅前の停留所で年配のご夫婦が降りようとしているのを何気なく見ていました。奥様は足が悪いのか杖を持っていました。ご主人は奥様より先にさっさとバスを降りているのを見て、「あれ、先に行っちゃうんだ。奥様がちゃんと降りれるといいな。」と思ってみていると、先に降りたご主人は降りたところで、奥様を待ち、手を差し伸べていました。この光景を見てとても心が温かくなりました。
namitaさん 先日スーパーに買い物に行ったら財布を拾いお店の人に渡すと、店長さんから店の決まりなので中身の確認と、名前と電話番号を教えて下さいとのこと。教えて家に帰るとすぐに電話が鳴り、財布を落とした主から電話が掛かって来ました。今月分の生活費が全て入っていたので本当に助かった、神様のようだとそれはそれは感謝されました。自分も財布を落とした事があり、どこにも届かず泣く泣く過ごした記憶があったので、届いていたらどんなに嬉しいだろうと思っていたので、良いことをしたなと嬉しい気持ちになり、それではと電話を切ろうとしたら、落とし主から「それでですね、お店の人がまだ警察に届ける前でしたし、僕、良い中年ですし、1人暮らしの目の不自由な身体障害者なんですよ。生活もとても苦しいですし、、御礼はしなくていいですよね」と言われました。お店の方が決まりだと言うので教えただけで、当たり前のことしただけなので気になさらないでくださいと言うと、「助かりました。では。」電話が切れた後、良い事したなと自己満足に浸っていた気持ちが一転モヤモヤした気持ちに変わってしまいました。なぜそんな言い訳がましい事を言うのだろう。財布を拾って届けた人だって裕福ではない未婚の中年で障害者かもしれないではないか。そもそも障害者の人にも失礼だ。
あくたろうさん ITや情報社会の進化に伴い学生たちがますます考えなくなったように思えます。
若い感性の鋭さは変わりませんが。
ウエスタンさん 生まれも育ちも札幌ですが年々都会生活に疲れています。以前あるお店の狭い駐車場で一足違いで他の車に先を越されました。しばらくウロウロし空いた所にやっと車を止めて降りると、近くで手持ちぶさたな感じでずっと立っていた男性が近付いてきて「先ほどは先に駐車してすみません。」とおっしゃいました。その方が無理に割り込んできたわけではないのに丁寧に誤っていただいて恐縮しましたが嬉しかったです。この街も捨てたものじゃないと時々その方のことを思い出します。
jack10さん 日中、雑談や離席が多いのに残業する女性に対する指導が難しい。男性社員からは残業稼ぎでしょ、と冷ややかな反応。それを黙認している上司、平然と残業稼ぎをする女性、に対してこの4月より、この部門のトップに異動となった私は対応に苦慮しています。とりあえず、面接して指導したにも関わらず減ったとはいえ残業を継続、彼女の上司(私の部下)はあまり関心がないので困っています。このような方々の指導とやる気を引き出すにことに悩んでいます。
亀ちゃんさん 今の政権の進め方は、ヒットラーと似ている。
ちゃたさん 色々なところに色々な形で、皆さん意見を表明していらっしゃいますが、
いま一番気になるのは、前のめりの安倍首相がどこまで言ってしまうのだろうか?
と云うことです。
歴代の自民党総裁の中で、どうして彼だけが暴走できるのか不思議でなりません。
小さいときに爺さん子で、岸信介から刷り込まれたのか、
東大に入れなかった学歴コンプレックスのなせる技なのか。
なんにせよ不安です。
うさぎさん 法律や制度が目まぐるしくかわる。
比較的若い世代の私でもついていけなくて悩みます。
sugiさん 昔、夏目漱石はいろいろ読みましたが、この年になり改めて連載を読んでます。やはり引き込まれる文体はすごいですね
ナカジーさん コラソンは素晴らしい
サイコロカバさん なぜ政治家は物事を誠実に、真剣に国・国民のことを考えないのでしょうか?
かかくさん 本当に最近知って、恥ずかしかったこと。札幌市のゴミ出しですが、ジャムなどの瓶は「びん缶ペットボトル」(週1)の日に捨てますが、蓋は「燃えないゴミ」(月1)の日に捨てること。金属ですもんね。みなさんご存知でした?
ぶんたろうさん 「オトナになった女子たちへ」いつも楽しみにしています。
6月22日掲載の益田ミリさんの「切ない夜に大輪のバラを」は、まさに2、3日前のとぼとぼと歩いた私とほぼ同じ。切ない気持ちには大好きなお花を買って玄関先を彩り、その感情にますます浸りながら、切ない気持ちを癒しに変えていく。なんだか、素敵だな、と感じます。
るんさん 消費税増税は、ほんとうに福祉につかれるのか、おおいに疑問。
ダルセツさん なぜ、行政に関わる制度や申請用紙などが分かりずらいのか?誰にでもわかるような説明が出来ないものか不思議です。
shukiさん 同じ町内にロシア人の方が住んでいます。3歳?5歳?。いつも夕方町内の子供たちが家路につき、誰もいなくなってから、お父さんと3人で遊んでいます。もう薄暗くなってからです。   いつになったら、日本の子供たちと仲良く遊んでくれるのだろうと……
nuttyさん 集団的自衛権問題についてあまりにも周りが静かでおそろしくかんづる。
ゴンタの母さん 都議会のセクハラヤジおやじ、ヤジった本人が名乗り出ないのは最も腹がたつが、それを周りで聞いていた議員たちが誰がヤジったか知っているのに言わない事にも腹が立つ。この同じ議場で彼らは子供たちの学校でのいじめ問題についても話し合う筈。そんな卑怯な議員たちにその資格はない。おばさん(ばーば)は怒ってるんだぞ!
ryoさん コバエが何処から発生するのか不思議
hatsukaさん いやな話は山ほどあるのにいい話って全然ないな…
M.ていねさん 今回の教えてドクター 
うちの家内が長年めの病気で眼科に通っていますが原因が分からず
金剛の眼科医の参考なりました。ありがとうございました
マーヤンさん オトナになった女子たちへ、いつも楽しみにしています。
はまさん 高齢者の人口比が増えているせいか、健康のための情報・話題がメディアに多すぎるような気がしています。健康が人生の目的になっているようで、なんだか変な気がします。何のために健康でいたいのかを、思いだしてほしいものです。
はははとよさん 今騒がれている集団的自衛権について、日本はどんな事があっても平和という文言の下に、武力行使は元より武器輸出や、派兵等は絶対に回避すべきです
日本だから、そうすると日本人一人一人がそう思い、他国からもそう認識してもらえる様にするべきと思います
りんごパイさん 海外クルーズに行ってきました。とても贅沢な時間を過ごしました。
でも、そういうことができるのも、平和であってこそ。
最近、なんだかちょっと、先行きがあやしいかんじがします。
いつまでも、安心して旅行ができる世界でありますように。
マーブルさん 公共交通の事故が多過ぎもっと安全に対しての責任をもって業務に当たって欲しい
くりさん 小学校3~4年生くらいの男子数名が最近、路上でボール遊びをよくしている。受け損なうたびにボールは塀を越えてそばの家の庭を直撃し、丹精している草木をなぎ倒す。疲れると塀にボールをぶつけてキャッチボール。塀が痛むから公園に行きなさいと、かわるがわる住人が苦情を言うと、ばあさんの家にはぶつけてないだろうと減らず口をきくばかりで言うことを聞かないらしい。遊びたい盛りの子供を締め付けるようなことはしたくないし、ボール遊び禁止の公園も多いのも分かっているけれど、わざわざ自宅から離れた場所にやってきてガンガン遊ぶ様子に悪意を感じる。学校のグランドに行きなさいと言うべきなのか、なんと言ったらよいのか、困っている。
かぱたさん 最近、夜遅くまで仕事をしている私にパジャマをきれいに畳んでおいてくれる娘・・・母さんうれしいなぁ
かいくんママさん 6月20日付けの声の「母親修行シール貼って励む」に共感を覚えました。この方はまだ若いお母様ですが、私は上は高校生の3人の子供がおります。でも思っている事考えている事が全く同じで、子育ての難しさに日々悩んでおりました。カレンダーに穏やかに過ごせた日にはシールを貼って、子供と共に成長する母親の励みになるとあり、私もやって見ようと思いました。子育てのヒントを有り難うございました。
みーちゃん11さん 先日、弟に子供が産まれました。数年、不妊治療をして産まれた子供でしたのでとても感動しました。私の末娘も妹が欲しいと言っていましたので、とても可愛がっています。少子高齢化と騒がれる世の中ですが、産みたくても産めない方がいる事も理解していく事が大切だと感じました。
むっくりんこさん ・世間がワールドカップサッカーで盛り上がっている隙に、政府自民党は与党協議で公明党に圧力をかけ、解釈改憲で集団的自衛権行使を容認しようとしています。
危険な動きにストップをかけるためにも、野党特に民主党のガンバリを期待し、同時に世論の反対の声を大きくしていきたいものです。
ライオン丸さん 政治と国民の乖離。
あくしゅさん 札幌在住の私、ここのところ、郷土愛、にふれる機会があり、改めてその大切さを感じているところです。一つめは工場夜景を見学に室蘭を訪れて。見学バスの車内でガイドをして下さったボランティアガイドを務められている年配女性の、「私の住む町室蘭への愛着と誇り」を感じるガイドぶりに感銘。もう一つは足寄商工会企画のバスツアーに参加して、やはりガイドをして下さった年配男性から受け取った郷土愛のメッセージ。改めて自分の生活と意識を考えるきっかけになりました。
かなさんさん  集団的自衛権問題に対する阿部政権の強引さ、自民党議員のお粗末さそれにも増しての野党の情けない姿、何と言われようとも政権与党にしがみつく公明党には愛想も尽き果てます。日本崩壊ですね!。先の短いわれわれはよいとして、これからの人達よ「目先の問題に惑わされずに行く末を考え行動せよ!」と叫びたい。(傘寿の1老人より)
ぽっぷこーんさん 日本映画に勢いがあっていいですね。
らんらんさん 通勤に交通機関を利用しますが、最近はリュックサックを背負っている人が多くとても“邪魔”になっています。車内アナウンスで、「下ろしてください。」とかかっていても下ろさない人が多いです。満員の車内なのに席が空いても座らないでいたり満員なのに何か食べていたり、年齢に関係なくマナーがおかしいと感じます。皆さんはどう思っているんだろうと常々考えます。。。
berryさん 現在働いている職場でCSR活動に力を入れている。私はベルマーク収集担当だ。今まで特に気にしたこともなかったが、点数を集めると役立つ品物に変えられると言う。それを施設に寄付するのだそうだ。これもボランティアの一環として、誰かの役に立てる活動なのだと嬉しくなった。
ねじねじさん 中学時代に読んだときとは印象が全く違う『こころ』を
新鮮な気持ちで楽しみにしています。
mikiさん 「声」欄は毎日、憧れながら見ています。いつか自分も掲載されてみたいなあと思います。
女性限定の「ひととき」にはお邪魔させていただいたことがあります。
こまこさん 先日、人生50年にして初めて蝶の羽化を目の前で見ました。
大人になるにつれ虫が苦手になりましたが、この時は「偉かったね」という言葉が頭に浮かびました。
ふぶきさん 庭先に野鳥の餌を置いています。先日、3羽の雀がきました。なにげなく見ていますと、1羽だけが忙しそうに動き回っています。なんだか変だと思って、よーく観察したら、動き回っている1羽が他の2羽に一生懸命に餌を口まで運んで食べさせていました。母鳥1羽とその子供2羽のようでした。同じような大きさの3羽に見えたのですが、鳥の世界にも子離れできない過保護親がいるんだな~とちょっと可笑しかったです。次の日もその次の日も過保護トリオは来ていましたよ。
zaitonさん 先日、朝日新聞で「裏庭にでるくま」の記事を読みました。山の近くに住む人にとって、山に熊が出ることは自然なこと。その熊は、一度も人間界のごみを漁ったり、畑を荒らしていないとのこと。山に道路を作ったのは人の勝手で、そこを命がけで渡る熊を見たとのこと。
この記事は、人も熊も批判していない。ただ事実を書いただけですが、とても心に染みいる内容でした。ぜひ、御一読を。
うさぎさん 消費税増税敢行。久々に届いた某宅配寿司のチラシを見て…。中には税込み価格が300円近くも上がっていてショック。これって便乗値上げ?後日別件、某スーパーで見かけた顧客からの意見書には、店側は「仕入値の都合で」と弁明。「理由の準備された値上げ」はあちこちであるんだろうなと嘆息の春でした。
ヤロメロさん 老人に比し、小児医療が施設も制度も補助も全くなってない国、ニッポン。心配です。
くまのプーさんさん 町内会は必要なのかな?と一寸思ってますがどうなんでしょうか。
賢吉さん 安倍首相は、今、躁の状態にある。そうした不安定な精神状況のリーダーに引っ張られて日本はどこへ行ってしまうのか、非常に心配だ。一日も早く、首を挿げ替えねばならないと思う。
あきおのははさん 漱石の性格・時代など全く気にせず読みふけった世代です。楽しんで読ませていただいています。世代を超えて読んで欲しい作家ですよね。
シルバーサンさん 今まで心と時間の余裕がなく、不器用さもあり仕事も遊びも頑張ります!!!ってことができませんでした。仕事を辞めて時間ができた私。手始めに中学の時の仲良しと会いました。何十年も会ってなかったので緊張するかなと思ったけれど、すぐにあの頃に戻っちゃいました。楽しかったなぁ。
ありゃまさん 自衛隊に入る人がいなくなる。
徴兵制がしかれるようになる。
そんな日本にはしたくない。
くまさん 主人が脳梗塞で倒れ様々な介護士のかたにお世話になってます、本当に頭が下がる毎日です。
税金が上がるのも仕方がないと思いますがもう少し介護福祉の方に回して欲しいと思います、これからはもっと老人が増えて人材不足の陰に人件費の安さが有ると思います。
タカヨッコさん ワールドカップ盛り上がってますね。普段サッカーに縁のない私ですが、最高峰のプレーに素人ながら感心しています。もっと、Jリーグも盛り上がれば・・・・と思います。
えりゅうさん 日々の暮らしの中で影響のある消費税ですが、消費税を上げる前に議員定数削減をしてほしかった。必要とされている議員はそれほど多くはないと思う。
トシアキさん 戦争は嫌です。戦争を知らないおじさんたちが(私もそうですが)突き進んでいく雰囲気とのせられる若人、ナショナリスト達、日本と世界の中での立ち位置をどう考えているのでしょうか。周りを敵ばかりにしてどう乗り切るのでしょうか。政権に反対を唱えたい。
yukkeymouseさん いつも魅力的な情報発信ありがとうございます。今後とも素敵な情報提供をよろしくお願いいたします。

バックナンバー


先頭へ戻る