AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

みずうみへ行こう

アイヌの人たちは湖のことを「ト」とよびました。「ととき」は湖のゆったりとした時を楽しむシリーズ。毎月道内の湖畔の風景をお届けします。一息つきたいあなたへ、湖畔時間の便りです。ちょっとひと休みしましょう。

今月の湖:【倶多楽湖】

 地図で見ると、登別温泉のそばにコンパスで丸く円を描いたような、まん丸の湖がある。倶多楽(くったら)という変わった音の名前は、アイヌ語で「イタドリの群生するところ」を意味する「クッタルシ」から来ているという。イタドリは漢字で書くと「虎杖」。近くの「虎杖(こじょう)浜」はこれを音読みしたのである。

 西側の湖畔に通じる観光道路が湖のそばまで導いてくれる。舗装されてはいるものの、湖に近づくにつれて道はどんどん狭くなり、すれ違いの待避所がところどころに現れる。生い茂った樹の陰からわずかに湖面が見えてくる。唯一、湖畔に降りられるところに駐車スペースがあり、レストハウスがあるが休業中で、湖畔で営業している施設は何もない。透明度は摩周湖に次いで全国2位なのだというが、訪れる人は圧倒的に少なそうだ。

 湖畔から登別温泉方面に抜ける道路わきに展望台もあるが、湖はその一部を見せてくれるだけだ。丸い形を見るには鳥の目が必要らしい。ここを過ぎると道路はようやく少し広くなり、硫黄の匂いが車の中でもプーンと感じられるようになると、もう温泉街だ。「アイヌ神謡集」を編んだ知里幸恵の「銀のしずく記念館」も市内にある。


先頭へ戻る