AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

みずうみへ行こう

アイヌの人たちは湖のことを「ト」とよびました。「ととき」は湖のゆったりとした時を楽しむシリーズ。毎月道内の湖畔の風景をお届けします。一息つきたいあなたへ、湖畔時間の便りです。ちょっとひと休みしましょう。

今月の湖:【屈斜路湖】

 道東、弟子屈町にある日本でいちばん大きなカルデラ湖だ。湖の東側の岸辺を道道52号屈斜路摩周湖畔線が通る。2つの湖は直線距離にして13キロ程しか離れていないが、湖畔へのアクセス手段も無く、全く人を寄せ付けない摩周湖に比べ、屈斜路湖は何とフレンドリーな湖だろう。温泉もいくつもあるが、東岸の砂湯は夏場はキャンプスポットとして大にぎわいだ。砂を掘ると暖かい温泉が湧き出すのも面白い。暑い日には、海水浴場かと思うほど、砂浜と水の中に人がいる。足こぎのボートもそこかしこに浮かぶ。北海道の短い夏を味わい尽くすのは、湖でも海でも同じなのだ。
 夏のにぎわいは別格だが、湖畔には通年人が訪れる。全面結氷し御神渡りが見られる湖だったが、最近は全部凍ることは少なくなったという。11月頃になると、白鳥が渡ってくるのは変わらない。


先頭へ戻る