AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

創世スクエア、アート&トリビア

創世スクエアでは、屋内でアート作品に出会える。北海道ゆかりの作家4名。

凹みスタディ-札幌のかたちを巡る2018-
市民交流プラザ吹き抜け、他
谷口顕一郎
​「凹みスタディ ー札幌のかたちを巡る2018ー」、3点

HORIZON3部作
高層棟1階 セブンイレブン前
国松希根太
「HORIZON」 3部作。それぞれの作品の間の壁面は札幌軟石。
エレベーターホールに「EVENT HORIZON」 3点。

舞-MAI-
低層棟1階、地下通路からの上がり口壁面、2点
渡辺希(のぞみ)
​「舞 ーMAIー」

HEART BOUNCE bench
場所/高層棟1階 ロビーの椅子
作者/長谷川仁
「HEART BOUNCE bench」

「一体何を運ぶ?巨大なエレベーター」
東側(創成川側)の車寄せ壁は一面に札幌軟石が使われている。

壁
3階、hitaruのクリエイティブスタジオ外側の壁も札幌軟石

クローク
hitaruのクロークは間口がとにかく広い。北海道の劇場らしい配慮。

「一体何を運ぶ?巨大なエレベーター」
hitaruの荷物搬入用、間口9.5メートル、最大積載量10トンの大型エレベーター。大掛かりな舞台セットもそのまま載せることができる。
(※一般には公開されていません)

王子パーキングのレンガ
創世スクエアのある場所には「旧王子サーモン館」が建っていた。使われていたレンガが一部保存されている。北側、駐車場に降りるエレベータの前にひっそりとある。昭和24年に建てられた「北海道ホルスタイン協会」として建物だった。

「地下駐輪場」

地下駐輪場
地下には駐輪場がある。階段には上りの自転車用「エスカレーター」があって、車輪を乗せると運んでくれる。押さなくてよいので楽ちん!

先頭へ戻る