AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

下川の木材で、
木のいのちも喜ぶものづくり。
札幌の木工クラフト工房 チエモク

札幌の木工クラフト工房 チエモク

 森と林業の町、下川。そこが産する木材を利用して木工品を作っている工房が札幌にある。チエモク株式会社。社名は社長の三島千枝さんの名前にちなむ。

 下川町との関係はもう10年以上になる。当時営んでいた工房を下川に持ってきませんかと、下川の産業振興と移住政策の担当者から声を掛けられたのが始まり。移住には至らなかったが、森林資源を次世代につなぐ、という下川町の思いは三島さんの考えとも一致した。

 今、三島さんが力を入れているのは、下川産のハンノキを使った製品。いわゆる「銘木」ではない。トドマツやカラマツが主な製品となる下川の森では、「雑草」扱いされ、切り倒されてすぐにチップにされるような木だった。そんな木にも活躍の場を与えようと、丸太を買い付け、お皿や箸に加工した。

 「銘木」にはとてつもない値段がつく一方で、見向きもされない木もある。だが、森を作るという長い目で見れば、ブランドの木ばかりを追い求めるのが果たして未来のためになるのか、と三島さんは考えるようになった。

 下川町はSDGs※(持続可能な開発目標)を地域計画キーワードにしている町だ。2017年度には第1回「ジャパンSDGsアワード」総理大臣賞を受賞し、循環型の森林経営を行っている。

※SDGsってなに?
朝日新聞の下川町のSDGsに関する記事を読む

 「森の世話をして、いずれは材料になるような木を作り、次世代に回したい」と、毎年下川町での植樹にも参加し、森作りへの寄付も行っている。「将来はもっと下川の材料で作るものを増やしたい」と話してくれた。

Chiemoku ファクトリーショップ 小別沢
札幌市西区小別沢140
TEL 011-790-7012
10:30~17:00 不定休

札幌の木工クラフト工房 チエモク

先頭へ戻る