AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

特集

『北海道米の原点、ここにあり。』

 秋も深まった恵庭市の田んぼの一角、歓声をあげながら稲刈りをする子どもたちの姿があった。刈っているのは「赤毛」。寒すぎて米はとれないと言われていた道南以北の北海道で、最初に実った米だ。  この「赤毛」の栽培を明治初期に成功させたのが、中山久蔵。カマを手に稲を刈っていた子どもたちは、この中山久蔵を題材に、歌、語り、ダンスで地域の歴史を伝える「現代版組踊(くみおどり)・中山久蔵翁物語」を上演するグループ「チーム絆花(はんか)」のメンバーだ。

特集関連よみもの

遺跡を訪ねる(恵庭・千歳)

明治の米作りの時期から一気に3000年ほど時を戻し、縄文の時代をのぞいてみたい。...


特集記事のバックナンバーはこちら

Vol.11 NEW

氷点(1966年)
監督:山本薩夫 ロケ地:旭川

Vol.10

女ひとり大地を行く(1953年)
監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.19 NEW

アイヌ歳時記: 二風谷のくらしと心/萱野茂/ちくま学芸文庫

二風谷(平取町)

Vol.18

バーにかかってきた電話/東直己/早川書房

札幌市(すすきの)


みずうみへ行こう

みずうみへ行こう VOL:9

ウトナイ湖

 苫小牧にあるウトナイ湖は、渡り鳥の聖地だ。

みずうみへ行こう VOL:8

摩周湖

必ず「霧の」という枕詞がつくほど、摩周湖と霧は関係が深いらしい。だが、この日はよく晴れていた。夏に訪れたときも快晴だった。


よみもの

遺跡を訪ねる(恵庭・千歳)

明治の米作りの時期から一気に3000年ほど時を戻し、縄文の時代をのぞいてみたい。

スウェーデンヒルズから始まった北欧との繋がり

 当別町と北欧との関係は、日本とスウェーデンの協力により、日本にスウェーデン村を作る目的で、輸入住宅地・スウェーデンヒルズを同町に民間業者が開発したことに始まる。1983年に財団法人としてスウェーデン交流センターも設立されたのをきっかけに、その後当別町もスウェーデンのレクサンド市と姉妹提携を結ぶに至った。同財団はスウェーデンヒルズの中に事務所を持っている。8月まで1年間一般財団法人スウェーデン交流センターのスタッフとして勤務したソフィア・ヤンベリさんに話を聞いた。

天塩川流域、食のプロたちが集まる「アマムの会」

 今回の特集で取り上げたパンやバターができるまでに、大きな役割を果たしたのが「アマムの会」というグループの存在だ。これは、道北、天塩川流域の農家、食品製造者、料理人など、おいしものを作っている人たちが中心となって、地域の食文化の向上と発信を進めるための団体だ。

寿都町ってどんなまち?

 寿都町は積丹半島の西側に位置し、日本海に北に向けてぽっかりと口を開けたようなきれいな弓形の湾に沿って町がある。札幌から約150キロ。


よみもの:バックナンバーへ

プレゼント

北海道米 ななつぼし 3kg

北海道米 ななつぼし 3kg

北海道米 ゆめぴりか 3kg

北海道米 ゆめぴりか 3kg

北海道米 ふっくりんこ 3kg

北海道米 ふっくりんこ 3kg

北海道産 男爵いも 5kg

北海道産 男爵いも 5kg

北海道産 キタアカリ 5kg

北海道産 キタアカリ 5kg

秋の収穫セット

秋の収穫セット

ステキな奥さん うぷぷっ3

美智子さまご出産秘話

新版 知らないと損する 池上彰のお金の学校

クリスマスオルガンコンサート

クリスマスオルガンコンサート

Kitaraのニューイヤー

Kitaraのニューイヤー

紀州南高梅「まいにちの梅

紀州南高梅「まいにちの梅

おばあちゃん小粒らっきょう甘酢漬け

おばあちゃん小粒らっきょう甘酢漬け

イオンシネマ共通招待券「ひとよ」

北海道ビーフハンバーグ

北海道ビーフハンバーグ

映画鑑賞券「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」

映画鑑賞券「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

特集記事連動プレゼント

映画と握手&シアターキノ映画鑑賞券


プレゼントページへ


AFC加盟店

AAFCに加盟している飲食店やホテル、レジャー施設、各種ショップなどをジャンルやエリアごとに検索できます。また、AFC会員だけが受けられるさまざまな特典も掲載いたしました。AFC加盟店の「ご利用の手引き」としてご活用ください。
※会員特典を受ける際は必ずAFC会員カードをお店でご提示ください。

AFC加盟店ページへ

  • 職場に「このくらいの棚が欲しい」「このくらいの箱が欲しい」と言うと、ぴったりのものを作ってくれる人がいます。それも要らなくなったものを再利用して。もちろんそういう職人さんではありません。普通の主婦です。その人のアイデアにいつも感心させられています。

    チョッパーさん

  • 私が16年の人生で出会った職人技は沢山ありますが、1番印象深いのは祖母の漬け物です。祖母は毎年冬の時期になると赤かぶの漬け物を作ります。それはとても美味しく、それを食べると冬が来たんだなと実感します。また、祖母の漬け物は母の漬け物とは少し違った味で、母の漬け物も美味しいですが、やっぱり祖母の漬け物が1番だと思います。その味を作れるのは世界のどこを探しても祖母だけです。私が出会った最高の職人技です。

    ゆきさん

  • 豊平峡温泉のナン職人さんですね!実際にインドに行ったことはないのですが、見事な手さばきでナンを作っていきます。

    Pえにさん

  • かなり前ですが、和室の障子の張替えを専門の業者にお願いしたところ見事にきれいに仕上げてくれました。仕事も手早く、みていて大変心地よかったです。年齢もかなり上の方でしたが、長年やってつちかわれた技だと感動しました。

    たかさん

  • 北海道のジュエリー職人の職人力展が感動した

    aunさん

  • 我家の主人が床を貼る職人です。お客様にはきれいな仕事をすると喜んでいただいているそうです。そんな主人の仕事を私は一度も見たことがありません。結婚して四半世紀。

    よつばさん

  • 除雪車の運転手さんや道路工事などで重機を運転している方。 あれはまさに職人技‼︎

    かなさん

  • 小樽のすりガラス!

    niko.さん

  • クリスマスツリー用のオーナメントを買いました。1点ずつ手作りで、ガラス製のものは割れちゃうんじゃないかと心配になりつつも、とっても素敵で見るたびに気分が上がります!他にも日本じゃ見かけないようなシュールな顔つきの動物が描かれているものもあって、クリスマス当日以外も楽しんでいます!

    エリサさん

  • 先日、京都の紅葉巡りで清水寺に行ってきました。ガイドさん説明によると、釘が一本も使われていないそうです。あれほど大きな建物に釘が使われていないとは、まさに職人技に圧倒されました。

    いしやんさん

  • パン

    キャボさんさん

  • 2年前に亡くなった祖母は、趣味でよく油絵を描いていた。特に絵を習っていたわけではないが、好きこそ物の上手なれ、50年の筆技は絵の奥行きや深み、見ていると暖かくなる心がある。茂る葉は瑞々しく、凍てる氷は寒々しく、地を這うテンの息遣いさえ感じるのだ。祖母の影響か、私も日頃から絵を描く。美しいと感じたものをキャンバスに描くが、やはり職人の技、祖母のような生きる絵を描けるまでは程遠いのだ。

    ぎゅうどんさん

  • とある歩行者天国で出会った飴細工の職人さん! 本当に魔法のように次々と色とりどりと色彩の飴を操って動物が完成したらお花が完成したり… 普段娘たちに飴は与えていないのですがあまりの美しさに買ってしまいました!熟練の技が光るステキな飴細工!惚れ惚れしてしまいました!

    はぐつむさん

  • 建物などで、すばらしい技術を使ったものをみると、感動します。 なので、観光では、よく建物を見に行きます。

    りんごパイさん

  • 苫小牧に住んでいた時に、樽前山の麓の陶芸教室に通っていました。 その師匠は学校の先生を務めた後に陶芸を勉強したそうです。 オリジナルで樽前山の噴火灰を混ぜた釉薬の作品を製作していますが、私の出産祝いでそのコーヒーカップを頂いた時はとても感動しました。

    トミーさん

  • 先日、仕事中に車が故障し、場末の街に泊まることにしました。そのときにぷらっと入ったスナックのママのワイン知識が職人技でした。 その日がボージョレ解禁日だったこともあり、ワイン談義に花が咲いたのですが、あまりの含蓄の深さに感動し、気がついたら2時を回っていました。その店にはワインを置いていません。 昭和の香りがふる場末のスナック、初老のママ。ワインとのギャプに感動しました。

    アサヒさん

  • テレビで見た、紋を書く職人さんがすごいなあと思います。コンパスを使って、円を描く要領で花や鳥などのデザインを書いていくのですが、それを体験する機会がありましたが、私は下書きがあったので完成できました。達人はもう感覚で、慣れた手つきでさっと描いていきます。櫛の髪を梳かす部分を切っていく職人さんの映像も見たことがあって、その方も長さを測ったりすることなく慣れた感覚で切っていく。匠の技だなあと思います

    もちこさん

  • ガラス工藝の職人さん

    ユニピョンさん

  • 職場が病院なのですがやはり手術を行う医者の技術は素晴らしいと思います。

    まもるさん

  • 飴細工の職人さんがとても印象に残っています。ボール玉の飴を見る見るうちに馬や金魚などの形に変えていく技は素晴らしいです!まさに職人芸!

    エリンギさん

  • 刺繍の入った服が好きです。刺繍が丁寧で細かいと、作った人の気持ちがこもっているなぁと思います。うれしくなり、自慢の服になります。

    りんごさん

  • う~ん…急に聞かれると…「やっぱりすごいな~!!」と思ったことはありますが…それがどんな匠(の技)だったかまでは…すみません…

    ぴのこだっくさん

  • 中華の刀削麺の技術、すごかった・・・

    のるんさん

  • バーミキュラの鍋です 密閉性がすごく水なしでカレーが作れました

    みちさん

  • 職人さんというほどではないのかもしれませんが、 木を使って家具を作っている人を見ると すごいなぁと感動してしまいます。

    こわれさん

  • 上下水道工事で屋外で働く人たちです。 それぞれ手馴れてくると、おのおのが次何をしなければならないかと考えながら連携して作業するので、現場作業もスムーズでテキパキしており見ていて気持ちがいいです。

    rittuさん

  • 手作りアクセサリーショップの職人さんです。 イニシャル、絵など器用な手さばきでリングなどに描いていく技には凄いと思います。

    すぅさん

  • 個人的にどなたということはないですが、別府の竹細工、いいなと思います。

    ひーたんゆうゆうさん

  • 宮城の鳴子のこけし、首を回すときゅきゅと可愛い音がするだけでなく、かわいく、何となく哀愁があり、亡き母が好きだったのがわかります。

    オリジナルリリーさん

  • 秋田の桜細工の曲げわっぱ、弁当箱といえど気品があります。

    チバタロウさん