AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

地域を知る一冊

VOL.18
札幌市(すすきの)

『バーにかかってきた電話』

東直己 (早川書房)

 アジア最北の歓楽街すすきのを舞台に、探偵「俺」を主人公に映画化された小説。(映画化第1作の原作)

 いつものバーで酒を飲んでいた「俺」に、コンドウキョウコと名乗る女から、去年の8月21日の夜、カリタという男がどこにいたか聞いてほしいと依頼される。依頼を果たした「俺」は、地下鉄駅ホームから突き落とされたが、一命をとりとめる。そして、依頼人と同姓同名の女が、地上げにまつわる放火事件で殺されたことを知る。探偵に電話をかけてきた女の謎を紐解くごとに、真実の愛を目の当たりにすることになる。

 「俺」の相棒で空手の達人高田が、苦境に立たされた「俺」を助けながら、事件が徐々に解決されていく中、ユーモアにあふれた2人の相手構わずの「減らず口」が読者に爽快感をもたらす。作中の、すすきののビル、居酒屋、喫茶店、バーなど現存するものを想像させ、酒を浴びるほど飲み翌日は記憶がおぼろげになる場面など、作者「東直己」のすすきのと酒をこよなく愛することを実感する作品である。

 この小説の読者は、「俺」=東直己と思い込んでいる人が多くいるが、7年前すすきののとあるバーで偶然に東氏と飲み合わせ、「このシリーズは私小説ではなく、小説だ」と言い切った姿が目に焼きついている。「俺」は東直己ではない。

津辻 和典 (北海道中標津高等学校 教頭)

こちらで購入できます

Amazon 楽天ブックス

※検索結果ページへのリンクです。必ずしも書籍の有無・販売を保証するものではありません。

Vol.18 札幌市(すすきの)

バーにかかってきた電話

東直己

Vol.17 北都市(北海道の架空の街)

カシオペアの丘で

重松清

Vol.16 札幌市、陸別町

あい─永遠に在り

高田郁

Vol.15 赤平市

空想教室

植松 努

Vol.14 上富良野町、北海道大学

中谷 宇吉郎

Vol.13 陸幌町(架空の町、通称「オーロラ町」)

北海道オーロラ町の事件簿 町おこし探偵の奮闘

八木 圭一

Vol.11 札幌、阿寒

阿寒に果つ

渡辺 淳一

Vol.10 登別、旭川

向田理髪店

奥田 英朗

Vol.9 倶知安

カインの末裔

有島 武郎

Vol.8 江差町・函館市

青春の門 第七部 挑戦篇

五木 寛之

Vol.7 札幌市西区

北の科学者群像[理学モノグラフ]1947-1950

杉山 滋郎

Vol.5 旭川

毒麦の季

三浦 綾子

Vol.4 静内、帯広

静かな大地

池澤 夏樹

Vol.3 M市(室蘭)

猛スピードで母は

長嶋有

Vol.2 U市(夕張)、函館市、札幌市、小樽市、釧路市

北帰行

外岡 秀俊

Vol.1 今金町、せたな町

花埋み

渡辺 淳一