このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。

AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひ会員登録の上、ログインしてご利用ください。

>HOME >お洒落な日々 >VOL1「シャンソン シャブリ 2016」

vol.1:シャンソン シャブリ 2016

”楽しく飲む”ことが私のルール

 趣味は何ですか?と聞かれたら、「楽しくお酒を飲むことです」と答えています。ただお酒を飲んで酔うのではなく「楽しく飲む」ことが私のルールです。

 そんな私とお酒との関わりは、20年以上前、ラジオ番組「日高晤郎ショー」のアシスタントの仕事で日高さんに出逢ったことから始まります。それまではカクテルなどの甘いお酒しか飲めなかった私に、日高さんが自分が好きだという辛口の白ワインを勧めてくれました。その名は「シャブリ」。当時の私には、どんなワインなのか、どこの国のものなのか、全くわからず。心の中では「この味のどんなところがおいしいんだろ?」「みんな本当においしいと思って飲んでるのかな?」と思いながら、何も言えずに黙っていたことを覚えています。

 それきりワインを飲まなければ、「お酒を飲むのが大好きです」と言える今の私はいなかったと思いますが、それからもワインの会に行く機会をいただくこと多数。会が終わって帰るとき、会場となったホテルの廊下をエレベーターまで一人歩きながら、ワインの魅力ってなんだろう、と何度も悩んだ記憶がよみがえってきます。

 1年ぐらい、そんなことが続きました。そんな冬のある日、仕事の関係でまたワインの会に。いつものように、深く考えずに口にしたワイン。

 「あれ??」・・・「あ、おいしい!!」

 ブドウのいい香り、飲んだ後、口の中に残るふわっと優しいブドウの旨み。それが突然感じられるようになったのです。なぜ、そうなったのか、自分でも今もってわかりません。

 会場を出て帰りのエレベーターまでの廊下でしみじみと、「ああワインってなんておいしいんだろう」と思いながら歩いていました。今となっては、ワインとの縁を繋いで下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。この日を境に、私のワイン大好き、「お酒な日々」が始まりました。

 まだまだエピソードは尽きませんが、この後、「ワインが生きている」ことを実感する出来事があったのです。次回もお楽しみに!

HTBパーソナリティ 高田まゆみ

バックナンバー

Vol.7

ワインの存在

ワインと出合ってからワインに関する知識がほぼないままに飲んできた日々。

Vol.6

お酒とのつき合い方

お酒を飲み始めてずいぶん時が流れましたが、その中でお酒とのつき合い方も変化しています。

Vol.5

オンライン飲み会

 新型コロナウイルスの影響で外出を控えているため、あきらかに増えたことがあります。それは!「家飲み」。家では、「ワイン」はもちろん、その日の気分や料理に合わせて「日本酒」や「紹興酒」、「ジン」のソーダ割りなどを飲んでいます。

Vol.4

私の鉄則

 前回は、”大事なワイングラスは酔いが覚めてから洗う”、これが私の鉄則、という内容をお届けしましたが、もう一つの鉄則は、”お酒を飲む時は食事制限しない”こと。ワインに限らず、お酒は一緒に食べるものによってその美味しさがさらに引き立つことが多いと感じます。

Vol.3

シャトー・カップ・ド・フォジェール 2015

 ワイングラスっていろいろな種類がありますよね。形や大きさ、グラスの厚み、持ち手の脚の部分の太さなど様々です。

Vol.2

ルネ・ブーヴィエ ブルゴーニュモントル・キュ 2017

 時間と共に刻々とワインの味が変わる。そんな体験をしたのは赤ワインを飲み始めてからです。

Vol.1

シャンソン シャブリ 2016

 趣味は何ですか?と聞かれたら、「楽しくお酒を飲むことです」と答えています。ただお酒を飲んで酔うのではなく「楽しく飲む」ことが私のルールです。