AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

特集

『野球場へ行こう!』

 札幌の円山球場、旭川のスタルヒン球場に愛着を持つ北海道人は多い。札幌ドームに主役の座を譲ったとはいえ、道内の野球ファンや関係者にとって、ここが数多くの思い出をはぐくんだ特別な場所であることは変わらない。

よみもの

野球、女子もしてみむ

札幌新陽高等学校女子硬式野球部

「円山といえば」「カレーでしょう!」

球場のカレー、ファン多し。

湖に行こう
今月の湖: 忠別湖

旭川や美瑛方面から旭岳や層雲峡に行く途中に見えるのがこの湖だ…



プレゼント

公式野球ボールセット

なんぽろ温泉ハート&ハート入浴券

映画鑑賞券『劇場アニメ 君の膵臓をたべたい』

映画鑑賞券『泣き虫しょったんの奇跡』

定年後、うまくいく人いかない人

&TRAVEL ハワイ 2019【ハンディ版】

親子で遊べる! 恐竜知育ぶっく

吉本興業 みんわらウィーク

スタルヒンのイラスト入りタオル

スタルヒン球場オリジナル帽子

円山カレー



イベント・告知

2018高齢者向け住宅施設バス見学会

高齢者のための住まい選び・生活支援情報セミナー



「緑」のある生活。私の「ガーデン」

投稿塾の続きはこちら

  • ドライブしながら、各地の花巡りを楽しんでいます。今はラベンダーです。

    シュガッチさん

  • 植物は自分で自由に手足を伸ばしたり、熱いからと日陰に隠れることができません。だから人間がすくすく育つように邪魔な雑草や葦簀で覆ったりして調整してあげているんだよ。

    ニペソツさん

  •  土いじりが、とても苦手です!!!

    かのこちゃんさん

  • 庭木は花木が中心。次々と咲く花で四季の移り変わりを身近に感じられるから。そして、冬に葉を落とすので冬囲いが要らないから。花壇もコニファーや花の咲く低木を配置し、その間に宿根草や球根類を植えっぱなしにしています。雪解けと共に何もしなくても順番に咲いてくれるお花たちは近所の人の楽しみにもなっている様子。庭は癒しの空間。だからこそ「無理しない。頑張らない」をモットーに、北国ガーデニングを楽しんでいます。

    すみれさん

  • ガーデンはいまの家では無理。緑は観葉植物ですね。ライムポトスの色が好きで育てています。勝手に育っています。お友達にもおすそ分けしてどんどん増えていってます。

    ふくさん

  • ご近所の方がとても丁寧にお庭の手入れをされています。毎年ゴールデンウィークの頃には、色とりどりの花を咲かせています。犬の散歩の通り道で、楽しませてもらっています。

    こへいたさん

  • 野菜作りを楽しんでいます。10年前は、じゃがいもを作っていたのですが、さつまいもに変えてみました。確かに温暖化が進んでいて、甘いさつまいもが収穫できるのです。 比較的温暖な地域で作られるオクラも育ちます。

    nobuさん

  • 雑草だらけ・・・。

    プー母さん

  • ミニトマト栽培

    samaruさん

  • マンションに入居当時は,共用も庭があたのですが世代交代や高齢者が多くなった今となっては庭いじりする方がいなくなったので、ガーデンはなくなった。

    秋鮭さん

  • 両親は家庭菜園が好きで実家にいた頃はよく両親の作った野菜を食べていました。賃貸暮らしの現在、両親の野菜が懐かしいです。

    キイさん

  • 土いじりは苦手なのでしませんが、いけ花をするので手入れしている方から分けて育てているずうずうしい私です(笑)。生きている花を美しく魅せるのも季節を感じられてたのしいですよ!!

    るいるいさん

  • 幸福の木に花が咲きました。びっくりです。夜になると強烈な香りが・・・・。

    きくちゃんさん

  • 高校生まで住んでいた家には庭がありました。ツツジや桜の木もありましたが、アスパラやトマト、キュウリ、イチゴ、枝豆など野菜の方が印象にあります。毎朝採れたての野菜が食卓に並び、大人になった今「贅沢だったな」と思います。

    SNさん

  • うちの庭は父が手入れをしています。反抗期の時は見向きもしませんでしたが、最近はたまーに観察して「もっと食物を植えて」などとリクエストしています。

    ぼーさん

  • ガーデニングは見る専門です。 帯広の庭園をすべて見てみたいです。

    ちーさん

  • 10鉢程度の花を、夏はミカンの木を家庭菜園に植え、ランはバルコニーに出して 太陽の光を。 毎年成長するので、老体にムチ打って、秋は部屋に。 ゼラニウムは冬でもきれいな花が。楽しみの一つでもあり、毎日見るのもいいものです。

    ふーこさん

  • 定年後の生活設計で、退職2年前から家庭菜園に着手し、定番のトマトやキュウリ栽培を始めました。初めは全く関心のなかった主人が5年程前から参入し、本格的な野菜作りが始まりました。連作障害などを考慮し庭園の設計図を書いたり、どんどんと土壌改良土壌改良と称して培養土など購入し、今や主人は趣味の域を超えた熱狂ぶり。毎年家族に珍しい品種を提供して、十分自身も満足しているようです。

    チャコさん

  • 毎年春が待ち遠しく、4月早々に玄関フードでプランターにベビーリーフの種を植え、みどりの葉が生い茂るのを楽しんでいます。

    さぼちゃんさん

  • 実家では父が庭を作っています。私はマンション暮らしで、せめてベランダで何か育ててみたいと思っていても、日当たりが悪く、排気ガスの問題もあり、諦めています。

    ヒロミさん

  • とにかく雪の戦いが大変、近所とのトラブルも数多く、除雪業者とも戦い、役所とも交渉し、 なぜ?道路の除雪車が残した雪を我が家にかたずげねば成らないのか?

    とっちーさん

  • 緑とお花のカラフルな色は、心をほっこりさせてくれます。お水をたくさんあげないと、根がつかす、枯れてしまうので、水をたっぷりあげるようにしています。

    メーメーさん

  • かこい

    みやびさん

  • 東京に40年近くも住んでいると、北海道に住む一番の利点はアウトドアにあることに文句なく気付く。ところが、北海道に住んでいるに人々は、自然が豊かすぎて、その有り難さがほとんどと言って良いほど分かっていない。むしろ都会的な要素を追い求めている様にすら感じてしまう。「北海道の良さを最も知らないのが道産子、日本の良さを最も知らないのが日本人」の図式は共通。

    Yukiさん

  • マンションに住んでいるのですが、お庭がありません。 通勤の行き帰りの道すがら、近所の方のお庭を見てちゃっかり季節毎の花々を楽しませていただいてます♪

    ショウジさん

  • 家庭菜園が楽しいです。ほっておくと大量になる枝豆がうれしいです。

    こまきさん

  • 家庭菜園の担当はかみさんです。トマトやぶどうやトウモロコシ、かすみそうや菊やラベンダー等を育てています。連作障害を避けて、毎年植える場所を変えたりします。今年は長雨のせいか、ぶどうはダメみたいです。

    もっくんさん

  • いつか広いところに引っ越したら、お花のある暮らしをしてみたいです。 プランターでお花や野菜を育てたい。

    いちごみるくさん

  • 家で観葉植物を育てる。 マンション暮らしだと、無性に自然の中に居たくなる時がある。緑を求めてドライブ。

    つほさん

  • 特に何にもしていませんね

    武内村長さん

AFC加盟店

AFC会員特典:入浴料金大人1100円→800円、小学生800円→600円、幼児(4歳以上)500円→400円

AFC会員特典:60分以上ご利用の方に限り500円OFF

AFC会員特典:コース料金10%OFF(他の割引との併用は不可)

AFC会員特典:初見料1000円無料

AFC会員特典:札幌予約センターへ(011-717-2455)へ直接予約の際、AFC会員を申し出いただくと基本宿泊料金(1泊2日食諸税別)10%OFF(※特日は除く。他の割引券との併用不可)

AFC会員特典:入会金50%OFF(通常9260円)

特集記事


先頭へ戻る