このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >「常設」に会いに行く >「有島記念館」(2023/1/16)

VOL22:有島記念館

藤倉英幸《有島に吹く風》 2012年
藤倉英幸《有島に吹く風》 2012年

絵画展示もある文学者・有島武郎の記念館

 JR北海道の特急の車内誌の表紙絵を30年以上も描いてきたのが藤倉英幸氏である。その他にもホクレンの出版物、六花亭の包装パッケージ、大学、行政機関の壁画など、道民ならおそらくその作品をどこかで目にしたことがあるだろうか。それだけ多く受け入れられた理由は氏のイラストまたは切り絵の持つリアルでかつ抽象化された作風ではないかと思う。この作品も手前の花の位置に本来は複雑な形状の池があり、その煩雑さを嫌い花に変えたのであろう。

 風景などは写真を使えば良さそうなものだが、意外に写真は難しい。私たちの心の中の北海道らしさは、気付かぬうちに余計なものが写り込んでいたり、自分が感じた風景と撮られた写真がかけ離れていたりと、裏切られることが多い。

 そこで絵画が求められる。ファンタジーのような現実である。そして時には意外な視点から捉えられた風景である。絵だから可能な視点というものもあるのだ。また写真でしか捉えられない場面というものもある。

 その藤倉兄弟である豊明、英幸、孝幸のイラストレーション、写真を所蔵するのがニセコの有島記念館である。

有島記念館は、地主でもあった小説家の有島武郎が土地を小作人に分け与え、農場経営をまかせたことを記念し、作家としての有島を顕彰し、その遺品や関連する文学作品などを所蔵、展示する館である。しかし美術作品も所蔵し、展示している。学芸員によれば、それはニセコという土地と結びついている画家だからである。地方の美術館の使命のひとつは、地元作家の顕彰・育成であるから、岩内生まれの3兄弟は十分にその使命にかなう。

 有島が地主であることを放棄したのはロシアの影響であるらしいが、彼はただ土地を分けただけではない。協同農場の理想を目指した。その理想の風景は今の北海道にあまねく広がる農場の豊かさにつながり、それを藤倉は表したのである。その協同農場はGHQの指導で解散させられ、農場のメンバーは記念館を立案したのであった。

有島記念館
ニセコ町字有島57番地   tel. 0136-44-3245
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜(月曜休日の場合は翌日)、年末年始
ニセコ駅より徒歩約30分、タクシー5分
道南バス[倶知安駅発]「有島記念館前」下車徒歩5分
札幌、新千歳空港より自家用車で約2時間


「常設」に会いに行く バックナンバー

Vol.22NEW!

有島記念館

美術館の個性は常設コレクションにあり!北海道内の美術館の「常設展」を訪ねます。…

Vol.21

北海道立釧路芸術館

釧路芸術館は写真のコレクションが充実している。…

Vol.20

モエレ沼公園

大地に刻んだイサム・ノグチの夢…

Vol.19

北一ヴェネツィア美術館

北一ヴェネツィア美術館は、株式会社北一硝子が建てたヴェネツィア風の建物に本場ヴェネツィアのガラスを招いて作った美術館であ…

Vol.18

木田金次郎美術館

中学の国語の教科書に載っていた『生れ出づる悩み』が、有島武郎を読んだ初めだった。…

Vol.17

ニトリの小樽芸術村に4月に加わったアールヌーヴォーの館

この春に小樽で開館したばかりの西洋美術館にはステンドグラス、アールヌーヴォーのガラス、近代のブロンズ彫刻などの他に家具が…

Vol.16

苫小牧市美術博物館

苫小牧市美術博物館はその名の通り、博物館と美術館の両方の機能を持つ。もっとも英語では同じくミュージアムであるが。…

Vol.15

相原求一朗美術館(中札内)

中札内村にある六花亭アートヴィレッジで、もっともよくそのコンセプトを表すのは相原求一朗美術館ではないかと私は思う。…

Vol.14

第一洋食店(苫小牧)

 2019年に苫小牧市美術博物館で『特別展 第一洋食店の100年と苫小牧』が開催された。…

Vol.13

国立アイヌ民族博物館(ウポポイ内)

5月15日までウポポイで開催されているテーマ展「白老の衣服文化」はウポポイの収蔵品を中心に各地の館からも貸借しての意欲的…

Vol.12

芸術の森美術館

 札幌芸術の森美術館ではこの3月13日まで『きみのみかた みんなのみかた』と題した展覧会を開催していた。これは収蔵品の「…

Vol.11

市立小樽美術館

文学館と隣り合った美術館で出会う小樽の作家たち…

Vol.10

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

 「ステンドグラス美術館」はニトリが運営する小樽芸術村の中にある。旧高橋倉庫と旧荒田商会の歴史的建造物を再生して、小樽の…

Vol.9

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の本郷新記念彫刻美術館への道を登っていくと、途中の松の木の下でブロンズ製の乙女がギターを奏でていた。…

Vol.8

北海道立近代美術館

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人…

Vol.7

札幌芸術の森野外美術館 気持ちよい屋外空間で出会う作品群

 札幌芸術の森野外美術館はとても気持ちの良い美術館だ。野外美術館はどこもそうかもしれない。…

Vol.6

北海道立帯広美術館 自然との対話

 広い広いどこまでも続く土地。私たちが帯広と聞いてイメージするのはそういう風景である。…

Vol.5

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 ブロンズと友情の作家

中原悌二郎(1888〜1921)といえば、東京新宿中村屋を連想せざるを得ないだろう。…

Vol.4

北海道立函館美術館 西洋文化の窓口、東洋美術の精華

 北海道立函館美術館は、道内では最も早く開けた土地柄からして古くからの文化があり、特に書に関するコレクションが充実してい…

Vol.3

小川原脩記念美術館 失意と回復の狭間で

小川原脩(おがわらしゅう)(1911〜2002)は北海道以外の地域で意外に知られる画家である。…

Vol.2

北海道立旭川美術館 北の木工を支える人々

美術館の存立理由は世界中から借りてくる名品を展示する企画展にではなく、その館が所有する所蔵品にある。…

Vol.1

北海道立三岸好太郎美術館

三岸好太郎の代表作は?と副館長・五十嵐聡美氏に問うと「のんびり貝」と「飛ぶ蝶」だという返事が返ってきた。…

先頭へ戻る