このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「終わりなきタルコフスキー/百貨店!」

VOL10:終わりなきタルコフスキー/百貨店!

終わりなきタルコフスキー

精緻な作品分析で、監督が隠したものを探る

ソ連時代に「アンドレイ・ルブリョフ」「惑星ソラリス」などで名を馳せ、亡命後「サクリファイス」の製作、公開後に54歳で早逝したアンドレイ・タルコフスキー。わずか8本の作品は今でも映画界のみならず様々な芸術家たちに愛され、新たに再生産され続けている。忍澤は各作品を多面的かつ極めて精緻に分析し、監督が散りばめた意図や仕掛けや謎をじっくりと腰を据えて探り、新たな解釈を与えることに成功している。ファン必読書といえるだろう。

著者 忍澤勉
出版社 寿郎社
発行 2022年1月15日
価格 2860円(税込)

百貨店!

百貨店!

北海道の百貨店の歴史を深掘り!

思わず「ほうっ!」と唸ってしまった。地域の文化を深掘りする面白さが誌面にあふれている。まずは五番舘、小樽の大國屋、丸ヨ池内。この3店の直近に至る歴史を豊富な画像とともに詳述する。そして1970年代前半の丸井今井、三越、東急、松坂屋などの店内案内図が現れ、後半は全国各地のものまで掲載されている。さらに今は忘れ去られた地域の小さな「百貨店」も。まとまりには欠けるかもしれぬが、見飽きない百貨店のミニ百科事典だ。

編者 塚田敏信
出版社 まち文化研究所
発行 2022年6月30日
価格 1100円(税込)


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.10NEW!

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る