このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「ほっかいどう図書館物語 明治・大正期/おいしい北海道米ができるまで」(2022/11/21)

VOL14:ほっかいどう図書館物語 明治・大正期/おいしい北海道米ができるまで

ほっかいどう図書館物語 明治・大正期

ほっかいどう図書館物語 明治・大正期

図書館は地域発展の礎

「本」は文化や教育の基礎であり、読書を普及させ書籍を身近な存在にする図書館は地域の重要な存在である。設立を企図し、自ら、或いは仲間を集めて実現しようとする情熱と運動が明治初期から連綿と続いてきた。著者は、歴史に埋もれつつあるこうした営み(史料)を掘り起こし、淡々と記録していく。その中には、高潔な寄附や自己犠牲、議論や試行錯誤があり、現代の様々な問題解決につながるであろう知恵や箴言が含まれている。貴重な労作だ。

著者 藤島隆
出版 中西出版
発行 2022年7月1日
価格 1,980円

おいしい北海道米ができるまで

おいしい北海道米ができるまで

北海道の米作りの歴史と「いま」がわかる!

北海道に対する理解と愛着を深め、その強みを生かして「世界の北海道」づくりに寄与する人材育成のため、年に1~2冊発行する「ほっかいどう学」。道内の高校・大学や図書館に配布するシリーズで「牛乳」「日本酒」に次ぐ3作目だ。栽培できないため石高評価「ゼロ」だった江戸期から、今日では質量ともに新潟県と並ぶ地位を築いてきた歴史を、先人の試行錯誤や開発・土地改良、品種開発や生産販売戦略に至るまで詳しく解説する。資料も充実。

著者 平工剛郎、北倉公彦、林信雄ほか
出版 (一財)北海道開発協会
発行 2022年2月
価格 非売品(協会HPでDL可)



新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.14NEW!

ほっかいどう図書館物語 明治・大正期/おいしい北海道米ができるまで

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.13

「銀河鉄道の夜」の謎を解く/日本怪異妖怪事典 北海道

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.12

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る