このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >AFCと考えるシニアライフ >「「軽費老人ホーム」 〜生活困難者向け施設」

VOL12:「軽費老人ホーム」 〜生活困難者向け施設

 とても暑かった夏を終えて、風に冷たさを感じる季節となりました。今回は、「軽費老人ホーム」についてお話します。「軽費老人ホーム」は、低額な料金で、家庭の環境や住宅事情、経済状況、身寄りがないなどの理由により、生活を営むことが困難になられた高齢者を受け入れて、食事やその他の日常生活上必要な便宜を提供する施設として、昭和38年に創設されました。

 「軽費老人ホーム」には種類があります。食事や日常生活において必要な便宜を受けられるA型。自炊ができる事が前提とされたB型。身体機能の低下により自立した生活をする

には不安が認められる方が介護サービス等を受けながら生活が送れるケアハウス(最近では、C型と呼んでいるところもあるそうです)。東京都では「都市型軽費老人ホーム」と呼ばれるところも徐々に増えてきているようです。

 軽費老人ホームとは、生活課題を抱られた高齢者に対し、「居住支援」と「生活支援」を中心としたサービスを提供してくれる施設と言えるでしょう。

 低額ってどれくらい低額なの?と思われた方もいらっしゃるでしょう。利用料金は、入居される方の前年収入で変わってきます。札幌市2018年更新ホームページによると、前年収入が200万円程度の場合おおよその金額で、A型:食事代含めて月額約8万7千円(冬期間)・B型:月額約1万5千円(冬期間)・ケアハウス:月額約9万5千円(冬期間)、この他それぞれに居室で利用した電気代、電話代などは別途負担となります。

 国民年金のみで生活するとなると年収200万円はなかなか見込めませんね。前年年収の区分として150万円を区切りとして金額設定がありますので事前に確認してみましょう。

 余談ですが、毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」を恐る恐る開いております。正直申し上げ、年々額が少なくなっているような……年金制度を破綻させないためにも元気に働ける身体づくりをしなければと、少し高い位置を流れる白い雲を眺めながら小さなため息。定年は45歳だ。70歳だと人それぞれにお考えがございますが、ともかく健康第一!無理をせずに今できることを笑顔でひたむきに。


AFCと考えるシニアライフ バックナンバー

Vol.12NEW!

「軽費老人ホーム」 〜生活困難者向け施設

 とても暑かった夏を終えて、風に冷たさを感じる季節となりました。今回は、「軽費老人ホーム」についてお話します。…

Vol.11

「ろうけん(老健)」 〜 病院と自宅の中間に位置する施設

「ろうけん」という言葉 どこかで耳にしたことがあるという方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?…

Vol.10

認知症の方の生活を支える施設:グループホーム(GH)

今回は皆さんもよく聞く「グループホーム:認知症対応型共同生活介護(以下GH)」についてお話します。…

Vol.9

終の住み処になりうる「特別養護老人ホーム」

本日は公的施設の代表格である「特別養護老人ホーム:通称「特養」(とくよう)。以下同)です。…

Vol.8

高齢者住宅 入居者に聞く 篠田二郎さん「らくら宮の森」

田二郎さん(89)は「らくら宮の森」に入居して6年目だ。…

Vol.7

【コロナ禍】高齢者向け住宅探しはさらに困難化…見学出来ない高齢者住宅

高齢者住宅探しはコロナ禍においてさらに難しい状況になりました。…

Vol.6

介護付有料老人ホーム、入居一時金が数百万??

今回のテーマは「介護付き有料老人ホームの入居一時金」です。…

Vol.5

「介護付」と「サービス付」は全く異なる高齢者向け老人ホーム

今回は介護付有料老人ホームについて。…

Vol.4

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の「サービス付き」って?

 サービス付き高齢者住宅、通称「サ高住」の「サービス付き」とは、必須サービスである「安否確認」と「生活相談」を指していま…

Vol.3

いろいろあって良く分からない?高齢者向け住宅・施設

いざ高齢者向け住宅に入居しようと考えた時、現状と将来像を見据えたうえで「どのような高齢者住宅を選ぶべきか」十分検討する必…

Vol.2

シニアの困りごと『高齢者向け住宅への住み替え』

 はじめまして、NPO法人札幌高齢者住まいのサポートセンターの後藤です。…

Vol.1

考えよう「介護」のこと

「介護」という言葉から受けるイメージはどんなものでしょう。老いは親にも、自分自身にも誰にでもやってきますが……