このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。

AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひ会員登録の上、ログインしてご利用ください。

>HOME >映画と握手 >VOL23「喜びも悲しみも幾歳月(1957年)」

映画と握手

VOL.23

喜びも悲しみも幾歳月(1957年)

監督:木下恵介 ロケ地:石狩、小樽

 千葉・犬吠埼(いぬぼうさき)灯台など国内4カ所の灯台が国の重要文化財に指定されるという。そのニュースを知った時、私の胸に浮かんだのはあの歌。佐田啓二と高峰秀子が灯台守夫婦を演じた映画「喜びも悲しみも幾歳月」の主題歌である。

 物語は、東京湾の観音崎灯台を目指し、いそいそと歩く新婚の四郎(佐田)ときよ子(高峰)の後ろ姿から始まる。先輩職員に顔見せするのを恥ずかしがる高峰が若々しい。

 翌年、夫婦の転任先となったのが、全国でも珍しい、砂浜に建つ北海道・石狩灯台だ。家屋が雪にすっぽり覆われてしまう冬の情景は、道産子の私には馴染み深いけれど、2人にとっては最初の試練となった。慣れない土地、しかも辺ぴな場所で4年間を過ごし、長男と長女に恵まれる。家族とともに慎ましく暮らし、地道に働くこと。言葉にすれば単純な生き方をまっとうする難しさと尊さが、40年近く生きてきた今の私にはよく分かる。と同時に、人はどうしたって死の別れと無縁でいられないことも。家族が増え、喜ぶ夫婦の傍らで、妻を病気で亡くす同僚の姿をカメラはじっと見つめる。

 幸運にも平穏な日々が続いたとして、時代の波に飲み込まれれば、そんな日常はいともたやすく崩れてしまうことも、映画は静かに描いていく。北海道の片隅から夫婦が海の安全を見守っている間に、日本は国際連盟を脱退。二・二六事件などを経て、第二次世界大戦へと歩み始めるのだ。

 もとは白一色だった石狩灯台が、撮影隊の要請で赤とのツートンカラーに塗り替えられたのは有名な話。模様替えの許可には手間が掛かったそうだが、その甲斐あって“総天然色”カラー映画の美しさは今も健在で、ロケ地は大切に活用されている。映画も長く愛され、この秋には「北海道ロケ特集」として札幌・シアターキノが上映。「何十年ぶりに観て嬉しかった」という年配の女性客が多かったそうだ。

 夫婦が船上から手を振るイラストは、石狩灯台を去る場面から。溌剌とした2人がその後どんな軌跡をたどるかは、ぜひ映画を観てほしい。長崎・女島(めしま)灯台、新潟・弾崎(はじきざき)灯台、静岡・御前埼(おまえさき)灯台など日本各地を転々とすること25年。最後の赴任地として向かうのが、小樽の日和山灯台だ。

 映画の冒頭と同じように坂を上る夫婦。眼前に、霧に包まれた灯台が現れる。この瞬間をカメラに収めるべく、早朝から準備して待ったことを、木下恵介監督が後年回想している。6年前、私はこの日和山灯台を訪れたが、思った以上に険しい場所にあり、灯台守の孤独とロケの苦労がしのばれた。

 それにしてもなぜ、再び北海道の灯台を重要なラストシーンに登場させたのだろう。年老いた夫婦に冬の寒さはこたえるはず。せめて暖かい土地に送ってあげたかったけれど、あえてここを選んだとすれば、厳しい環境でも生き抜ける強さを2人に託したのではないだろうか。せわしくもにぎやかだった石狩時代の思い出も、夫婦の心をきっと温めてくれたはずだ。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
ライター、ZINE「映画と握手」発行人。函館出身の作家・佐藤泰志の没後30年という節目の今年、彼の小説を函館ロケで映画化する企画第5弾がいよいよ始動!今度の原作は「草の響き」。監督は「なにもこわいことはない」などの斎藤久志さんです。公開は来年秋の予定。熱烈応援!
喜びも悲しみも幾歳月

映画と握手バックナンバー

映画と握手 Vol.23NEW!

喜びも悲しみも幾歳月(1957年)

監督:木下恵介
ロケ地:石狩、小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.22

田んぼdeミュージカル(2003年)

監督:伊藤好一
ロケ地:むかわ町穂別

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.21

魚影の群れ(1983年) 

監督:相米慎二
ロケ地:増毛

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.20

シムソンズ(2006年) 

監督:佐藤祐市
ロケ地:北見市常呂

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.19

羊と鋼の森(2018年)

監督:橋本光二郎 
ロケ地:旭川

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.18

君よ憤怒の河を渉れ(1976年) 

監督:佐藤純彌 
ロケ地:浦河、様似

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.17

挽歌(1957年) 

監督:五所平之助
ロケ地:釧路、札幌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.16

モルエラニの霧の中(2019年)

監督:坪川拓史 
ロケ地:室蘭

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.15

森と湖のまつり(1958年) 

監督:内田吐夢 
ロケ地:標茶

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.14

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年) 

監督:前田哲 
ロケ地:札幌、美瑛

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.13

海炭市叙景(2010年) 

監督:熊切和嘉 
ロケ地:函館

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.12

Love Letter(1995年) 

監督:岩井俊二 
ロケ地:小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.11

氷点(1966年)

監督:山本薩夫 
ロケ地:旭川

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.10

女ひとり大地を行く(1953年)

監督:亀井文夫 
ロケ地:夕張、釧路

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.9

探偵はBARにいる(2011年)

監督:橋本一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.8

コタンの口笛(1959年)

監督:成瀬巳喜男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇(1993年)

監督:恩地日出夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.6

社長忍法帖 (1965年)

監督:松林宗恵

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.5

点と線(1958年)

監督:小林恒夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.4

ギターを持った渡り鳥(1959年)

監督:斎藤武市

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.3

銀の匙 Silver Spoon (2014年) 

監督:吉田恵輔

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.2

幸福の黄色いハンカチ (1977年) 

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (1973年) 

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵