このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >映画と握手 >VOL45「飢餓海峡」(2022/9/20)

映画と握手

VOL.45

飢餓海峡(1965年)

監督:内田吐夢

 68年前の1954年9月、北海道は悲痛な思いに沈んでいた。26日に到達した台風15号が、函館港に停泊中の青函連絡船「洞爺丸」など5隻を転覆・沈没、さらに日本海に面した岩内町に大火をもたらしたのだ。前者は死者1430人に上り、後者は町の3分の2を焼き尽くす大惨事となった。

 道内で同時に起きた2つの悲劇を架空の殺人でつなぎ、時代設定を「終戦2年後=1947年」に遡らせた長編推理小説「飢餓海峡」は、作家・水上勉の代表作。書籍が発売された2年後、内田吐夢監督がメガホンを取り映画化した。

 物語は、火の手が上がる岩内の町から3人組の男が逃げ出すシーンから始まる。途中で青函連絡船の転覆事故を知った3人は、混乱に乗じて津軽海峡を渡ろうと画策。ところが、青森の下北半島にたどり着いたのは、がたいのいい大男・犬飼多吉(三國連太郎)ただ一人。地元の娼婦・杉戸八重(左幸子)と知り合った犬飼は、八重に札束を渡して姿を消す。一方、函館ではベテラン警部補の弓坂(伴淳三郎)が、引き取り手がない遭難遺体2体に疑問を持っていた……。

 荒廃した世界観を表現するため、あえて画面をザラつかせようと16ミリで撮影したフィルムを35ミリに拡大する新手法を考案。また、喜劇役者の伴淳がシリアスな役に挑戦するなど、撮影時から話題に事欠かなかった本作。斬新な試みや熱演は今も色褪せないけれど、それ以上に私の胸を打つのは、社会の底辺でもがきながらも、他人への優しさを忘れない登場人物たちの姿だ。

 たとえば、犬飼とヒロインの八重が森林軌道の車両で出会うシーン。犬飼が貴重なタバコ1箱をお年寄りにあげると、それを見た八重が「あんた親切な人ね、私にはわかる」と大きな握り飯を差し出す(うまそう!)。木材を運ぶ森林軌道は人の乗車は無料、その代わり命の保障はなかったとか。乗客は皆粗末な身なりだが、なかでもボロボロの復員服をまとう表情の硬い犬飼に対し、気さくに接する八重の明るさに救われる思いがする。それだけに、彼女が家族の借金のために「花家」で働いていることを知り、犬飼が取った行動を責める気にはなれない。10年後、再会を果たした2人のてん末が、ただひたすら悲しい。

 八重殺しの容疑者となった犬飼の経歴を味村刑事(高倉健)たちが調べるうち、浮かんできたのは、京都の貧しい農村で苦労を重ね、北海道へと渡った壮絶な過去だった。殺人を認めない犬飼に若手捜査員が怒りを募らせる中、10年間この事件に振り回された弓坂は静かに語る。「貧乏人の金に対するおそろしいほどの執念は、極貧の味を知らないものにはわからない」。

 戦後の混乱期、汚れた金を使ってでも生きることを選んだ犬飼と八重。2人の罪は、果たして個人の問題なのだろうか。たとえば私の亡き祖父母、当時の〝飢餓〟を実際に体験した方々なら、この物語を、あのラストをどう受け止めるのだろうか。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ) ライター、ZINE「映画と握手」発行人。「飢餓海峡」は本作の後何度もドラマ化されており、1968年のNHK版では犬飼・八重・弓坂役を高橋幸治・中村玉緒・宇野重吉、1978年のフジテレビ版(浦山桐郎監督)では山崎努・藤真利子・若山富三郎、1988年のフジテレビ版では萩原健一・若村麻由美・仲代達矢が演じています。本作で私が好きな左幸子が「爪」に語り掛ける妖艶なシーンが、各ドラマでどう映像化されたのか気になります。
前の記事Vol.44 椿姫

映画と握手バックナンバー

映画と握手 Vol.45NEW!

飢餓海峡(1965年)

監督:内田吐夢

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.44

椿姫(1988年)

監督:朝間義隆

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.43

荒い海(1969年)

監督:山崎徳次郎

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.42

愛と憎しみの彼方へ(1951年)

監督:谷口千吉

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.41

ハナミズキ/(2010年)

監督:土井裕泰

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.40

塩狩峠(1973年)

監督:中村登

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.39

銀のエンゼル(2004年)

監督:鈴井貴之

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.38

管制塔(2011年)

監督:三木孝浩

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.37

白痴(1951年)

監督:南富良野

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.36

鉄道員 ぽっぽや (1999年)

監督:降旗康男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.35

馬喰一代(1951年)

監督:木村恵吾

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.34

ガチ☆ボーイ(2008年)

監督:小泉徳宏

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.33

おろしや国酔夢譚(1992年)

監督:佐藤純彌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.32

満月 MR.MOONLIGHT(1991年)

監督:大森一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.31

きみはいい子(2015年)

監督:呉美保

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.30

網走番外地(1965年)

監督:石井輝男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.29

ガメラ 2 レギオン襲来(1996年)

監督:金子修介

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.28

アイヌモシリ(2020年)

監督:福永壮志

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.27

ハルフウェイ(2009年)

監督:北川悦吏子

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.26

ジャコ萬と鉄(1949年)

監督:谷口千吉

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.25

南極料理人(2009年)

監督:沖田修一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.24

駅 STATION(1981年)

監督:降旗康男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.23

喜びも悲しみも幾歳月(1957年)

監督:木下恵介

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.22

田んぼdeミュージカル(2003年)

監督:伊藤好一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.21

魚影の群れ(1983年)

監督:相米慎二

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.20

シムソンズ(2006年)

監督:佐藤祐市

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.19

羊と鋼の森(2018年)

監督:橋本光二郎

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.18

君よ憤怒の河を渉れ(1976年)

監督:佐藤純彌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.17

挽歌(1957年)

監督:五所平之助

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.16

モルエラニの霧の中(2019年)

監督:坪川拓史

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.15

森と湖のまつり(1958年)

監督:内田吐夢

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.14

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年)

監督:前田哲

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.13

海炭市叙景(2010年)

監督:熊切和嘉

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.12

Love Letter(1995年)

監督:岩井俊二

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.11

氷点(1966年)

監督:山本薩夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.10

女ひとり大地を行く(1953年)

監督:亀井文夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.9

探偵はBARにいる(2011年)

監督:橋本一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.8

コタンの口笛(1959年)

監督:成瀬巳喜男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇(1993年)

監督:恩地日出夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.6

社長忍法帖 (1965年)

監督:松林宗恵

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.5

点と線(1958年)

監督:小林恒夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.4

ギターを持った渡り鳥(1959年)

監督:斎藤武市

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.3

銀の匙 Silver Spoon (2014年)

監督:吉田恵輔

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.2

幸福の黄色いハンカチ (1977年)

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (1973年)

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵

先頭へ戻る