このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >映画と握手 >VOL41「ハナミズキ/(2010年)」

映画と握手

VOL.41

ハナミズキ/(2010年)

監督:土井裕泰/釧路、白糠、浜中

 タイトルだけで、切なくも艶のある、あの独特な歌声がよみがえる。映画「ハナミズキ」は、大ヒットした一青窈の同名曲をモチーフに制作されたラブストーリー。主演はガッキーこと新垣結衣と、室蘭出身の生田斗真。道東を舞台に、一組の男女の出会いと別れ、再会までの10年間をドラマチックに綴る。

 海外で働くことを夢見る高校3年の紗枝(新垣)と、コンブ漁師の父を手伝いながら別の高校に通う康平(生田)。生まれ育った環境は異なる2人だが、偶然の出会いから恋に落ち、付き合うようになる。ところが、紗枝が念願だった東京の大学に合格したことで遠距離恋愛に。2人はすれ違っていく……。

 乗り合わせた列車がシカと衝突という〝北海道あるある〟アクシデント(笑)から始まる2人の物語。駅のホームや列車内、学校の正門前(釧路北陽高がロケ協力)など、高校生の日常にときめく瞬間が巧みに織り込まれる。もし私が同世代ならドキドキするだろうなぁ……と観ていた中でも、特に胸キュンだったのがファーストキスのシーン!ロケ地は浜中町の霧多布岬にある湯沸岬灯台。夕暮れに染まる2人を背後から見つめるようなショットが実に美しかった。この灯台は2016年、日本財団などが認定する「恋する灯台」に選ばれており、9月の「きりたっぷ岬まつり」で一般公開されている。

 映画誕生の出発点となったハナミズキは、紗枝が母・良子(薬師丸ひろ子)と暮らす家の敷地にある。戦場カメラマンだった亡き父・圭一(井浦新)との思い出が詰まった大切な樹木であり、ガッキーと生田の節目の瞬間に彩りを添える存在として描かれていた。本州ではなじみ深いハナミズキだが、実は東北地方が北限で、寒さが厳しい北海道ではあまり見かけない。釧路の一般住宅を借りて行われた「紗枝の家」の撮影では、特別に植えられ、ロケ終了後に撤去されたそうだ。

 ハナミズキの自生しない北海道が、なぜ映画のメイン舞台になったのか。インターネットで公開されている那須田淳プロデューサーと土井裕泰監督のインタビュー(2010年、デジタルハリウッド大学)によれば、脚本家の吉田紀子さんとともに「ハナミズキ」の歌詞からイメージを自由に膨らませ、「北海道で暮らす男女の遠距離恋愛」や「幼い娘の成長を見守れず若くして亡くなった父親の思い」などの設定を生み出したとか。「100年続きますように」というフレーズから、土井監督は「単なるラブストーリーではなく、ライフストーリーになるように」と考えたそうだが、人生の苦さを経験した2人にとって、故郷である道東の穏やかな景色は、高校時代とは違う見え方をしたかもしれない。

 ところでこの歌詞は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロに胸を痛めた一青窈が「報復の心が収まってほしい」と願って紡いだという。人が恋をし、愛を謳歌する根底には、平和が欠かせない。「ハナミズキ」の花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめてください」。戦争の悲劇が遠くない場所で繰り返されている今、歌や映画に込められた思いを強く噛み締めたい。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ) ライター、ZINE「映画と握手」発行人。脚本の吉田紀子さんは倉本聰さん主宰の富良野塾2期生。北海道ゆかりの映画人の活躍を改めてうれしく思います! ちなみに、本作と同じ釧路を舞台にした純愛映画といえば、2012年に「僕等がいた」(三木孝浩監督)が前・後編で制作されました。中島みゆきさんの名曲から生まれた上富良野・札幌ロケの話題作「糸」(2020年、瀬々敬久監督)も記憶に新しいですね。

映画と握手バックナンバー

映画と握手 Vol.41NEW!

ハナミズキ/(2010年)

監督:土井裕泰/釧路、白糠、浜中

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.40

塩狩峠(1973年 

監督:中村登 
ロケ地:和寒、旭川、夕張)

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.39

銀のエンゼル(2004年) 

監督:鈴井貴之 
ロケ地:斜里町、清里町、美幌町

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.38

管制塔(2011年)

監督:三木孝浩 
ロケ地:稚内

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.37

白痴(1951年)

監督:黒澤明
ロケ地:札幌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.36

鉄道員 ぽっぽや (1999年)

監督:降旗康男 
ロケ地:南富良野

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.35

馬喰一代(1951年)

監督:木村恵吾

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.34

ガチ☆ボーイ(2008年)

監督:小泉徳宏 
ロケ地:札幌、小樽、深川ほか

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.33

おろしや国酔夢譚(1992年)

監督:佐藤純彌 
ロケ地:奥尻

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.32

満月 MR.MOONLIGHT(1991年)

監督:大森一樹
ロケ地:札幌、小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.31

きみはいい子(2015年)

監督:呉美保 
ロケ地:小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.30

網走番外地(1965年)

監督:石井輝男 
ロケ地:網走

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.29

ガメラ 2 レギオン襲来(1996年)

監督:金子修介
ロケ地:札幌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.28

アイヌモシリ(2020年)

監督:福永壮志 
ロケ地:釧路・阿寒

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.27

ハルフウェイ(2009年)

監督:北川悦吏子
ロケ地:小樽、石狩

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.26

ジャコ萬と鉄(1949年)

監督:谷口千吉 
ロケ地:増毛

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.25

南極料理人(2009年)

監督:沖田修一
ロケ地:網走

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.24

駅 STATION(1981年)

監督:降旗康男 
ロケ地:小樽、札幌、増毛ほか

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.23

喜びも悲しみも幾歳月(1957年)

監督:木下恵介
ロケ地:石狩、小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.22

田んぼdeミュージカル(2003年)

監督:伊藤好一
ロケ地:むかわ町穂別

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.21

魚影の群れ(1983年) 

監督:相米慎二
ロケ地:増毛

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.20

シムソンズ(2006年) 

監督:佐藤祐市
ロケ地:北見市常呂

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.19

羊と鋼の森(2018年)

監督:橋本光二郎 
ロケ地:旭川

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.18

君よ憤怒の河を渉れ(1976年) 

監督:佐藤純彌 
ロケ地:浦河、様似

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.17

挽歌(1957年) 

監督:五所平之助
ロケ地:釧路、札幌

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.16

モルエラニの霧の中(2019年)

監督:坪川拓史 
ロケ地:室蘭

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.15

森と湖のまつり(1958年) 

監督:内田吐夢 
ロケ地:標茶

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.14

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年) 

監督:前田哲 
ロケ地:札幌、美瑛

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.13

海炭市叙景(2010年) 

監督:熊切和嘉 
ロケ地:函館

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.12

Love Letter(1995年) 

監督:岩井俊二 
ロケ地:小樽

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.11

氷点(1966年)

監督:山本薩夫 
ロケ地:旭川

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.10

女ひとり大地を行く(1953年)

監督:亀井文夫 
ロケ地:夕張、釧路

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.9

探偵はBARにいる(2011年)

監督:橋本一

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.8

コタンの口笛(1959年)

監督:成瀬巳喜男

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇(1993年)

監督:恩地日出夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.6

社長忍法帖 (1965年)

監督:松林宗恵

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.5

点と線(1958年)

監督:小林恒夫

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.4

ギターを持った渡り鳥(1959年)

監督:斎藤武市

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.3

銀の匙 Silver Spoon (2014年) 

監督:吉田恵輔

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.2

幸福の黄色いハンカチ (1977年) 

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵

映画と握手 Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (1973年) 

監督:山田洋次

■イラスト&文:新目七恵

先頭へ戻る