このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >「常設」に会いに行く >「北一ヴェネツィア美術館」(2022/10/17)

VOL19:北一ヴェネツィア美術館

貴族の衣装をつけた人形が椅子に座る家族の居間
貴族の衣装をつけた人形が椅子に座る家族の居間

小樽に再現された貿易港と商人の街 ヴェネツィア

北一ヴェネツィア美術館は、株式会社北一硝子が建てたヴェネツィア風の建物に本場ヴェネツィアのガラスを招いて作った美術館である。

 この建物のモデルは1748年から1772年にかけて建築家ジョルジョ・マッサーリがグラッシイ家のために建てたもので、1840年からは他家の所有になり、その後何回も持ち主を変えてきた。現在は安藤忠雄がリノベーションして美術館になっている。元の家にはフレスコ画も施されていたが、小樽では再現されず、全体的に日本人向けにあっさりと仕上げている。建物中央の吹き抜けを囲む回廊が特徴である。

 応接間、書斎、居間、食堂、寝室などが家具・調度とともに再現展示され、季節によってしつらいを変えている。

 その昔、ヴェネツィア共和国はガラス製品を他国の貴族や国家元首への贈答に用いたり、高値で売り上げたりするためにその技術を秘匿し、職人を島に閉じ込めて技術が外に漏れないようにしたという。繊細に編み上げたかのようなレースガラス、極限まで細く吹いて仕上げた足の上に薄く薄く吹いたグラス部分を接着したフルートグラス、さまざまな金属によってブルーや緑に発色し、ガラス質の絵付けを施したエナメルガラスなど。そのアクロバティックなまでの技術は繊細で、怖ろしくてうっかり触れることもできない。

 それらの伝統を今でも受け継ぐ技術者に依頼して復刻したガラス類が展示され、なかなかの力作である。一方で現代作家によるクラゲや魚などをガラスに閉じ込めたようなものや抽象などの意欲的な作品も購入している。

 またヴェネツィアのレースも非常に有名であり、ほんの数十年前までレースの専門学校もあったほどで、これもまた外貨を大いに稼ぐ伝統工芸であった。その伝統をひいてこの館でもテーブルには上質な麻にレース刺繍をほどこしたクロスを用いている。そもそもヴェネツィアは東方からの布の輸入で財を重ねたことを思い出す。
乾淑子(美術史家)

北一ヴェネツィア美術館

小樽市堺町5-27  tel:0134-33-1717
※受付時間 9:00~17:30
最終入場17:00
※特別展最終日の2022年12月5日(月)は16:00閉館(最終入場15:30)
入場料金 一般700円(特別割引あり)
詳しくは問い合わせを。

洗礼の情景を描いた装飾的なグラス
洗礼の情景を描いた装飾的なグラス


「常設」に会いに行く バックナンバー

Vol.22NEW!

有島記念館

美術館の個性は常設コレクションにあり!北海道内の美術館の「常設展」を訪ねます。…

Vol.21

北海道立釧路芸術館

釧路芸術館は写真のコレクションが充実している。…

Vol.20

モエレ沼公園

大地に刻んだイサム・ノグチの夢…

Vol.19

北一ヴェネツィア美術館

北一ヴェネツィア美術館は、株式会社北一硝子が建てたヴェネツィア風の建物に本場ヴェネツィアのガラスを招いて作った美術館であ…

Vol.18

木田金次郎美術館

中学の国語の教科書に載っていた『生れ出づる悩み』が、有島武郎を読んだ初めだった。…

Vol.17

ニトリの小樽芸術村に4月に加わったアールヌーヴォーの館

この春に小樽で開館したばかりの西洋美術館にはステンドグラス、アールヌーヴォーのガラス、近代のブロンズ彫刻などの他に家具が…

Vol.16

苫小牧市美術博物館

苫小牧市美術博物館はその名の通り、博物館と美術館の両方の機能を持つ。もっとも英語では同じくミュージアムであるが。…

Vol.15

相原求一朗美術館(中札内)

中札内村にある六花亭アートヴィレッジで、もっともよくそのコンセプトを表すのは相原求一朗美術館ではないかと私は思う。…

Vol.14

第一洋食店(苫小牧)

 2019年に苫小牧市美術博物館で『特別展 第一洋食店の100年と苫小牧』が開催された。…

Vol.13

国立アイヌ民族博物館(ウポポイ内)

5月15日までウポポイで開催されているテーマ展「白老の衣服文化」はウポポイの収蔵品を中心に各地の館からも貸借しての意欲的…

Vol.12

芸術の森美術館

 札幌芸術の森美術館ではこの3月13日まで『きみのみかた みんなのみかた』と題した展覧会を開催していた。これは収蔵品の「…

Vol.11

市立小樽美術館

文学館と隣り合った美術館で出会う小樽の作家たち…

Vol.10

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

 「ステンドグラス美術館」はニトリが運営する小樽芸術村の中にある。旧高橋倉庫と旧荒田商会の歴史的建造物を再生して、小樽の…

Vol.9

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の本郷新記念彫刻美術館への道を登っていくと、途中の松の木の下でブロンズ製の乙女がギターを奏でていた。…

Vol.8

北海道立近代美術館

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人…

Vol.7

札幌芸術の森野外美術館 気持ちよい屋外空間で出会う作品群

 札幌芸術の森野外美術館はとても気持ちの良い美術館だ。野外美術館はどこもそうかもしれない。…

Vol.6

北海道立帯広美術館 自然との対話

 広い広いどこまでも続く土地。私たちが帯広と聞いてイメージするのはそういう風景である。…

Vol.5

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 ブロンズと友情の作家

中原悌二郎(1888〜1921)といえば、東京新宿中村屋を連想せざるを得ないだろう。…

Vol.4

北海道立函館美術館 西洋文化の窓口、東洋美術の精華

 北海道立函館美術館は、道内では最も早く開けた土地柄からして古くからの文化があり、特に書に関するコレクションが充実してい…

Vol.3

小川原脩記念美術館 失意と回復の狭間で

小川原脩(おがわらしゅう)(1911〜2002)は北海道以外の地域で意外に知られる画家である。…

Vol.2

北海道立旭川美術館 北の木工を支える人々

美術館の存立理由は世界中から借りてくる名品を展示する企画展にではなく、その館が所有する所蔵品にある。…

Vol.1

北海道立三岸好太郎美術館

三岸好太郎の代表作は?と副館長・五十嵐聡美氏に問うと「のんびり貝」と「飛ぶ蝶」だという返事が返ってきた。…

先頭へ戻る