このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >「常設」に会いに行く >「市立小樽美術館」

VOL11:市立小樽美術館

一原有徳《LLC(a)》1961年
一原有徳《LLC(a)》1961年

文学館と隣り合った美術館で出会う小樽の作家たち

 市立小樽美術館は小樽文学館と同じ建物・市役所分館の中にある。旧手宮線の線路にも面してなかなか趣のある場所である。私が訪れた時は雪に埋まっていたが、熱心な撮りテツだろうか、雪中の線路を角度を変え距離を変え、何度も何度も撮っていた。
 市立美術館の役割として郷土の作家の作品を収蔵するのは当然であるが、幸運なことに一原有徳がここに住んだことから、その作品を多く所蔵し、郷土の作家でなおかつ同時代にエポックメイキングな作品群を所蔵することになった。
 版画家である一原のアトリエも館内に再現されている。奥には大きなプレス機がドドーンと鎮座し、かわいい簡易薪ストーブが手前にある。このストーブも時々は版画の道具で、鉄の鋳型をストーブで焼いてはジュウッと画面に押しつけていたという。一原に言わせれば焼き印も版画らしい。
 何と言っても一原の魅力は無機質なようで不思議な生命感のあるモノトーンの画面だろう。見たことのあるような無いようなブツブツとうねるモノが画面を覆う。その突起は丸くまた四角く波打ち、時には長く突き出す。その画面を見ると私は真っ先に小学生の頃の謄写版を思い出す。もちろん謄写版はずっとおとなしくてお行儀の良い文字が並んでいたのだが。巨大な画面を覆う単色は禁欲的でもあり、しつこく粘着質でもある。これを作った人の精神の有り様もまたそのようであったのだろうか。
 他にも洋画家の中村善策の記念ホールもあり、すでに少し収蔵されている羽山雅愉の小樽風景などの展覧会も開かれている。ここの強みは先にも述べた通り文学館と隣り合っていることである。コラボ企画が沢山できそうな立地でもある。例えば手宮のフゴッペ洞窟と三岸光太郎と児童画に共通する線画の人物像。鉄道文学と鉄道絵画。羽山雅愉とベネチアを描いたカナレットに見る現実とファンタジーの運河風景。一原有徳は版画における具体美術的でもあり、遊興的な石原裕次郎の時代の人でもあるのだ。絵画や文学に新しい切り口を見つけるという意味では素晴らしくポテンシャルの高い美術館である。

市立小樽美術館
9:30〜17:00(入館は16:30まで)休館:月曜・祝日の翌日(ただし土・日・祝の場合は休まず翌平日に振替)、年末年始(12月29日〜1月3日)
JR小樽駅から徒歩約10分。一般300円。文学館との共通券
(一般500円もあり)詳しくはお問い合わせください。
小樽市色内1丁目9番5号 TEL: 0134-34-0035
館内に再現されている一原のアトリエ
館内に再現されている一原のアトリエ


「常設」に会いに行く バックナンバー

Vol.15NEW!

相原求一朗美術館(中札内)

中札内村にある六花亭アートヴィレッジで、もっともよくそのコンセプトを表すのは相原求一朗美術館ではないかと私は思う。…

Vol.14

第一洋食店(苫小牧)

 2019年に苫小牧市美術博物館で『特別展 第一洋食店の100年と苫小牧』が開催された。…

Vol.13

国立アイヌ民族博物館(ウポポイ内)

5月15日までウポポイで開催されているテーマ展「白老の衣服文化」はウポポイの収蔵品を中心に各地の館からも貸借しての意欲的…

Vol.12

芸術の森美術館

 札幌芸術の森美術館ではこの3月13日まで『きみのみかた みんなのみかた』と題した展覧会を開催していた。これは収蔵品の「…

Vol.11

市立小樽美術館

文学館と隣り合った美術館で出会う小樽の作家たち…

Vol.10

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

 「ステンドグラス美術館」はニトリが運営する小樽芸術村の中にある。旧高橋倉庫と旧荒田商会の歴史的建造物を再生して、小樽の…

Vol.9

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の本郷新記念彫刻美術館への道を登っていくと、途中の松の木の下でブロンズ製の乙女がギターを奏でていた。…

Vol.8

北海道立近代美術館

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人…

Vol.7

札幌芸術の森野外美術館 気持ちよい屋外空間で出会う作品群

 札幌芸術の森野外美術館はとても気持ちの良い美術館だ。野外美術館はどこもそうかもしれない。…

Vol.6

北海道立帯広美術館 自然との対話

 広い広いどこまでも続く土地。私たちが帯広と聞いてイメージするのはそういう風景である。…

Vol.5

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 ブロンズと友情の作家

中原悌二郎(1888〜1921)といえば、東京新宿中村屋を連想せざるを得ないだろう。…

Vol.4

北海道立函館美術館 西洋文化の窓口、東洋美術の精華

 北海道立函館美術館は、道内では最も早く開けた土地柄からして古くからの文化があり、特に書に関するコレクションが充実してい…

Vol.3

小川原脩記念美術館 失意と回復の狭間で

小川原脩(おがわらしゅう)(1911〜2002)は北海道以外の地域で意外に知られる画家である。…

Vol.2

北海道立旭川美術館 北の木工を支える人々

美術館の存立理由は世界中から借りてくる名品を展示する企画展にではなく、その館が所有する所蔵品にある。…

Vol.1

北海道立三岸好太郎美術館

三岸好太郎の代表作は?と副館長・五十嵐聡美氏に問うと「のんびり貝」と「飛ぶ蝶」だという返事が返ってきた。…

先頭へ戻る