このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >「常設」に会いに行く >「北海道立近代美術館」

VOL8:北海道立近代美術館

所蔵作品5千点以上の大型美術館

ルネ・ラリック《ラジエーター・キャップ 勝利》1928年

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人も入る。しかし実は5000点以上の収蔵品を持つ大きな美術館でもある。

 1977年に開館して以来、道内作家の作品などさまざまな由来や分野の作品を収蔵してきたが、ガラス工芸は収集の柱の一つである。ここではガラス工芸のコンテストを実施し、その中から優秀な作品を購入してきたが、その他にもアールヌーボ−、アールデコの作品も多数持っている。ルネ・ラリックはフランスの作家で、かつガラス工場経営者である。工芸が美術でもあり、同時に大量の生産と消費のサイクルに入った時代を代表する作家である。

 たくさんの名品が知られるが、当館の所有する自動車のラジエーターカバーは、髪を大きくふくらませ、後になびかせて、風を感じさせる造形である。そのスピードの時代の表現は、馬車が自動車に変わった時代のものともいえよう。

 デューラーの版画は鹿の角に現れた磔刑されたキリスト像を見て驚く瞬間を捉えたもので、改宗の瞬間のおののきと歓喜とに満ちている。中世の香りを残したヨーロッパの北方ルネサンスらしい作といえようか。

 収蔵品の特徴は寄贈されたものが多いことである。国貞の版画は高橋コレクションであり500点以上に及ぶ。西洋版画の一部は友田コレクションであり、これも1800件近い。どちらも個人コレクションだ。篤志家たちによる寄贈がなければ道民はこれらを見ることはできなかったのである。全収蔵品が約5600点であることを考えると、非常に大きな割合であることがわかるだろう。

 デューラーもルネ・ラリックも購入品であるが、今後はますます寄贈が増えていくことが予想される。地方財政の悪化により購入資金も減少の一途をたどっている。

アルブレヒト・デューラー《聖エウスタキウス》1501年頃
アルブレヒト・デューラー《聖エウスタキウス》1501年頃


「常設」に会いに行く バックナンバー

Vol.10NEW!

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

 「ステンドグラス美術館」はニトリが運営する小樽芸術村の中にある。旧高橋倉庫と旧荒田商会の歴史的建造物を再生して、小樽の…

Vol.9

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の本郷新記念彫刻美術館への道を登っていくと、途中の松の木の下でブロンズ製の乙女がギターを奏でていた。…

Vol.8

北海道立近代美術館

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人…

Vol.7

札幌芸術の森野外美術館 気持ちよい屋外空間で出会う作品群

 札幌芸術の森野外美術館はとても気持ちの良い美術館だ。野外美術館はどこもそうかもしれない。…

Vol.6

北海道立帯広美術館 自然との対話

 広い広いどこまでも続く土地。私たちが帯広と聞いてイメージするのはそういう風景である。…

Vol.5

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 ブロンズと友情の作家

中原悌二郎(1888〜1921)といえば、東京新宿中村屋を連想せざるを得ないだろう。…

Vol.4

北海道立函館美術館 西洋文化の窓口、東洋美術の精華

 北海道立函館美術館は、道内では最も早く開けた土地柄からして古くからの文化があり、特に書に関するコレクションが充実してい…

Vol.3

小川原脩記念美術館 失意と回復の狭間で

小川原脩(おがわらしゅう)(1911〜2002)は北海道以外の地域で意外に知られる画家である。…

Vol.2

北海道立旭川美術館 北の木工を支える人々

美術館の存立理由は世界中から借りてくる名品を展示する企画展にではなく、その館が所有する所蔵品にある。…

Vol.1

北海道立三岸好太郎美術館

三岸好太郎の代表作は?と副館長・五十嵐聡美氏に問うと「のんびり貝」と「飛ぶ蝶」だという返事が返ってきた。…