このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >「常設」に会いに行く >「苫小牧市美術博物館」(2022/7/19)

VOL16:苫小牧市美術博物館

《白布切抜文衣》(カパラミプ)
《白布切抜文衣》(カパラミプ)

古代から現代まで 暮らしと造形

 苫小牧市美術博物館はその名の通り、博物館と美術館の両方の機能を持つ。もっとも英語では同じくミュージアムであるが。

 地方性もあり、ここにはアイヌ文化関連の歴史的作品である碗(わん)や小刀も多いのであるが、中でも個人的に驚くのは、収蔵品を保存しながら展示可能な設備があることだ。大きなガラスに挟まれた細長い棚を引き出すと、そこにはアイヌ衣服が後からも前からも観覧できるように収蔵されている。

 苫小牧地方にはカパラミプと呼ばれる衣服があり、それは白い木綿衣で、切り嵌め(アップリケ)用に切り抜いた模様を刺繍で縫い留めて、全体模様を表す。多くは背中の上の方から裾までを大きく模様で覆い、袖口も色布などで装飾する。

 このように華やかに刺繍などで彩られた衣服は一体どのように成立したのだろうか。古い1700年代の絵画にはこれほど広い面積を刺繍などで占めた衣服は見られない。もちろん画家と言えど、必ずしも現実を再現しているのではなく、思い込みでパターン化した表現を繰り返すこともあるから何とも言えないが、それらの絵画が正しければ古い時代には今も残る袖口、衿、裾などに比較的簡素な刺繍や切り嵌めなどの模様を施すだけであったが、時代が下ると背中一面の大きな模様に進化していくようだ。

 またその反面、古い時代には日本の小袖(和服の元となった日本の伝統衣装)をそのまま着ている例も結構見られる。ちょうど寛文小袖などの流行期で華やかな背中一面の装飾を誇る着物がアイヌ社会にも古着として流入した時期であるから、アイヌが着用する図でも典型的な江戸時代初期の慶長小袖の大胆な意匠が踊っている。
 アイヌ衣服には素人である筆者の目からすれば、アイヌ模様の大きな華やかな展開はその時期に重なり、つまり小袖の古着が本当に古びて消耗してしまったら、小袖の布の生き残った部分を切り抜いてカパラミプにしたようにも思えるのである。

苫小牧市美術博物館
苫小牧市末広町3-9-7 電話 0144-35-2550
休館:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は開館、次の平日は休館) 年末年始(12/29〜1/3)
開館:9:30〜17:00(入館は16:30まで)  観覧料:一般300円(240円)、大・高校生200円(140円) ※( )内は10名以上団体料金
JR苫小牧駅南口から徒歩約20分。バス停は「出光カルチャーパーク」が最寄り。下車徒歩5分。
※コロナの状況により営業時間等が変わる可能性があります。詳しくはお問い合わせください。


「常設」に会いに行く バックナンバー

Vol.22NEW!

有島記念館

美術館の個性は常設コレクションにあり!北海道内の美術館の「常設展」を訪ねます。…

Vol.21

北海道立釧路芸術館

釧路芸術館は写真のコレクションが充実している。…

Vol.20

モエレ沼公園

大地に刻んだイサム・ノグチの夢…

Vol.19

北一ヴェネツィア美術館

北一ヴェネツィア美術館は、株式会社北一硝子が建てたヴェネツィア風の建物に本場ヴェネツィアのガラスを招いて作った美術館であ…

Vol.18

木田金次郎美術館

中学の国語の教科書に載っていた『生れ出づる悩み』が、有島武郎を読んだ初めだった。…

Vol.17

ニトリの小樽芸術村に4月に加わったアールヌーヴォーの館

この春に小樽で開館したばかりの西洋美術館にはステンドグラス、アールヌーヴォーのガラス、近代のブロンズ彫刻などの他に家具が…

Vol.16

苫小牧市美術博物館

苫小牧市美術博物館はその名の通り、博物館と美術館の両方の機能を持つ。もっとも英語では同じくミュージアムであるが。…

Vol.15

相原求一朗美術館(中札内)

中札内村にある六花亭アートヴィレッジで、もっともよくそのコンセプトを表すのは相原求一朗美術館ではないかと私は思う。…

Vol.14

第一洋食店(苫小牧)

 2019年に苫小牧市美術博物館で『特別展 第一洋食店の100年と苫小牧』が開催された。…

Vol.13

国立アイヌ民族博物館(ウポポイ内)

5月15日までウポポイで開催されているテーマ展「白老の衣服文化」はウポポイの収蔵品を中心に各地の館からも貸借しての意欲的…

Vol.12

芸術の森美術館

 札幌芸術の森美術館ではこの3月13日まで『きみのみかた みんなのみかた』と題した展覧会を開催していた。これは収蔵品の「…

Vol.11

市立小樽美術館

文学館と隣り合った美術館で出会う小樽の作家たち…

Vol.10

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

 「ステンドグラス美術館」はニトリが運営する小樽芸術村の中にある。旧高橋倉庫と旧荒田商会の歴史的建造物を再生して、小樽の…

Vol.9

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の本郷新記念彫刻美術館への道を登っていくと、途中の松の木の下でブロンズ製の乙女がギターを奏でていた。…

Vol.8

北海道立近代美術館

 道立近代美術館は、大きな企画を持ってくる所と一般的には思われている。ゴッホ展などにはたった2、3ヶ月の会期中に何十万人…

Vol.7

札幌芸術の森野外美術館 気持ちよい屋外空間で出会う作品群

 札幌芸術の森野外美術館はとても気持ちの良い美術館だ。野外美術館はどこもそうかもしれない。…

Vol.6

北海道立帯広美術館 自然との対話

 広い広いどこまでも続く土地。私たちが帯広と聞いてイメージするのはそういう風景である。…

Vol.5

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館 ブロンズと友情の作家

中原悌二郎(1888〜1921)といえば、東京新宿中村屋を連想せざるを得ないだろう。…

Vol.4

北海道立函館美術館 西洋文化の窓口、東洋美術の精華

 北海道立函館美術館は、道内では最も早く開けた土地柄からして古くからの文化があり、特に書に関するコレクションが充実してい…

Vol.3

小川原脩記念美術館 失意と回復の狭間で

小川原脩(おがわらしゅう)(1911〜2002)は北海道以外の地域で意外に知られる画家である。…

Vol.2

北海道立旭川美術館 北の木工を支える人々

美術館の存立理由は世界中から借りてくる名品を展示する企画展にではなく、その館が所有する所蔵品にある。…

Vol.1

北海道立三岸好太郎美術館

三岸好太郎の代表作は?と副館長・五十嵐聡美氏に問うと「のんびり貝」と「飛ぶ蝶」だという返事が返ってきた。…

先頭へ戻る