このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >特集一覧 >VOL201「北海道は恐竜・化石のワンダーランド!」
北海道は恐竜・化石のワンダーランド!

北海道は恐竜・化石のワンダーランド!

 今から約7200万年前、ユーラシア大陸の海沿いで一頭の恐竜が死んだ。
 そして、その死体は海に流された。海辺で死んで高波にのまれたのか、洪水や津波があって溺れて死んだのか、知る由もない。中生代の白亜紀後期といわれるこの時代、今の北海道があるところはほとんどが海で、後に北海道を形作る陸の「かけら」があるだけだ。
 恐竜の死体は海中を漂い、周りを泳ぎ回っていただろうアンモナイトやカメ、海を泳ぐ大きなトカゲや首長竜などに捕食されることもなく、海底に沈み、その上に土砂が堆積し、深く埋もれた。それから約1000万年以上が経ったころ、恐竜やアンモナイトを含む地球上の生物の多くが絶滅した。巨大隕石の衝突による気候変動が原因というのが定説だ。
 仲間は誰もいなくなった。埋もれた恐竜はそんなことも知らずに、海の底で眠り続ける。ただ時だけが流れた。
 約3000万年前、恐竜が埋もれた海底は地殻変動により海中からせり上がり、陸となり日高山脈の元を形づくり、約2万年前には、だいたい今の北海道の形ができたと言われる。

北海道、実は「恐竜・化石」の宝庫

カムイサウルスの全身骨格化石
今年2〜3月、北海道博物館の特別企画展「北海道の恐竜」で公開されたカムイサウルスの全身骨格化石(実物)。道内で見つかった様々な恐竜化石も合わせて展示された。コロナ感染対策のため定員制での入場だったが、予約が取りづらい程の人気だった。

2003年、穂別で見つかった化石

 さて、現代。2003年、日高山脈の西側にある穂別町(現むかわ町穂別)の山の中で、1人の男性がある化石の入った石を見つける。元郵便局員で化石の採集を趣味としていた堀田良幸さんだ。堀田さんはこれまでも、多くの化石を見つけて穂別博物館に持ち込んでいた。この地域では、海に住む大きな首長竜、アンモナイト、カメなどの化石が多数発掘されていた。

 堀田さんからの連絡を受けて現場に向かったのは、現館長で当時学芸員だった櫻井和彦さんら博物館のスタッフ。化石はだいたいが「ノジュール」といわれる硬い石に覆われている。その中に黒っぽいものが入っていたら、化石の可能性が高い。よほどの愛好家か専門家でない限り、素人にはその区別は難しい。堀田さんの見つけた、化石が含まれるであろう石を全て掘り出して博物館に運んだ。7200万年の眠りから、人の手によって化石が動いた瞬間だ。

 そんな石が博物館にはたくさん持ち込まれ、学術的重要度が高いと思われるものから優先的に化石の削り出し作業が行われる。これを「クリーニング」といい、小さな削岩機のような機械で、石を削って化石を出して行く。一日に進めるのは数ミリということもある地道な作業だ。クリーニング作業を待つ化石を含んだ石は、今も収蔵庫に山のようにある。


穂別博物館の収蔵庫と櫻井館長
多くの標本が保管されている穂別博物館の収蔵庫と櫻井館長。 この中にも大発見につながるものが眠っている、かもしれない。
巨大アンモナイトのクリーニング作業
巨大アンモナイトのクリーニング作業。気の遠くなるような作業だ。穂別博物館で。
化石が露出しはじめると、作業はさらに気をつかう。
化石が露出しはじめると、作業はさらに気をつかう。

収蔵庫で保管され7年間

櫻井さんはこの石の中に、後に日本を揺るがす大発見となる「カムイサウルス」(通称むかわ竜)の化石が入っているとは露程も思わなかった。よく出る首長竜ではないかと思い、そのまま収蔵庫で保管されることになる。この標本はここでさらに7年間眠る。

「恐竜」はスーパースター

 カムイサウルスが発見されるまで、同博物館に恐竜化石はなかった。町のシンボルとしてよく描かれているのは「ホベツアラキリュウ(通称ホッピー)」と呼ばれる首長竜。これは海にいる大型爬虫類で恐竜ではない。

 実はそれまでにも一度、「恐竜ではないか」と思われる化石が発見されたことがあったが、調査の結果「ハズレ」だった経緯があった。「直立歩行する爬虫類」「脚が胴体から地面に垂直に降りている」「陸上で生活する」といいった要素を満たさないと「恐竜」とはいえず、日本では部分的に骨の一部が見つかるのがせいぜいだった。中生代の生物を扱う博物館にとって「恐竜」というのはスーパースター級の扱いなのだ。博物館には「ホベツアラキリュウ」全身実物大骨格標本がドンと鎮座している。その大きさでも十分迫力がある。「あ、恐竜だ!」と喜ぶ人に、「実はこれは恐竜じゃないんですと説明するたびに、悔しい思いをしたもんです」と、櫻井さんは振り返る。 

ひょっとして恐竜かも?

 そして2010年、博物館に首長竜の専門家である佐藤たまき先生(東京学芸大准教授)が訪れる。珍しい種類の首長竜かもと、いくつか「気になる」石を見つけ、博物館にクリーニングを依頼した。その中にカムイサウルスの化石が、実はあった。

 1年後、佐藤先生が再び同館を訪れる。依頼していたクリーニングはだいぶ進んでいた。そのうちの一つがどうも首長竜のものには見えず、たまたまクリーニング技師が不在で、気になった佐藤先生は自分でクリーニングを始めた。その結果わかったのは、「これは首長竜ではない」ということ。そして「どうやら恐竜らしい」ということだった。佐藤先生にとっては「ハズレ」、だが博物館にとっては「大当たり」だ。

三笠市立博物館
大小さまざま、日本一のアンモナイトコレクションを誇る三笠市立博物館。

 「聞いたときは頭が真っ白になりました」と櫻井さん。同時に「これは大変なことになる」と直感したという。

 櫻井さんは、恐竜の研究者として世界的にも知られる小林快次(よしつぐ)先生(現北海道大学総合博物館教授)にメールで連絡。小林先生はすぐに穂別博物館を訪れ、実物を見て「間違いなく恐竜、尾の部分の椎骨」だと断定した。

 尾の椎骨が連続した状態で発見されたことから、、どうやらこれに続く化石がさらに見つかりそうであること、それも全身が埋まっている可能性が高いことが示唆される。そのころ、穂別町は南隣の鵡川町と合併して「むかわ町」となっており、櫻井さんは町や発掘現場の土地所有者である道と根強く交渉し、大規模発掘計画を作りあげることに奔走する。

 2012年から発掘計画を策定し、現場の道有地の発掘許可、立木の伐採、現場までの林道整備の準備が進められていった。冬の季節は作業を休み、1年毎に少しずつ掘り起こし、持ち帰ってはクリーニングを進める、という気の長い作業。

 詳細は省くが、骨の一部が見つかった早い段階から、全身が埋まっている可能性を指摘し、大規模発掘に導いた小林先生の眼力はさすが恐竜研究の第一人者とうならざるを得ない。

巨大モニュメント
三笠市立博物館屋上には、海にいた大きなトカゲ「モササウルス」がアンモナイトを「お食事中」の巨大モニュメントがある。
同館の相場学芸員
異常巻きアンモナイトを研究する同館の相場学芸員。手にしているのは、自ら発見して命名した「エゾセラス・エレガンス」。

全身骨格、歴史的大発見に

 2013年、第一次発掘に先立つ記者会見には小林先生と発見者の堀田さんが並んで登場。壇上には、最初に発見された尾の部分の化石がずらりと並べられた。

 むかわ町も発掘作業を全面的にバックアップ、2016年、町は「むかわ町恐竜ワールド戦略室」を立ち上げた。小林先生の見立て通り、最終的に全身の化石約8割が見つかり、体長約8メートル、体重約4〜5.3トンと思われる日本初の全身骨格化石が穂別の体育館に並べられたのは2017年のことだった。恐竜はハドロサウルス科に属し、さらに新種であることがわかり2019年には「カムイサウルス・ジャポニクス」という学名も確定した。

 地元の化石愛好家の手で見つけられてから16年の年月が経っていた。カムイサウルスが眠っていた7200万年間に比べれば、あっという間に有名になったと言っていいだろう。 

 恐竜は特に脚光をあびがちだが、日高山脈付近の地層は多くの化石を産する地域が多い。

 三笠市立博物館は日本一のアンモナイトのコレクションを誇り、世界中から研究者が訪れる場所でもある。館に入ると、直径1メートル以上の大きなものから、指先にのるような小さなものまで、さまざまなアンモナイトが整然と並べられている。

 生息当時は、巻き貝のような体からタコやイカのような体を出して海を泳いでいたとみられ、恐竜と同時代を生きていた。

 アンモナイトは丸い、と思われがちだが、一角に不思議なコーナーがある。チョココロネのパンを引っ張って伸ばしたようなもの、複雑に絡まったようなもの、長い棒のようなもの。どれも丸くないが、これらは「異常巻きアンモナイト」と呼ばれる。同館学芸員の相場大佑さんは、この「異常巻きアンモナイト」を専門としている研究者だ。「異常」という言葉は誤解を生みやすいが、これは奇形ではなく、アンモナイトの種類なのだそうだ。北海道では特にこの種のアンモナイトが発見される度合いが高く、その理由は「謎」である。その造形の不思議さに魅せられる。その中の一つ、相場さんの発見した新種は2021年1月、「エゾセラス・エレガンス」という優美な名前を付けられ展示されている。

北海道も本腰で恐竜・化石「推し」

 カムイサウルスという日本最大級の発見により、恐竜や化石の見つかる場所として、北海道は一躍脚光を浴びることになった。北海道庁もこれを地域おこしに役立てようと、関係自治体等とともに構成する「北海道恐竜・化石ネットワーク研究会」を設立。「恐竜・化石大陸 北海道」をキャッチフレーズとして、道内5カ所の博物館等を巡ることでコレクションできる「恐竜・化石カード」を配布するなど、その取組は好評を博している。2021年にはクラウドファンディングで「ほっかいどう恐竜・化石マップ」(※写真右下)を制作。このマップには穂別博物館や三笠市立博物館、小平町、中川町、足寄町などの各施設で展示されている恐竜・化石なども紹介されている。今夏にも、北海道の恐竜・化石をテーマとした企画を検討中。カードやマップをゲットできるチャンスもありそうだ。

再び穂別。カムイサウルスよ

 穂別博物館に戻る。カムイサウルスの実物化石は、最初に発見された尾の部分と大腿骨がガラスケースの中に展示されている。体を支えた大腿骨の大きさや、その状態のよさに改めて驚く。

 同博物館は、手狭なこともあって建て替えが予定されていたが、2018年の胆振東部地震によって計画が延期されたままになっている。入口横の部屋にカムイサウルスの全身骨格模型が展示されている。部屋が狭くて尾の部分が収まらず「省略」されているが、標本の前に立ち、体を想像で肉付けしながら、この恐竜が動き回っていた時代に思いを馳せる。

 「よく出てきてくれたな」と声をかけたくなる。隕石が衝突しなかったら、恐竜は今も生きていたのだろうか。人類が生まれ、恐竜と共存できていたのだろうか、それとも文明が栄える前に、恐竜たちに捕食されていただろうか。

 そんなことを考えながら、芽吹きがはじまった野山に人家が点在する穂別の町を後にする。空飛ぶ鳥に「君らの祖先は恐竜らしいぜ」と、車の中からつぶやいてみた。
(文・写真 :吉村卓也)

● むかわ町立穂別博物館
むかわ町穂別80-6  tel. 0145-45-3141 
月曜休館 (学校の夏休み期間は無休)

● 三笠市立博物館
三笠市幾春別錦町1丁目212-1
tel. 01267-6-7545 月曜休館
(祝日の場合は翌日)
※詳しい開館日、時間は各館ホームページで。または事前にお問い合わせ下さい。
ほっかいどう恐竜・化石マップ
北海道が制作した「ほっかいどう恐竜・化石マップ」。この夏、再びゲットできるチャンスがあるかも。


『太古のロマン』

ここからは特集に関連して会員の皆さんからよせられたコメントをご紹介します。
面白かったコメント、私も同じ!と思ったコメントは、ぜひいいね!を押してください。

1ページ

遠軽町白滝の旧石器時代の黒曜石にロマンを感じます。

カメラとギターさん いいね! 0

キウスの縄文遺跡です。

木の芽さん いいね! 0

ブラタモリという番組を見るようになってから、地学分野がおもしろいと思うようになりました。今住んでいる場所の成り立ちがどうなっているのか、調べてみたくなります。

ありゃまさん いいね! 0

マンモス

gamigamiさん いいね! 0

子供の頃、何の変哲もない近所の畑で幾つもの土器と一緒に、黒曜石の破片が出て来た時に正に「やじり」の格好をしていたのには、「祖先が狩りをしながら、此処で生活していたのかぁ。」と感慨深いものがありました。

熊五郎さん いいね! 0

何かジャガイモを連想してしまいます(笑)

くらさんさん いいね! 0

恐竜です。

MAKOTOさん いいね! 0

『未知との遭遇』で知ったエアーズロック。『ジュラシック・パーク』のリアルな恐竜。大昔のことには興味が無かったが、映画で楽しむことができた。

オリオンさん いいね! 0

満天の空 悠久の大河

みーさん いいね! 0

私が想像する太古のロマンと言えば恐竜がいた白亜紀です。私の散歩コースである南区の石切山やそこを流れる藻南川には空飛ぶ恐竜プテラノドンが時折舞い降りて来ます(^.^)よく見ると青鷺でした。太古のロマン、妄想するだけで楽しい頭の体操です。

akkoさん いいね! 1

実はジュラ紀より白亜紀のほうが有名な恐竜が多いんですよね!私の押しはトリケラトプスです(H)

恐竜

semaさん いいね! 0

自分の未熟さ

けぽさん いいね! 0

地球の歴史から比べればほんの一瞬の命である人間の生活、争っていること、悩んでいることに無駄な時間を使いたくない気分にさせられてきたとき「太古のロマン」を考えるとホッとすることがある。

くまのプーさんさん いいね! 0

宇宙を想像する

女空手家さん いいね! 0

フゴッペにある古代の絵 感動します 沢山の人に見てほしい

むっちゃんさん いいね! 0

2ページ

迷わず[恐竜]の世界です。アルバイトで発掘作業をした経験もあります。その時代にも興味はありますが、なぜ絶滅したのか?スケールの大きさから言うと人間の歴史はかわいいものです。あまり考えたくないですが、人間の時代はいつ終わるのでしょう?コロナ禍の中どうしても考えてしまいます。

アイラさん いいね! 0

孫が大好きなため、恐竜やアンモナイトの化石等の進化の過程に興味があります。

ruhaさん いいね! 0

食べ物、険しい場所など
時々これらを最初に食べた人、
たどり着いた人、道を作った人って
いつ、どんな?って知りたくなる

きまぐれパンダさん いいね! 0

最初にカニやエビを食べた人はとても勇気があったのでしょうね!(H)

カンブリア紀、太古の海で色々な生命が育まれ、様々に進化を遂げた頃。

にゃんにゃんにゃんこさん いいね! 0

最初の生命の誕生は何がきっかけだんたんでしょう。不思議ですね〜(Y)

それに比べると、俺の存在とは?

masaru24さん いいね! 0

今を生きているみんなが大切な存在だと思います!(Y)

北海道にある縄文遺跡を訪れた時、紛れもなく古代の先人が私達と同じ土地、空間で生活をしていたことがわかり、太古と今の時間がつながっていることに不思議な感動を覚えました。

pochiさん いいね! 0

道東に住んでました。畑を越すと、十勝石でできた矢じりのような物がよく出てきました。後にオホーツク文化のことを知り「そうだつたかあ。」と太古の気分になりました。 (チロ)

チロさん いいね! 0

地球が誕生して人類が誕生する迄もどんな過程が有ったのかも想像も出来ない事です。海の広さ山や火山噴火、恐竜等創られた映像でしか見た事が無いので恐竜の恋愛でしょうか。

智太郎さん いいね! 0

「太古のロマン」といえばやはり化石ですね。北海道でも、穂別や三笠のほうで発掘されますよね。一度でいいから発掘の作業をしてみたかったな~。

うにあられさん いいね! 0

大学で化石研究会にはいっていました。その時にも人間の歴史の話は聞きましたが、現在、我々が呼吸している『空気』も太古からの化石と同じだと教えてもらったことは、今でも忘れられない思い出です。

おじさんさん いいね! 0

化石研究会とはまたレアなサークル活動でしたね!発掘作業とかされたのでしょうか?(H)

やっぱり恐竜の時代に興味があります!その時の日本の様子を見てみたいです。

たにやんさん いいね! 0

日本列島のほとんどはなかった頃かも。でも恐竜見てみたい。でも怖い……(Y)

そもそも宇宙の起源は? 気の遠くなる話で疲れます。

ともくんさん いいね! 0

地球の歴史からみるとほんの一瞬の自分の歴史。日々の悩みがちっぽけにみえてきます。でも、自分にとっては大切な日常なのですよね。遠くをみながら近くも大切にしていきたいと自分の生き方を振り返るきっかけになります。

ココナッツさん いいね! 0

そうそう。ちっぽけな存在ではありますが、日常を大切に生きていきたいものですね。(Y)

人生80年とは何と短いものなのか、くよくよしてもつまらないものですね。細かいことに気にしない後10年を過ごしたいです。

hanakentaさん いいね! 0

やっぱり一番最初に浮かぶのは化石。アンモナイトが浮かびます。子供の頃は渦巻きっぽい石を見てアンモナイトだ!と言っていたり(笑)そんな転がっているようなものではないのに(笑)深掘りしたいのは銀河系。宇宙の歴史などを知りたいです。

ゆちさん いいね! 0

3ページ

手塚 治虫さんの、(火の鳥)です。
何度、読んでも感動し、考えさせられます。

コロナ禍に、是非、ご一読を・・・。

余談ですが、近くに(カリンバ遺跡公園)が、ありますが、行ったことありませんので、一度行ってみます。

tonkさん いいね! 0

朝日新聞の日曜別刷りbeで未完の火の鳥のその後が連載されていましたね。手塚さんはやはり天才でしたね(H)

誰も見たことのない世界だから、想像するだけでとてもワクワクする。ただ、大晦日に誕生した人類がこの地球をダメにして壊してしまっていることが悲しい。

たきいくぞうさん いいね! 0

想像力欠如の私には“ロマン”は思いつきません。
思想の貧困人です。

さん いいね! 0

『創世記』の天地創造の記述が、ビッグバンに始まる生物誕生の経緯である「太古のロマン」を形作っていると思います。

Yukiさん いいね! 0

太古の北海道ってどんな形をしていたのかな。とか、大陸と地続きのままだったのだろうかとか。日本人の先祖の冒険心や自然への挑戦や生きるための工夫とか。結構厳しい環境に挑戦する姿を想像しますね。そういった意味では壮大なロマンを想像できるのも太古への感傷かも知れません。逆に現代が厳しい生存競争の真っただ中に居るのかも知れませんね。

三毛猫のパパさん いいね! 0

昔はユーラシア大陸とアメリカ大陸も繋がっていたそうです。太古の人々は徒歩で大陸横断したのでしょうか?(H)

恐竜!三笠市の博物館はアンモナイトの化石が一杯で面白いですよ。

えいちゃんさん いいね! 0

発掘された恐竜の骨を見たとき、これがいたんだ!とワクワクしました。何もないところ、と思っているところから生まれ生命。何もないなんて、そもそもないんですね。壮大すぎる世界。宇宙。太古と思っているのは短い人生を送っている人類だけなのかな、、見られるなら見てみたいやっぱり恐竜のいた時代!

つきよさん いいね! 0

孫の影響で古代に生息していた恐竜の本やテレビ、カムイサウルスの展示を見たりと世代を超えた共通の話が弾み感心度もアップしました。

花ママさん いいね! 0

恐竜好きのお子さん、多いですよね〜!(Y)

アダムとイブ

ましゃゆきさん いいね! 0

 月並ですが北海道では様々な恐竜化石やアンモナイト等の化石が発掘されているので、「太古」というとそれらのものを連想します。しかし、それさえ地球の歴史からすればかなり後のことでしょうが、それ以前のこととなると想像の域を超えてしまいます。

さささん いいね! 0

宇宙がどのようにしてできたのか、ビックバンが発生して宇宙できたといわれていますが?

ごんさん いいね! 0

縄文

takuさん いいね! 0

恐竜

はったんさん いいね! 0

難しくてよく解らないですが、歴史を再び勉強している自分には、江戸時代以前の事も今の世界の参考になることが多いと思います。

としちゃんさん いいね! 0

猿人のアウストラロピテクスから新人までの、気の遠くなるような時間、1万年の縄文時代、人々はどんなことを考えて生きていたのかなあ?

シゲオさん いいね! 0

4ページ

恐竜時代を想像します。

かめちゃんさん いいね! 0

何もかにもが複雑になっている現代、太古の時代はもっと単純で直接的な生物が存在していたのであろう、と思う。
そういう単純さが現代にはほしい!

たかこひめさん いいね! 0

獲物を狩る、そしてそれを皆で分け合う、シンプルだけど素敵なコミュニティが太古にあったのかもしれませんね(H)

ブラックホールを想像してしまいます。どうなっているのか。

ハイジさん いいね! 0

マンマスかなぁ!

na6ceさん いいね! 0

今、この時間も太古のロマンの一時と思うと不思議な感じがします。

まさちやんさん いいね! 0

若いときはそれほどでもなかったのに、おばさんになってから宇宙に興味が湧いてきました。もちろん全く知識はないのですが、太古のロマン!いいですね。生まれ変わったらしっかり勉強して宇宙関係の仕事に就きたいと思っています。

mikioさん いいね! 0

昔、地学で習ったオルトケラスや三葉虫、アウストラロピテクス・・・どれも(薄っぺらい表現ですが)ロマンを感じます。
三内丸山遺跡に行ったときは、こんなに寒いところに大勢の人が暮らしていたんだなぁと思いを馳せました。
時折、博物館に行って眺めるのも楽しいです。
沖縄と北海道ではずいぶん違うなぁと思います。

ルドルフさん いいね! 0

やはり化石です。アンモナイトが個人的には好きです。あと、琥珀の中に太古の生物や植物などが閉じ込められているのも、ロマンを感じます。

よしさん いいね! 0

星、恐竜、大陸、グレートジャーニー、、、
太古と言えるのかは賛否あるでしょうが、今の技術では作り出せない芸術品、どう作ったのか正解が出せない遺跡類。
現代人はコンピューターで測っても解明できないなんて、古代の人達の賢さ。ロマンです。

おでんさん いいね! 0

ピラミッド、ナスカの地上絵、現代の技術をもってしてもどうやって作り上げたのか謎が多いですよね(H)

やはりプロ野球界と言えばON時代ですね!!
それ程僕は野球が好きで好きでたまらないです!!

野球好き1211さん いいね! 0

縄文文化。世界遺産になれますように。

Kazuさん いいね! 0

温泉に行くと、昔誰が発見したかと思います。

ひろくん1962さん いいね! 0

星空です。星空の美しい街に住んでいます。そこで育ったおかげでしょうか、人工衛星を作る仕事についている子がいます。

mikiさん いいね! 0

スケールが大きい。やっぱり人間なんて、ちっぽけなんだと気づく。

ふくさん いいね! 0

恐竜もロマンがありそうですが、自分としてはそれ以前の生命の爆発的増加の頃に発生した奇形とも思える生物の数々(アロマナカリスでしたっけ?などなど)に興味を覚えますね。

眞一郎ちゃんさん いいね! 0

5ページ

自分の頭では、想像力超えすぎていて、想像ができないです。


よいこさん いいね! 0

海外では、文明の進化をエジプトなどからギリシャへそしてローマ帝国へと繋がった地中海にロマンを感じる。国内では、起源となる大和の時代から古墳などの巨大建造物を創っていった経過や北海道・東北に見られる埴輪土偶の不思議な表情にロマンを感じます。

タイムトンネルさん いいね! 0

ヨーロッパ・アフリカ・アジアを繋ぐ地中海はそれだけ文明が発達しやすく、また争いも起こりやすい地域だったのでしょうね。行ってみたいなあ(H)

化石や恐竜の骨格の発掘

createさん いいね! 0

趣味のヤマメ釣りに行くと、川で竿を垂らしているとふと思う時があります。この沢でアンモナイトが見つかるときがあると何度か聞いているので、釣りそっちのけで化石がないかと探してしまうことがあります。見つかったことはありませんが、こんな山の中が大昔は海だったのかと思うと不思議な気持ちになることがあります。

のみすけさん いいね! 0

何度聞いても覚えられませんが、ブラタモリや他の番組の影響で、太古からの地殻変動や造山運動などによる不思議な地形に興味を持っています。高山でみつかる貝の化石とか、溶岩噴火の跡や風化の結果の地形、というようなものにロマンを感じます。

猫野コネさん いいね! 0

一番に思い出すのは生命誕生でアダムとイブのことですね

ム-ンさん いいね! 0

モアイ像

samaruさん いいね! 0

恐竜を想像します。
想像するものは他にもたくさんあります。
マグマ、爆発、氷河、微生物などです。
また、宇宙の始まりなどは哲学もに発展します。
北大博物館にはぜひ足を運ぶつもりです。

ピーコさん いいね! 0

温泉かな。はるか昔に地下にたまった水が地球のマグマで温められて温泉になる。時間や自然のマリアージュで湧き出る温泉はロマンでしかない。

のりのりさん いいね! 0

太古のロマンというテーマから温泉を発想するとは・・・さすがです(H)

太古のロマンと聞くと、子供の頃行った三笠の恐竜の博物館を思い出します!子供ながらに、こんな大昔のものが残ってるなんて、と化石に感動したことを覚えています。

りょうさん いいね! 0

恐竜

ひあまゆさん いいね! 0

太古のロマンはやはり恐竜の化石です。北海道は多く見つかるのでこれからも楽しみです。

サトケンさん いいね! 0

恐竜が絶滅したのは、なぜでしょうか。

道産子2さん いいね! 0

北海道にも恐竜の化石などが沢山出土していてそのようなニュースを耳にしますと歴史の流れを実感します。早くコロナが収まってそんな太古のロマンを感じられる旅にも出かけたいなと思います。

キャシーさん いいね! 0

星空が今とどう違って見えたか?を想像します。これまでに眺めた満点の星空が、もしかしたら、もっともっと輝いていたのではないか、星の数も多かったのではないか?など空想して楽しんでしまいます。

たびたさん いいね! 0

6ページ

「生命の誕生」が一番ロマンにあふれている気がします。

ヤマガラさん いいね! 0

昔、化石掘りに行きました。場所は忘れましたが、すぐに見つかってビックリした思い出があります。

メロンさん いいね! 0

俗にいう「ビギナーズラック」というやつでしょうか・・・(H)

恐竜です。息子が小さな頃、恐竜好きでした。一緒に恐竜の本を読んだりするうちに、怖いイメージだった恐竜を愛おしく思うようになりました。子供を守る親の姿や、群れで助け合う姿など、ヒトと同じなんだな、と。きっといまでも解明されていないたくさんのロマンの物語があったんだろう、と想像します。

ままさん いいね! 0

想像もつかない世界ですね。でもその時代から少しづつ生命は生き続け現在につながっている。とても不思議な感じがします。

ノブさん いいね! 0

太古だけじゃなく、ロマンとなると、クレオパトラや卑弥呼を連想します。が、これでは、人類誕生からになってしまいますね。考え直すと、氷河期やら恐竜時代を想像します。

シルクさん いいね! 0

クレオパトラの鼻がもう少し低ければ歴史は変わっていた・・・十分ロマンです(H)

縄文杉!もう存在そのものが!!

TSUZYさん いいね! 0

シルクロード、砂漠、ラクダ、石窟寺院、中国から中東にかけてのルートに思いが馳せます。

shshさん いいね! 0

大正ロマンは聞いたことがありますが、太古ロマンは初耳でした。

ゆきぴさん いいね! 0

沖縄沖の海底遺跡は、幻の大陸なのでしょうか?

金剛般若経さん いいね! 0

進化の過程

こみちゃんさん いいね! 0

邪馬台国卑弥呼。何となく出てきます。

プー母さん いいね! 0

九州説と大和説、どちら派でしょうか?(H)

化石、遺跡、木管に書かれて判読不明な文字。

パセリさん いいね! 0

「太古のロマン」という言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは「化石」です。今は絶滅したアンモナイトや恐竜、陸上の発掘作業で海に住んでいたはずの生き物や貝類の発見されるのを考えると、太古の地球はどんな世界だったのだろうといろいろな思いがわいてきます。

しのっちさん いいね! 0

恐竜を想像します。コロナの前は、クッシーを見に 屈斜路湖まで、行って来ました!

サンスーさん いいね! 0

ミステリアスで魅力的な人間像

リオナリさん いいね! 0

7ページ

恐竜は本当にいたのだろうか。

メーメーさん いいね! 0

未知の世界。だから正解はない。想像力と創造性が研ぎ澄まされる。それをベースに検証していくと面白いかもしれません。しかし、全く異なる結果が見えてくることもある。

かずのりさん いいね! 0

私の地元に、石炭化石館という施設があり、恐竜の化石等があります。子供の頃、恐竜の大きさに凄くビックリしました。アンモナイトや、カブトガニ等の化石も展示してあり、恐竜のいた時代に行ってみたいと思いました。私にとって太古のロマンは、恐竜のいた時代です。

ゆうにゃんさん いいね! 0

恐竜やナウマンゾウを想像します。

甚平鮫さん いいね! 0

46億年の生物の進化
環境への適応の進展
生物多様性

たんぽぽぎつねさん いいね! 0

46億年前、たったひとつの宇宙の一欠片から始まった私たち。初めてお逢いした時に、「46億年ぶりです。」と挨拶をされた理論物理博士の佐治晴夫先生の言葉を思い出しました。

SONOPINOさん いいね! 0

「人類皆兄弟」という言葉も素敵ですよね(H)

恐竜が闊歩していた時代は本当に有ったのだろうか?化石を見ても、巨大生物が本当に走っていたのか、不思議でならない。

ビットマンさん いいね! 0

恐竜です。先日、北海道博物館で本物の恐竜の化石を見たので。ロマンでした・・。

じゃまいかさん いいね! 0

かなり大昔のまだ人間が存在していない恐竜だらけの世界を想像します。恐竜だけではなく見たことのないような生物も生きていたかもしれないと思うと、タイムスリップして行ってみたい気持ちになります。コロナもないでしょうし、キレイな空気の中で快適に暮らせるなんていいですよね。これがロマンですかね。

レオちゃんさん いいね! 0

くよくよしない。

ととちゃんさん いいね! 0

命がここまで受け継がれてきたことの奇跡

sakuraさん いいね! 0

歴史は正直難しくてよくわからないのですが、以前美術館で猿の全身を細かく見ることができました。なんだか人間の進化と動物との繋がりを感じて、太古の歴史の深さを感じました!!

ちくわさん いいね! 0

未来の人は今の私たちをどう思うのでしょうか?
太古のロマンと呼んでくれるのでしょうか?
戦争やコロナに振り回されている時代をどう思うのでしょうか?

えっちゃんさん いいね! 0

 何十億年も前に地球が誕生した頃に居合わせみたかったという興味は尽きませんが、恐竜など途轍もない大型の動物に囲まれての生活はあまり居心地はよくないでしょうね、きっと…。地球が「進化」して住みやすくなってから私たちの祖先が現れ、穏やかな環境と便利な生活を享受できる「年末の大晦日深夜」あたりの現世に居られてよかったなというのが正直なところです。「ロマン」とは程遠く…すみません!(Isshun)

Isshunさん いいね! 0

恐竜時代の世界から人類が生まれる間がどのように変化していったのかを想像するだけで、ちょっとドキドキします。

ニコチャンさん いいね! 0

8ページ

太古のロマン、それはビッグバン。宇宙の始まり。
わけわかんないけど宇宙誕生の始まりには興味あります。

ひでなぎさん いいね! 0

地球、人間って凄いなぁ~と
思うばかりです。

かずきよさん いいね! 0

人間の歴史はわずか数分間とのこと、まして私の歴史は数秒、
くよくよせず、生きて生きます。

ビデオさん いいね! 0

数十メートルもある大きな恐竜がいたことがどうしても理解できません。恐竜等の骨が日本をはじめ世界で発掘されているので確かにいたのでしょう。北海道では「ムカワリュウ?」が有名ですね。現存している大型動物では「アフリカ象」や「シロナガスクジラ」がいますが、大型恐竜にはとても及びません。もし、今この時代に生きていてビルの合間を恐竜が歩いていたらと想像したら頭がクラクラしてきました。



セイジさん いいね! 0

最大の草食恐竜アルゼンチノサウルスは35メートルでアフリカゾウだと17頭分に匹敵するそうです。大きいですね!(H)

「太古のロマン」と聞くたびに、人類がどのように誕生したのかとてもとても不思議で悠久の歴史そのものです。この広い宇宙に自分が在ることに・・・。

ミュラーさん いいね! 0

テ-マが大きすぎて特に想像するものは無い。

ヒロさん いいね! 0

私の住んでいる北広島市の「知新の駅・いこーよ」には北広島で発見されたカイギュウの化石や貝塚の断面が展示されています。今住んでいると場所が昔は海で、いろいろな生き物が生活をしていたことや太古の人々がどのような生活をしていたのか思い浮かべるとワクワクしてきます。

takuさん いいね! 0

大自然との融和生活

けいこちゃんさん いいね! 0

まだ文字を持たなかった時代の物事や心、気持ちの伝達方法は、言葉だったと思いますが、言葉はどのようにして生まれたのでしょう。言葉の始まりを知りたいと思っています。

のりちゃんさん いいね! 0

日が昇ると労働し、空腹になると食べ、日が沈むと・・・・・・。

みーくんさん いいね! 0

「太古」から頭に浮かぶのは、アンモナイト化石
かな。

まめりんごさん いいね! 0

宇宙の誕生です。
見てみたかったです。

str777さん いいね! 0

アンモナイトやシーラカンスを思い浮かべます。

ショウジさん いいね! 0

大陸がつながっていたり昔はここは海だったとか言われても信じられません!でも地球の寿命って・・・?そんなにないのかもって思っちゃいます。

キックさん いいね! 0

宇宙は無限に広がっている。

みさとさん いいね! 0

9ページ

1年としたときの12月31日の午後11時57分ということはとてもギリギリですね。太古のロマンとは生物であったり地形であったり進化であると思います。私は化石を想像しました。幼い頃から博物館に行って化石や遺跡を見たり歴史のある地形に行き発掘をしていました。とても長い歴史のによって今があると思うととても感慨深いです。

ifさん いいね! 0

産業革命~近代は、ゆっくりと気が流れてほしかった。地球温暖化など、地球にとって過酷すぎる時代に突入しそうだ。

あさきたかずわくんさん いいね! 0

文明は暮らしを豊かにする反面、自然破壊も伴っていますね。持続可能な社会を目指すにはどうすれば・・・太古の賢人がヒントをくれれば良いのにね(H)

小さいころ、近所の山でアンモナイトを探すのが楽しかったです。小さいながら太古のロマンに思いを馳せていました。

あさひさん いいね! 0

近所の山でアンモナイトが出てたんですね。化石探しの子ども時代、なんか羨ましい(Y)

北京原人、ナウマンゾウです。
2本足で直立歩行の始まりが北京原人でしょうか、ナウマンゾウはわが地域で化石で発掘されています。
アダムとイブなんかも興味あります、恋をして子供が生まれて、段々と人間が増えていったといわれているのではないでしょうか?

ふーこさん いいね! 0

恐竜が大草原を走り回るようす

さとちゃんさん いいね! 0

街灯などの明かりがなかった
綺麗な星空を見れたロマン

まい0107さん いいね! 0

太古のロマンと聞くと、埋蔵金という言葉が浮かびました。太古と言っても、人類誕生後、しかも、せいぜい縄文時代や弥生時代しか浮かびませんでした。地球レベル、宇宙レベルで考えると、スケールの大きい考え方ができるのでしょうね。

じーじょさん いいね! 0

今回のテーマ、難題ですね。地下街でたまたまレプリカの展示を見た土偶でしょうか?あなたは誰?どこから来たの?3500歳とか。縄文1万年、静かに暮らしていたとか、心穏やかに謙虚に暮らしたいこの頃です。

星の川さん いいね! 0

古いお寺や神社 目の前にすると圧倒されます。太古というと もっと古い時代なのでしょうがそこまでは考えられません(笑)

けいたさん いいね! 0

ナウマン象が生息する
雄大な草原

ケンケン3さん いいね! 0

太古のロマンと聞いてまず思い出すのは恐竜の存在です。恐竜の存在していた地球が本当にあったのだろうか。化石から描き出された恐竜たちは本当に映画や博物館で見る恐竜のような風貌をしていたのだろうか。知能はどのくらいだったのか。最後の恐竜は何を思ったのだろうか。だんだん気候が変動していく中でまた新しい生物が誕生し人間も最後の恐竜みたいに絶滅していくのか太古のロマンを想うと同時に未来を憂いでしまいます。

Aiさん いいね! 0

毎週、楽しみに拝読させていただいてます。

ネオパラさん いいね! 0

ダジャレではありませんが、三笠にある温泉が思い浮かびました。

ライオン丸さん いいね! 0

恐竜

ユニピョンさん いいね! 0

我名弥生にちなんでタイムトラベルができたならぜひ弥生時代を訪れたい。断捨離ばやりの昨今だが太古の方々の中にもものを集める趣味の方はいたのかしら。

alareさん いいね! 0

いたと思いますよ!!古代エジプト王の墓には色々なものが一緒に収められていたそうじゃないですか。あの世までは持っていけないのにね(H)

10ページ

恐竜時代

みーやんさん いいね! 0

野尻湖が近いので、ナウマンゾウ。

はらみもんさん いいね! 0

小学生の頃、近所の畑で「石器・土器」がよく見つかりました。
日曜日ごとに探しに行き、種類ごとに分類するのが趣味でした。
探しながら、そこで営まれていたであろう当時の人々の暮らしを想像していたことをはっきりと覚えています。

MNBさん いいね! 0

今も広がり続けている宇宙のひとかけらの地球という星のもとに自分が生まれた偶然は とても貴重だと感じます。 地球に人類が足を下ろしてからの壮大な歴史は 決して教科書では学びきれないほどの価値とボリュームがあると思います。「太古のロマン」という言葉から そんな運命の偶然の重なりを感じますね。

マサコさん いいね! 0

恐竜が歩いていたり、飛んでいた時代もあったのか~。

pinkyさん いいね! 0

男女の恋!

momoさん いいね! 0

アンモナイトです。歳月に左右されない揺るぎなさを感じます。

三連星さん いいね! 0

人類の偉大さと歴史に感嘆です。

カリオカ正さん いいね! 0

化石

nさん いいね! 0

「太古」にも「ロマン」にも全くなんの思いもないのですが…そういうことに興味があって楽しんでる人は羨ましいなぁとは思います。歴史に詳しいとか、想像できるための知識があるのは素晴らしいと思います。

みったんさん いいね! 0

やっぱり手塚治虫さんの「火の鳥」じゃないですかね…(^^)ものごごころがついたころから父の本棚にあり、繰り返し読んでいました!黎明編だけでなく、未来編から、太陽編に至るまでが、すべて「太古のロマン」ですよね!

のんちゃんさん いいね! 0

子供の頃、考古学が好きでいろいろな本を読んで考えたものだった。
今、考えたら…きっとコロナのような急激な感染症もあったのかなぁと思ってしまいました‼️

雪桜さん いいね! 0

星空ですね

ヤロメロさん いいね! 0

太古と言えるかわかりませんが家に入って来た蛾を愛猫が壁キックをして飛びついた時はおおっ!と思いました。普段は丸くなって寝ている、食べ物の好き嫌いが激しい甘えん坊なのに。
あの勇姿は太古から身体に流れる狩猟本能が顔を出した瞬間でした。

ゆずむぎさん いいね! 0

どれほど可愛いネコでも生物学的には虎やライオンの仲間ですから!壁キック見てみたかったですね(H)

今までの人間の歩いてきた道に色んなゴミを残してきたと思う。それを拾って行かないといけない時代になっている。

エコさん いいね! 0

11ページ

マンモスのいた世界

みーママさん いいね! 0

人間ってちっぽけなものなんですね

rieさん いいね! 0

子供の頃にTVで見た宇宙戦艦ヤマトですかね。夢中になっていて、毎週楽しみにしていました。

きたの旅人さん いいね! 0

太古のロマンを考えると、考えるのをやめて寝てしまおうと思う。難しいです。

みーとさん いいね! 0

太古のロマンといえば先カンブリア時代の生物を思い浮かべます。カンブリア爆発と呼ばれたあの奇妙な生物たちの多様性を目にすると既成概念が馬鹿らしいとさえ思えてきます。今我々がもがき苦しんでいる新型コロナウィルスにしても46億年のスパンで考えるとくしゃみをした程度何でしょうね。時間軸を大きくとらえて、物事を考えなおしてみると意外と冷静な判断ができるのかもしれないですね。

K太郎さん いいね! 0

やはり化石です。
朽ちることなく後世に姿を残す様はすばらしいです。

ミッツさん いいね! 0

邪馬台国の神秘

くまこさん いいね! 0

卑弥呼の邪馬台国かな~会ってみたいです。

sugiさん いいね! 0

太古、想像もつかない世界。想像が可能なのはせいぜい500年位前まで。ギブアップ。

りんごちゃんさん いいね! 0

自分の細胞の一つ一つに太古からの生物の発生の歴史があると思うと、細胞は宇宙だ!と感じます。

あおいうみさん いいね! 0

聖徳太子の活躍でしょうか!

キンキン江森さん いいね! 0

現在の白鳥に近い恐竜になって、自由に空を飛び回りたいと思う。

HIDAMARIさん いいね! 0

化石になった時代の様子や瞬間

とらうまさん いいね! 0

宇宙の始まりはスケールが大きすぎてちょっと想像しがたい。「太古のロマン」として思い浮かぶのは、大型肉食恐竜が闊歩するジュラ紀の世界の生存競争、あるいは生命誕生から人類が生まれるまでの進化の流れでしょうか。原始の命がどのようにつながり、自分にたどり着いたか、人類になってからの系譜を含め、とても興味があります。

ヒロシさん いいね! 0

今わかってる地球の歴史がもっと違っているかもしれなくて、古代の滅亡した文明があったかもと思うと太古のロマンは際限なく広がっていきます

まあくんさん いいね! 0

12ページ

地球の存在が本当に不思議で美しいなとしみじみ思います。

emuさん いいね! 0

北海道にも恐竜がいたのか

ナンゴウヨンさん いいね! 0

ナウマンゾウ

うししさん いいね! 0

恐竜の時代に自分が生れていたらと想像するとワクワクします!

NAOMIさん いいね! 0

卑弥呼様の恋話

チイチイ江森さん いいね! 0

時間はいつから始まっていつまで続くのか?ビッグバン以前の「無の世界」とは・・・。

きくちゃんさん いいね! 0

もっと古い誰でも思わず聞きたくなるような地球の様子

ユウカさん いいね! 0

想像でしかない太古の地球を見て感じたいですね

まささん いいね! 0

太古のロマンと聞いて想起されるのは深海魚です。シーラカンスなど、生きた化石と呼ばれ何万年もそのままの姿で生きているということがもうロマンだと思います。本当にその当時から生きている個体もいるんじゃないかなと夢が膨らみます。

とりさん いいね! 0

世界一と言われるエベレストの標高よりマリアナ海溝のほうがずっと深いんですよね。人類未踏の深海に太古からの生物が生きているかもしれませんね(H)

はやぶさ1とはやぶさ2です。計り知れない昔でありながら目に見える未来です。

天茶布さん いいね! 0

いま、地球上では戦争、大気汚染、温暖化など直ぐにでも地球が爆発し消滅するのでは?という不安に駆られる事あります。どうして、ガガーリンさんが青かった、という地球ができたのか、あの頃宇宙から見た地球の色と今の色、比べてみたい。どこから生命体が来たのか、小さな微生物なら理解できても、あの大きな恐竜、マンモス、そして人間、私はこれ以上、科学の発展は望まない。人間の地球の破滅に繋がらないか、危惧しています。考えすぎだと、誰か言って欲しい。

きよちゃんさん いいね! 0

真っ黒な暗闇の中から、一筋の光が差し込んでいる光景が浮かびます。

ダルセツさん いいね! 0

あんなに大きなピラミッドを、大昔の人達がどうやって作ったのか、不思議です。

キャプテンさん いいね! 0

コロナウィルスが猛威をふるっている中、人間はこんにちまでどのように感染症を克服してきたかに興味があります。

ウッシーさん いいね! 0

nhkの番組「ブラたもり」

ねこ吉さん いいね! 0

13ページ

生命の誕生、恐竜の世界

はらぽちゃ君さん いいね! 0

遺跡

みるさん いいね! 0

とても、想像ができない壮大な気がします。何かロマンティックな感覚になり、何故か夢が膨らみます。きっと、太古の世界は、満天の星空と大自然が創り出したパノラマの世界なのでしょうね。

ヨコ母さんさん いいね! 0

宇宙の誕生や地球の誕生、生命の誕生などいろいろな誕生気になります。

みいこさん いいね! 0

テ-マが壮大すぎてなかなか思いつきません。

かえるさんさん いいね! 0

卑弥呼伝説

きなこもちさん いいね! 0

恐竜の化石発掘

サン太とアニさん いいね! 0

「太古のロマン」と聞くと奈良時代や平安時代を想像します。千年以上の遠い昔ですが、現在まで残っている書物、建物、遺構などから当時の生活の様子や文化を知ることができるのが興味深いです。以前奈良の平城宮跡を訪れた際には、在りし日の都の姿を想像して興奮しました!

maiさん いいね! 0

1000年以上前に東大寺のような壮麗な木造建築技術があったなんてやはりロマンですね!(H)

私が太古のロマンと聞いて真っ先に思い浮かんだのは恐竜でした。去年「ドラえもん のび太の新恐竜」というドラえもんの映画を観たり、どうぶつの森というゲームで化石を集めたりしているうちに、だんだん本物の恐竜の化石を見に行きたいな、と思うようになりました。ご時世のこともあり、まだ博物館に行く夢は叶っていませんが、感染症が落ち着いたら行ってみたいと思っています。

ちろるさん いいね! 0

フランス革命

hideさん いいね! 0

肉体言語で通じ合う、まさに本能のやりとり

ケイスケさん いいね! 0

地球の地軸が北と南で逆になった、チバニアン、日本が大陸から分離 など太古のロマンは止まりません

むら5さん いいね! 0

人類の始まりのころは、どんな地球だったのかと想像してしまいます。

りんごパイさん いいね! 0

遺跡発掘

Natsuさん いいね! 0

アンモナイト

ときめきさん いいね! 0

14ページ

恐竜でしょうか。北海道からはさまざまな恐竜の化石が発掘されています。太古の時代にあのような巨大な生物が北海道の大地を闊歩していたのかと思うと、ドラえもんから「どこでもドア」を借りて、その時代にワープし、恐竜の時代をのぞかそせてみたいものです。間違っても潰されたり食べられたりしないように気をつけながらです。可能なら少しでもフレンドリーになりたいものです。何か夢のある話だと思いませんか。

みうらっちさん いいね! 0

根拠はありませんがステゴサウルスなら仲良くしてくれそう・・・(H)

素敵なロマン

なっきーさん いいね! 0

恐竜の本当の姿が知りたい

島人の高良さん いいね! 0

最後の数分間ならば……コロナに苦しんでいる今は煩悩の鐘いくつ目でしょうか?これが108個目で、この後新しい年が来る事を願うばかりです。

見返りパンダさん いいね! 0

文字が無かったり文献が残っていないような何百、何万年前ものことが、化石の分析を通して私たちが知ることができる…ロマンチックだと思います!

Guguさん いいね! 0

ビッグバーンからの地球創造!地球誕生の秘話に興味が注がれます!

fukutanさん いいね! 0

太古のロマンと聞いて、少し小高い丘から眺める、真っ赤で大きな太陽とその夕焼けを思い描きました。巨木とその周辺に生い茂る森、遠くの雪をかぶった山々やふもとの輝く湖。そして、かすかに見える恐竜のような大きな動物。すべてが真っ赤からだんだん濃い紺に染まっていきます。昔むかし、人間が自然を支配するのではなく、地球の片隅でつましく共存し、細々と、でも、毎日充実して生活した日々の終わりにホッと見る夕日です。

rikoさん いいね! 0

まるで映画を見ているような素晴らしい表現力ですね!読んでいてワクワクしました(H)


全てが愛に包まれ育まれていると思います

櫻子さん いいね! 0

恐竜のいた世界

シュガッチさん いいね! 0

遺跡、化石ですかね。

わんたさん いいね! 0

恐竜、化石、と、ともに、私は宝石がどういう状態で出来たのか興味ありますね。琥珀の中に虫がいたり、水が閉じ込められたり。興味は尽きません。太古のロマンを感じます。

ちぃさん いいね! 0

歴史!

キューピー姫さん いいね! 0

地球の変化を圧縮して見てみたいな。

かまちゃんさん いいね! 0

恐竜の誕生から絶滅について。今の世の中や学校で学ぶような歴史などを考えると、恐竜が存在していたというのは何とも想像しがたいのでとても興味深いと思います。

抹茶ミントさん いいね! 0

カンブリア紀の謎の古代生物とか!

ぽちさん いいね! 0

15ページ

縄文土器が真っ先に浮かんだ。
太古の人がせっせと作る姿も浮かんだ。
陶芸好きですが、DNAでしょうね、きっと。

平吉さん いいね! 0

太古では星座がどのように見えていたのだろうか? タイムスリップして見てみたいものです!!

こくわ8やまぶどうさん いいね! 0

化石です。しかも、恐竜等の大きなもの。

kawaさん いいね! 0

スマホもない人の目が気にならない生きる事に一生懸命

サティさん いいね! 0

 利尻に一人旅をしたときに、自転車で島内一周しました。
その折りに利尻の町立博物館へ。島の成り立ちや漁の移り変わりなど展示物がいっぱいあり勉強になりました。
一つの島の歴史にわくわくしました。

ほわさん いいね! 0

恐竜

けいこまりさん いいね! 0

カムイサウルス・ジャポニクス

よまたけさん いいね! 0

子どもの頃は、化石を集めてました。

北の虎さん いいね! 0

卑弥呼です。

キャボさんさん いいね! 0

北海道も太古の昔は海の底だった、という話を聞くとなにやら不思議な気持ちになります。道内各地で多くの恐竜の化石などが発見されていて、図鑑や標本でしか見たことがない恐竜の世界が身近にも感じます。子どもの頃の暖房に使われていた石炭も今考えると、太古の贈り物で温かくなっていたのかな、と思っています。

さとり-さん いいね! 0

地球温暖化も太古の贈り物に頼りすぎたから起こっているのでしょうか?(H)

生命の起源

オリジナルリリーさん いいね! 0

ビックバン

チバタロウさん いいね! 0

太陽は人間でいえば壮年期とか。それでもあと40億年もすれば消滅するのでしょうが、それまで人類は存在しているのだろうか。しているとすればどのように変化した状態になっているのだろうか。

arinkoさん いいね! 0

また幅広い事を聞きますね^地球は宇宙はなんて言いながら探査機を飛ばす。日本で言えば「はやぶさ」世界は競ってるけど、巨額のお金を掛けてまでそれを追求する必要は有るのでしょうか・・エジプトやインカ等々発掘してX線で調べるや、絵画仏像等を近代装置で調べて、どうのこうのと持論を述べるに意味は有るのでしょうか、古代人や作者はそれを望んでいるのでしょうか、彼らは望んではいないと思う。所詮、科学と言う自己満足。

よんちゃんさん いいね! 0

三笠市のアンモナイト博物館周辺を歩くと、億年単位の太古を感じます。

こうめいさん いいね! 0

16ページ

何時もタイムスリップして縄文時代や恐竜が支配していた世界に行ってみたいと思ってます。三内丸山遺跡に行ってどんな暮らしをしていたのか想像を膨らませてから、体験がしたくなりました。

玉屋さん いいね! 0

アダムとイブのことを想像します。

どっくんさん いいね! 0

太古のロマンは日ごろ入っている温泉で感じてます

ゴウさん いいね! 0

何世代もさかのぼれば、街行く見知らぬ人と共通のご先祖様がいるかもしれないという事実。さらにはペットの犬猫とも、朝食べた焼き魚とも、病気を引き起こす細菌とも共通のご先祖様がいるのかなあ。

Mネコさん いいね! 0

恐竜

ひで5555さん いいね! 0

コロナウィルス感染防止薬

ふじゃれさん いいね! 0

邪馬台国

まこっさんさん いいね! 0

いつも楽しく拝見しています。「太古のロマン」、小学生の孫は本で読んだことを思い出し、一生懸命話してくれました。自然の中で巨大な体系がなぜできたのか、とても不思議がっています。スケールの大きさに驚くばかりです。

raramyuさん いいね! 0

人類の祖先が誕生したのが大晦日。と聞くと、あくせく暮らしている自分たちの一生なんて1秒にも満たないのかと嘆いていいのか開き直ればいいやら。以前、TVである国の宗教観の番組がありました。宗教画に描かれているのは人の列。たまたまその時に生まれた我々はその1人に過ぎないけれどもその1人としての役割を果たすことが務めであり運命だというもの。わずか0.1秒であっても生を全うすることの大事さを感じました。

ビビの父さん いいね! 0

原始時代の猿からの人間の進化の過程

しずかさん いいね! 0

南極が氷に覆われていない時代に、超古代文明が栄えていたんじゃないかと思いをはせてしまいます。

がっちゃんまんさん いいね! 0

あの分厚い氷の下に何が隠れているのか、想像するだけでロマンですね!(H)

最近はビッグバン説を転換する動きもあるので、いろいろな説があるのは愉しいですね。
ひとつ理解が進めば複数の未知に出会うのがたまらない魅力です。
でも、太古といわれるとそこまで遡る?とも。言葉の使い分けは知らないと厳密さにかけがちです。
ちなみに私がイメージする太古の象徴は「系統樹」です。

にゃあさん いいね! 0

大和撫子

Jamaさん いいね! 0

想像を超えるスケールの大きさに驚きです 人類の歴史なんてつっぽけな年数なんて そんな地球を大事にしていきたいです

かのみゆさん いいね! 0

ピラミッド

水曜どうでしょうさん いいね! 0

17ページ

エジプトのピラミッドを想像します。

いちごさん いいね! 0

どういう世界観だったのか気になる

サンダル博士さん いいね! 0

人類の進化

過ぎ過ぎさん いいね! 0

骨付き肉ですね。

おかっちょさん いいね! 0

マンモスの象を想像します。

ひまわりさん いいね! 0

近所に矢川緑地保全地域があります。太古の雨が土の中を旅してきて、1滴1滴湧水になり、多摩川にそそがれています。手が透明に染まりそうな色です。水のあるところに人は生活した。2万年くらい前をふと思い浮かべてしまいます。本当に人間のこせこせした悩みなんて、ちっちゃい!医師もいない中で、生き抜いてきた先祖たちに感謝です。

ノリコさん いいね! 0

古代遺跡の存在が思い浮かびます。大昔の人々が高度な構造の遺跡をつくってくるのを知ると、どうやって造ったのか考えるだけでワクワクします。

うたさん いいね! 0

太古のロマンと聞いて、恐竜などが当たり前にいた時代などを思い浮かべます。

おにぎりころりさん いいね! 0

恐竜がいた時代を想像しました。
映画やドキュメンタリーを見るとワクワクします。

rio.yさん いいね! 0

子供の頃は時間の流れがとっても遅く感じていたが、大人になると何と時間が過ぎるのを早く感じることか・・・。地球が誕生し、色々な生物の誕生・進化って不思議だなと想像します。

ままちさん いいね! 0

穏やかな生活。

風来坊Xさん いいね! 0

想像がつかないぐらいすごい盧でしょね

たぬきポンポコさん いいね! 0

太古のロマンというと、エジプトのピラミッドとか恐竜とかですかね。考古学に興味があるのでよくテレビとかで特集が組まれるとよく見てました。
以前東京上野でエジプト展があった時も観に行きましたし、国立博物館で恐竜や太古の化石なども観に行ってきました。特に恐竜はジュラシック・パークの映画を観た時に琥珀から今でも恐竜が人工的に作れるんじゃないか位思えましたし、本当に大好きですね。またお出かけしたいです。

わにこさん いいね! 0

「太古のロマン」と聞いて想像するのは恐竜です!最近はなぜヒトは恐竜に惹かれるのかわかってきました。あの巨大な生物が数億年前の地球の支配者として懸命にいきていたことを考えますとヒトというのはなんと細かくややこしい生き物で…と考えるとまあ自分の悩みなんてチッポケに思えてきます。笑



と思わせてくれるところでありましょう。

cervejaさん いいね! 0

邪馬台国の卑弥呼

みみままさん いいね! 0

18ページ

恐竜の存在。どうして絶滅したのか?色も声も未知のまま令和という時代に入り、これから解明される時代が来るのかな?鉄腕アトムに出てくる物で、空飛ぶ車以外は現代にあると言われているし、いつか解明されるのかな。

すみれの花組さん いいね! 0

やはり邪馬台国です。タイムマシンが有ればホントに行ってみたいです。コニー ウィルスの小説にあるように大学に航時史学科があって、そこで学べることができる日は来るのでしょうか。

mzlegmzさん いいね! 0

くまちゃんさん いいね! 0

55年前、小学校6年生の時、父の転勤で山あいの町に転校した。線路沿いの崖地で、まあるく固いかたまりを見つけ、割ってみたら貝の化石だった。この町は、何百万年、何千万年前は海だったのかと驚き、崖地や沢沿いと化石探しに夢中になった。1年2ヶ月後、また転校し、中学校時代を過ごした海岸沿いの町では、天体観測に夢中になった。その後、その山あいの町で恐竜の化石が発掘された。その山あいの町が穂別町だった。


kouichiさん いいね! 0

「太古のロマン」と聞いて、私はマンモスを想像します。
ミイラにせよ遺跡にせよ、よくぞ残っていたなと思うのです。

ぽっちさん いいね! 0

「太古のロマン」と聞いて、私はマンモスを想像します。
ミイラにせよ遺跡にせよ、よくぞ残っていたなと思うのです。

ぽっちさん いいね! 0

私は大学生なのですが、考古学という講義を取っています。そこでは、大昔に中国と日本の民族が交易をしているのだと教えられました。その理由が同じ文様の土器が見つかったからだそうです。というのを聞いた時に考古学者は面白そうだなと思いました。地中を掘って人工物が見つかるということ自体にワクワクしませんか?しかもそれが中国でも見つかって交流があったなんて分かったらそれはもう凄いですよね。これこそロマンです。

りょうたさん いいね! 0

太古のロマン・・・私は自分の先祖はどんな人たちなんだろう・・・って想像します。
自分の祖父母までしか知りませんが、それ以上に遡って調べてみたいなあ・・・と思います。

りんご娘さん いいね! 0

想像できないほどの時間を経て現在がある。人間によって、環境を破壊することは許されないことです。

ユキさん いいね! 0

恐竜

シエルさん いいね! 0

民族衣装が派手なイメージで、ゆっくりゆったりな生活が想像されます。

ももぱんさん いいね! 0

日本各地の古墳

オレンジロードさん いいね! 0

はるか昔の人が生まれる前の事って想像してしまう

ジャイ子1210さん いいね! 0

恐竜です。タイムマシーンがあれば、恐竜がいた時代に行ってみたいです。

うさぴょんさん いいね! 0

飴色に輝く琥珀を想像します。その中に閉じ込められた小生物たちが生きているかのように残って時の流れが止まったかのように感じられるからです。

てっちゃんさん いいね! 0

19ページ

やっぱり邪馬台国でしょう、本当に実在したのか、どこにあったのか、妄想がすすみます。

よつしーさん いいね! 0

 大きな時間の流れの中で人類の生存していた時間は、すごく短い時間です、でもその中で人類は多くのものを発見したり作ったりめざましい進歩を遂げたと思います。しかし、反面、おごり、かいかぶり、傲慢、無知等により自然を軽んじてきた気がします。

タカサンさん いいね! 0

恐竜のいる世界です

みちさん いいね! 0

地球の誕生と宇宙

よしぼうさん いいね! 0

恐竜。

keibubu3さん いいね! 0

恐竜が生きていた時代を想像します!

エリンギさん いいね! 0

温泉

マネーさん いいね! 0

奈良の建造物

パンナさん いいね! 0

縄文時代とか弥生時代を連想します。大自然の中、どんな生活をしていたのかなぁと思いをはせます。

ごじじさん いいね! 0

歴史を感じる

あとめさん いいね! 0

テルマロマエがよぎりました。。。笑

マスタクさん いいね! 0

歴史的

あこさん いいね! 0

エジプト文明

コーギーラブさん いいね! 0

生命の起源には実は特殊な水があったり、生まれた祖先はどんなコミュニケーションを取っていたのか、もしかしたら現代よりも太古のほうが文明は発達していたのでは?恐竜は会話をしていたんじゃないか?今の人間達よりも高度な言語能力を持っていたかもしれない、弱肉強食などなく平和に暮らしていたり、実は発掘された石器などは実はカモフラージュで現代技術よりも優れた道具があったんじゃないか?と想像が膨らみまくります!

空城城太郎さん いいね! 0

太古でもロマンでもないかもしれませんが、アルプスの氷河で見つかった「アイスマン」が興味深いです。5000年前の人物で死因に諸説あるのですがどの説にしても、人間って昔から大して変わってないのかなぁと思わされます。

青猫さん いいね! 0

20ページ

恐竜を想像します。

ひーたんゆうゆうさん いいね! 0

今の時代ではないレトロな世界

まあやんさん いいね! 0

私は太古のロマンと聞いて「恐竜」を想像しました。氷河期により絶滅してしまったにもかかわらず、出土した化石などから生態や種類、大きさなどが現代にまで伝わっているのはロマンでしか無いです。映画では遺伝子を使って復活させるといった描写がありますが、このまま技術が進歩していけばそれも可能なのではないかと期待してしまいます。博物館でも十分楽しいですが、動物園ならぬ恐竜園ができたら絶対に行きたいですね。

huku777さん いいね! 0

皆無の中に一粒の動くモノが現れた。何もなく砂漠のような、荒れ果てた地。しかし、その動くモノは少しづつ何らかのものを吸収しながら、成長していった。旅とも言える移動が始まった。そこに見えたのは海と呼ばれるモノだった。その周りには今までになく生物がまた新たに現れた。海と呼ばれる冷たい世界の中にも動くモノが現れた。お互いの動くモノは融合仕合いまた新たなモノが現れた。これこそが、古代のロマンでは無いかと思う

カズさん いいね! 0

自分が生まれる何千年も前から地球には生物が生息していたと思うとワクワクする。タイムマシンで太古の地球を覗いてみたい。

チカリンさん いいね! 0

日本をでて大陸を目指して貿易のため命の危険も顧みず渡った人々を思い出します。

ころんのパパさん いいね! 0

お菓子

ronさん いいね! 0

宇宙は、果てしないまさに人知を超える存在、まばゆい、星の光を見る度にロマンを感じます!

タレちゃんさん いいね! 0

すごい世界ですごい確率で自分に産まれ、主人に出会い、息子が産まれて…益々毎日を大切にしようと思えました。そして、日々感謝したいと思います。

まるさん いいね! 0

城跡にロマンを感じます!

タカラさん いいね! 0

恐竜

もみじさん いいね! 0

古代エジプト!!

ぴのこだっくさん いいね! 0

地球の誕生から現代までを1年と考えると、のお話を読んで驚きました。勉強するのは好きですが今まで考えたことがなかったので、じゃあその残り約一年間はなにがあったのか、どのように地球が生存していったのか、幼いときのような、なんで?なんで?が浮かび出すので調べていきたくなりました。何もないところから、人類だけに関わらず、植物や動物などの生命がどうやって生まれたのだろう?というのは一生の疑問になりそうです…

うさこさん いいね! 0

万物の起源

ミヤトシさん いいね! 0

アダムとイヴ

ちよさん いいね! 0

21ページ

大昔のTV番組は大好きです。

のるんさん いいね! 0

北海道で新種の恐竜 「カムイサウルス・ジャポニクス」が認定されましたが誰も見たことがない恐竜世界と恐竜の化石を追い求めている研究者を想像します。まだ戦争もなかったんだと思うとじいさんが戦死しているので人間が文明を持ち宗教があってそして戦争が生まれたのでこの先争いごとがない平和を望みます。

KANTON$さん いいね! 0

化石や建築物が1番先に頭に浮かびました。ニュースで化石や建築物が発見されるのを見るたびに年月の深さを思います。
これだけ年月が流れても残っている事がすごいのはもちろん、化石や建築物からいつの時代のものか、背景を知る事が出来ることにロマンを感じます。

かおさん いいね! 0