このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >困らない!損しない!情報の整理 >VOL6「家系図をつくりましょう」

第6回 家系図をつくりましょう

 身の回りの情報の整理を考えるとき、ぜひ作って欲しいものに「家系図」があります。私がおすすめするのは親兄弟など3~4親等程度の親族関係がわかる図のようなものです。

 相続のときに役に立つという実利面も大きいですが、何より自分のルーツがあらためて分かるのは楽しいものです。

 作り方は、現在の戸籍から、その前、その前と、たぐり寄せるように、戸籍・除籍・改製原戸籍を調べて謄本を取り寄せ、それを基(もと)に作ります。戸籍は、日本国民の親子関係などの身分を公に証明するものです。ただし、残念なことに「人ごと」管理ではなく「戸籍ごと」管理になっています。結婚や転籍(本籍地を変えること)のたび戸籍が変わりますので、生まれてから現在までを証明するためには、パッチワークのように全部をつなぎ合わせなければいけません。専門家に頼まなくてもできますが、手間がかかります。そこで、時間にゆとりがある時に戸籍を調べ分かりやすく図にした「家系図」を作っていただきたいのです。

 家系図が大切な具体的な理由は次の5つです。

1)お葬式・法事などの時の親戚関係がわかりやすくなります。核家族が多くなり親戚関係のつながりが薄くなりました。親族関係は言葉だけより関係図を見せながら説明した方がわかりやすいです。

2)相続関係がすぐにわかります。自分や配偶者が亡くなった時の相続人が誰なのかがよくわかり、遺言が必要な場合など問題点を把握しやすいです。

3)相続開始時、相続人を確定するため戸籍・除籍謄本等が必要になります。これには思いの他時間を取られます。家系図を作る時に集めた戸籍・除籍謄本等は将来参考になります。時間短縮できますので直ぐに廃棄せずにそのまま保管しましょう。

4)「相続放棄」「限定承認」など特殊な相続の手続きは亡くなった後3カ月以内にしなければいけません。これらの手続きにも戸籍・除籍謄本等は必要になります。

5)自分のルーツを知るためのものです。

 さて、「家系図」は作ったら終わりではありません。親族関係を分かりやすく伝える時の資料です。ぜひ家系図を広げながら家族で会話を交わし引き継いでいただきたいと思います。


困らない!損しない!情報の整理

情報の整理 Vol.8NEW!

要注意!連帯保証人と保証人

相続は亡くなった人の預金などプラスの財産のほかにローンや借金などマイナスの財産も対象です。…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.7

お金の管理見直しと資産管理表で家計をスッキリ見える化

 高齢になると認知症でなくてもお金の管理がわずらわしくなります。ましてや老後破産はしたくないもの。ライフスタイルの変化に…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.6

家系図をつくりましょう

身の回りの情報の整理を考えるとき、ぜひ作って欲しいものに「家系図」があります。私がおすすめするのは親兄弟など3~4親等程…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.5

コロナ禍も医療費控除で賢く節税

 「ねえ、マスク代って医療費控除にならないの?」。友人からこんな質問が飛び出しました。そこで医療関係で賢く節税するための…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.4

重篤な状態になったらどうしたいですか?

 自分が重篤になったとき、「どうして欲しいか」について考えたことはありますか?近頃では医療や介護の現場で終末期医療の希望…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.3

ID・パスワードは一括管理しましょう!

 最近増えてきたID、パスワードや暗証番号。皆さんはどのように管理されていますか?…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.2

エンディングノートは重要です!

 「金庫の鍵が見つからない!」そこで仕方なくプロに金庫の開錠を依頼した。これは、27年前父が急死した時のことです。おまけ…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子

情報の整理 Vol.1

お薬手帳は1冊です !

 本誌191号で片付けのプロとして登場いただいた、整理収納アドバイザー・寺嶋恭子さんの新連載がスタートしました。  寺…

■整理収納アドバイザー:寺嶋恭子