このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >みずうみへ行こう >VOL13「ペンケトー、パンケトー」

アイヌの人たちは湖のことを「ト」とよびました。「ととき」は湖のゆったりとした時を楽しむシリーズ。毎月道内の湖畔の風景をお届けします。一息つきたいあなたへ、湖畔時間の便りです。ちょっとひと休みしましょう。

vol.13:ペンケトー、パンケトー

ペンケトー、パンケトー

 阿寒湖の温泉街から弟子屈に続く国道241号を約20分ほど走ると、道路脇に双湖台という場所がある。名前の通り、ここから二つの湖が見えるらしい。展望スポットのようだが、駐車場からだと樹が邪魔してよく見えない。展望台まで歩けばいいのだろうが、冬で足元も悪い。横着してドローンの目を借りてみた。

 ふわっと上昇すると、すぐに二つの湖、ペンケトーとパンケトーがモニター越しに姿を現した。「ト」がアイヌ語で湖を意味することは本欄の読者はもうご存知のはず。同じくアイヌ語で「ペンケ」は「上」、「パンケ」は「下」なので、川の上流にあるのがペンケトー(写真手前)、下流にあるのがパンケトー(同奥)ということになる。左側にそびえるのは雄阿寒岳で、この裏側に阿寒湖がある。

  資料によれば阿寒湖は昔はペンケトー、パンケトーも含む大きな一つの湖だったらしい。なるほどそう言われて改めて地図を見ると、大きな湖に雄阿寒岳がせり上がってきて、東側にペンケトー、パンケトーが取り残される形になったのがよくわかる。
 両方の湖とも陸路での一般人の接近はほぼ無理。クマも多くいるらしい。遠くから眺めるだけにしておこう。

写真:山本由紀夫(株式会社エンターリム) ※国土交通省の許可を得て撮影しています。


バックナンバー

みずうみへ行こう Vol.13

ペンケトー、パンケトー

阿寒湖の温泉街から弟子屈に続く国道241号を約20分ほど走ると、道路脇に双湖台という場所がある。名前の通り、ここから二つの湖が見えるらしい。

みずうみへ行こう Vol.12

ポロト湖

見事な借景だった。窓の外に見えるのは、白老のポロト湖。全面結氷している。

みずうみへ行こう Vol.11

然別湖

 鹿追町から糠平湖に向けて道道85号を北上すると、この湖に着く。

みずうみへ行こう Vol.10

糠平湖

 上士幌から層雲峡に向けて北上する国道273号沿いにこの湖はある。

みずうみへ行こう Vol.9

ウトナイ湖

 苫小牧にあるウトナイ湖は、渡り鳥の聖地だ。

みずうみへ行こう Vol.8

摩周湖

必ず「霧の」という枕詞がつくほど、摩周湖と霧は関係が深いらしい。だが、この日はよく晴れていた。夏に訪れたときも快晴だった。

みずうみへ行こう Vol.7

シラルトロ湖

 シラルトロ沼とも呼ばれるこの湖は釧路湿原国立公園の中、標茶町にある。

みずうみへ行こう Vol.6

屈斜路湖

 道東、弟子屈町にある日本でいちばん大きなカルデラ湖だ。

みずうみへ行こう Vol.5

倶多楽湖

 地図で見ると、登別温泉のそばにコンパスで丸く円を描いたような、まん丸の湖がある。

みずうみへ行こう Vol.4

忠別湖

旭川や美瑛方面から旭岳や層雲峡に行く途中に見えるのがこの湖だ…

みずうみへ行こう Vol.3

シューパロ湖

国道452号、夕張市から旭川へ通ずる道で、車を降り、シューパロ湖を見下ろした…

みずうみへ行こう Vol.2

支笏湖

札幌方面から支笏湖へ向かって国道453号を走る…

みずうみへ行こう Vol.1

洞爺湖

湖の上を、走る人を見た。柔らかな針で縫うように。