このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >よみもの >「パイロットが語る地方路線の魅力」(2023/3/20)

VOL29:パイロットが語る地方路線の魅力

特集関連よみもの
『パイロットが語る地方路線の魅力』

末岡幸明(こうめい)さん
 JAL、J-AIR、FDA 元機長

 大学生のときに、JAL(日本航空)が自社養成でパイロットを募集することを新聞で知り、へぇこういうのもあるんだ、と思い応募したのがきっかけです。試験は6次まであったのですが、最初は3次試験で不合格になりました。そしたらがぜんパイロットになりたくなり、2度目の挑戦で1974年にJALに採用となりました。小樽生まれで、中学生か高校生のころ丘珠でグライダーに15分くらい体験搭乗するというイベントがあったのですが、思えばその記憶がどこかにあったのかもしれません。

 当時は座学は日本で、実機訓練はアメリカでやっていました。昔は操縦室は3名体制で、JALではまず航空機関士として5年間の乗務からスタートする決まりでした。当時の主力機であったボーイング747(ジャンボ)です。操縦士の資格を取ったあとに、航空機関士の資格を取るんですね。今は3名で飛ぶことはないので最初が副操縦士となりますが、昔は違ったんです。その後、34歳で副操縦士となりジャンボの操縦桿を握りました。45歳のとき、ボーイング767の機長になり、それからマクダネルダグラスのMD-11、そしてボーイング777と続きます。飛行機のライセンスは機種ごとに取るんですよ。いずれも国際線を担当することが多かったです。

 2009年、JALグループのジェイエア(J-AIR)に移り、そこで初めて小型のリージョナルジェットのエンブラエル機に乗りました。これまで経験したことがない地方路線だったのですが、いやぁ、これが面白かったんですよね。国際線だと飛ぶ距離が長いですから、ずっとレーダーの誘導に従って飛んで、空港が近くなったら「はい、じゃあ降りて下さい」っていう指示で着陸します。パイロットも複数名乗っているので、担当する離着陸はけっこう少ないんです。でも地方路線では一日に4回くらいフライトがあるときもあります。当然離着陸の回数も増えますし、自分で考えて飛ぶ余地が大きいというか、それがとても楽しいんですよね。パイロットとしての達成感があります。

 その後、フジドリームエアラインズ(FDA)に移り、同じエンブラエルに乗りました。ジャンボのような巨大旅客機からエンブラエルのような小型機まで体験したのですが、飛行機の挙動や操縦感覚はそれほど変わるものではないですね。操縦桿のフィーリングはやっぱり飛行機によって違うんですが、小さいエンブラエルの方がジャンボよりも操縦桿は重かったです。ラストフライトは2014年2月、高知から名古屋小牧のフライトでした。約40年間のパイロット生活の最後、なかなか感慨深いものがありましたよ。

 操縦桿を握らなくなってからは、FDAのシミュレーター教官として、若いパイロットの育成、指導に当たりました。コックピットに同乗してモニターしているときに、初めて丘珠空港へのアプローチで見た風景は忘れられません。西側の石狩湾からアプローチのときは、ちょうど小樽の上空から降りて行くのです。生まれ故郷の小樽の町を初めて空から見ました。もう空港が近いですから高度も低くなっています。小樽湾の堤防が本当によく見えて、ああ、こう見えるのか、と感激した記憶があります。

 2023年の1月で完全に引退しました。もう飛ぶ事はないかと思いますが、やっぱりわくわくする世界なんですよ。ときどき恋しくなりますね。

機長席に座る末岡さん
ラストフライトでエンブラエルの機長席に座る末岡さん。M字型の操縦桿はエンブラエル機の特徴。(写真は本人提供)



小林啓良(けいすけ)さん
 HAC (北海道エアシステム)機長

 大阪出身です。子どものころに「白い滑走路」(注:1974年 TBS系)というテレビドラマがありましてね。パイロット役の田宮二郎がかっこよくて、かっこよくて。「絶対にパイロットになりたい!」と思いましたね。JALが全面的に協力して作ったドラマで実機を飛ばして撮影したりしてるんですよ。胸がときめきました。

 パイロットを目指し、その関係の大学に行こうと思って受験したのですが、目の問題で身体検査で不合格になりました。普通の大学を出て、地元で消防士をやったりしていましたが、パイロットの夢は諦めきれず、目を手術して直しました。アメリカに渡り、自費で飛行機の操縦士資格を取りました。日本に戻ってから事業操縦士の資格も取り、そこからの就職活動です。

 31歳のとき、ジャパンエアコミューター(JAC)に採用されエアラインパイロットとなりました。そこでは9年間、サーブ(SAAB340)に乗りました。スウェーデン製のプロペラ機で、HACでも使っていたんですよ。(注:HACでは2021年12月まで運航)

 それから、北九州のスターフライヤー、ピーチ、その後エアアジア(注:現在は日本から撤退)と移り、この3社ではエアバスA320というジェット機でした。HACに入ったのは2018年2月です。サーブから、同じプロペラ機のATR42-600となり、現在はATRで道内を飛んでいます。プロペラ機と言ってもATRはコンピュータ化が進んでいて、ずいぶん進化した感じがします。

 いろいろな飛行機に乗りましたが、どれが楽しいかというと、どれもそれぞれ楽しいんですよ。ジェット機とプロペラ機では飛ぶ高度が違います。ジェット機の方は高高度ですから、下の景色がよく見えません。プロペラ機は高度が低いですから窓からの景色は面白いですね。エアバスの飛行機は操縦桿がジョイスティックなんですよ。ゲーム機みたいでしょ。最初はふにゃふにゃして戸惑いましたけど、まあ慣れですね。特に問題ないです。

 北海道の地方路線を飛んでいて思うのは、待たされることがまず無いのがいいですね。羽田や福岡のような超混雑空港では待たされる事が多くて大変でしたよ。

 私の趣味の模型を展示するなんてのも、丘珠空港だからできたことですね。大きな空港では無理でしょう。地元の航空ファンの人たちともつながれて、コミュニティー感覚があります。

丘珠空港に飾られている飛行機模型は小林さんの作
丘珠空港に飾られている飛行機模型は小林さんの作。手に持っているのは最近完成したジャンボ機の模型。原型はプラモデルだが、2階席の窓の数が実際のものとは違って3つしかなかったので、自分で窓を増設した。小林さんが乗るのは、写真左下に写っているATR42-600。

全文を読むにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード
自動ログイン

よみもの バックナンバー

よみもの vol.29 2023年3月20日

パイロットが語る地方路線の魅力

大学生のときに、JAL(日本航空)が自社養成でパイロットを募集することを新聞で知り、へぇこういうのもあるんだ、と思い応募したのがきっかけです。読む

よみもの vol.28 2022年6月20日

オススメ映画紹介 『峠 最後のサムライ』

 幕末の長岡藩は、会津を征伐しようとする新政府軍の進軍路にあった。その藩に忽然と現れ、藩の独立と「武装中立」を頑なに推し進めようとしたのが河井継之助(つぎのすけ)だ。読む

よみもの vol.27 2022年6月20日

オススメ映画紹介『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』

この映画は僧侶であり国民的作家で、昨年亡くなった瀬戸内寂聴を描いた希有なドキュメンタリーだ。読む

よみもの vol.26 2022年1月17日

十勝川温泉ってどんなとこ?

 十勝川温泉は十勝平野の中にこつぜんと現れる温泉地だ。「温泉地」という言葉からイメージされるような山や渓谷というものはない。読む

よみもの vol.25 2020年11月16日

ドイツのクリスマスは「自分の心に近づく」季節

シュトレンの本場、ドイツではクリスマスをどう過ごし、どんなときにシュトレンを食べるのだろう。札幌在住でNPO法人・八剣山エコケータリング代表のビアンカ・フュルストさんに聞いてみた。読む

よみもの vol.24 2020年11月16日

オリジナリティのある新しいシュトレン2選

北海道のパンやお菓子の店にはシュトレンがすっかり定着した。毎年楽しむ人が増えた証といってもいいだろう。そうした中、お客の幅が広がるにつれ、オリジナリティのあるシュトレンも登場している。読む

よみもの vol.23 2020年5月18日

魚商いの原点と和商市場

釧路市の住宅街で偶然、行商する人を見つけた。リヤカーの主は、新木トシ子さん。お天気の日の昼ごろ、和商市場あたりからひと回りするという。住宅や店の前で停めるたびに人が出てきて、おしゃべりしながら買物が始まる。読む

よみもの vol.22 2020年4月20日

鐵の素クッキー

 箱に入っているのは、茶色い鉄鉱石、黒い石炭、白い石灰石の三種類、を模したクッキーだった。箱の中にそれらの本物を写した写真が入っているが、クッキーの写真かと思うほどそっくりだ。鉄鉱石はココア、石炭は黒ゴマ、石灰石はきな粉味だ読む

よみもの vol.21 2020年4月20日

解体寸前の方針変更、残った円形校舎

  室蘭市にあり、2014年に閉校した室蘭市立絵鞆(えとも)小学校に円形の校舎が2棟並んで建っている。一棟は教室、もう一棟は体育館で、昭和30年代に建てられた体育館棟は老朽化のため、解体の方針が出ていた。読む

よみもの vol.20 2020年3月17日

​白老に住んだ版画家、川上澄生

 昭和20(1945)年3月、第2次大戦のさなか、栃木県から戦火を逃れて、1人の版画家が妻の親類のいる白老に引っ越してきた。​その名を、川上澄生という。読む

よみもの vol.19 2020年3月17日

白老、飛生(とびう)に集うアーティストたち

​ 白老町に、飛生(とびう)という場所がある。今は「字竹浦」という地名になったが、「飛生」は町内会や川の名前に残る。人家も少ないところだが、かつてここには「飛生小学校」があった。読む

よみもの vol.18 2020年2月17日

札幌生まれの昔イチゴ その名も「さとほろ」

昭和の頃、札幌のイチゴは甘酸っぱくて柔らかかった。市内の果樹園は今もイチゴを栽培するが、果肉がしっかりした品種が主流。そんな中、わずか数軒が作る「さとほろ」という品種がある読む

よみもの vol.17 2019年11月18日

遺跡を訪ねる(恵庭・千歳)

明治の米作りの時期から一気に3000年ほど時を戻し、縄文の時代をのぞいてみたい。読む

よみもの vol.16 2019年9月17日

スウェーデンヒルズから始まった北欧との繋がり

当別町と北欧との関係は、日本とスウェーデンの協力により、日本にスウェーデン村を作る目的で、輸入住宅地・スウェーデンヒルズを同町に民間業者が開発したことに始まる。読む

よみもの vol.15 2019年7月17日

天塩川流域、食のプロたちが集まる「アマムの会」

 今回の特集で取り上げたパンやバターができるまでに、大きな役割を果たしたのが「アマムの会」というグループの存在だ。これは、道北、天塩川流域の農家、食品製造者、料理人など、おいしものを作っている人たちが中心となって、地域の食文化の向上と発信を進めるための団体だ。読む

よみもの vol.14 2019年6月17日

寿都町ってどんなまち?

 寿都町は積丹半島の西側に位置し、日本海に北に向けてぽっかりと口を開けたようなきれいな弓形の湾に沿って町がある。札幌から約150キロ。読む

よみもの vol.13 2019年5月20日

下川の木材で、木のいのちも喜ぶものづくり。

森と林業の町、下川。そこが産する木材を利用して木工品を作っている工房が札幌にある。チエモク株式会社。社名は社長の三島千枝さんの名前にちなむ。読む

よみもの vol.12 2019年4月16日

江差といえば江差追分と姥神大神宮渡御祭

全国、全世界に愛好者のいる民謡「江差追分」、北海道最古の神社といわれる姥神大神宮の大祭、「姥神大神宮渡御祭(とぎょさい)」。読む

よみもの vol.11 2019年3月18日

黒松内でもう一件「和生菓子 すずや」

 町外れの山の中、こんなところに和菓子屋さん?と思うような意外な場所にある、夫婦で営む小さなお店。読む

よみもの vol.10 2018年11月19日

中標津の。

「FMはな」の愛称で親しまれるコミュニティFM局が中標津町にある。正式名称は「FMなかしべつ放送株式会社」。使用周波数の87MHzから「はな」の名前がついた。読む

よみもの vol.9 2018年10月15日

創世スクエア、アート&トリビア

創世スクエアでは、屋内でアート作品に出会える。北海道ゆかりの作家4名。読む

よみもの vol.8 2018年9月18日

ぶらぶらと 定山渓まで ドライブ日記

定山渓を目指し、車で出かけた。  目的地に着く前に、いろいろと寄りたいところがある。読む

よみもの vol.7 2018年9月18日

定山渓の食事どころ

かつて、定山渓にも多くの定住人口があった時代があった。製材、営林署、豊羽鉱山、鉄道。何よりホテルや旅館の多くの従業員が、家族で会社の寮に住んでいた。読む

よみもの vol.6 2018年7月17日

「円山といえば」「カレーでしょう!」

「円山球場の名物は何か」と野球好きの知り合いに尋ねたら、「それはカレーだろう」とのことだった。野球に関係することではなくカレーなのか、と思ったが、ひとまず食べに出かけてみることにした。読む

よみもの vol.5 2018年7月17日

野球、女子もしてみむ

女子高生のやる野球なら、きっと少しゆったりしたものなのだろう、送球も山なりなんじゃないか、と思っていた。読む

よみもの vol.4 2018年6月18日

夕張に通い詰めた、亡き会長の思いをつなぐ

夕張メロンの初競りが行われた札幌中央卸売市場。競りの開始午前7時めがけて、報道陣や関係者が特設の競り会場に続々と集まり始めていた。読む

よみもの vol.3 2018年5月21日

もっと知りたい、札幌軟石。

辻石材工業株式会社の札幌軟石採掘所に行くと、軟石のでき方がよくわかる。熱がこもらなかった上の層は降り積もった火山灰がそのまま残る。読む

よみもの vol.2 2018年4月16日

自由に生きる、キャラクターたち 工房アルティスタ 永谷久也さん

札幌市の中心部、商業施設の地下に通じる階段に、30人ほどが列を作って並んでいた…読む

よみもの vol.1 2018年4月16日

ふわふわ、こんにちは。「ふわふわラムキン」作者 大家典子さん

北海道の羊の毛でできたマスコット、「ふわふわラムキン」。すべて大家(おおいえ)典子さんの手から生まれる。読む

先頭へ戻る