AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひ会員登録の上、ログインしてご利用ください。

ふわふわ、こんにちは。

「ふわふわラムキン」作者 大家典子さん


 北海道の羊の毛でできたマスコット、「ふわふわラムキン」。

 すべて大家(おおいえ)典子さんの手から生まれる。工房はマンションの一室。丸い羊毛のかたまりに、ふわふわさせるためにさらに羊毛を足していく。毛の表面を覆っているキューティクルをからませて定着させるために、ニードルと呼ばれる長い針のついた道具でひたすら刺してからめていく。シャカシャカシャカという音だけが部屋に響く。染色された羊毛で耳をつけ、目を入れ、鼻と口を赤い糸で刺繍して、ラムキンが生まれる。ラムキンは英語で「lambkin」、小さな子羊を意味する。工房での作業はいつも大家さんひとりで行う。


 夢見がちな少女だった。小学校4年生までサンタクロースを信じていた。 

 大家さんの実家はおもちゃ屋さんで、おもちゃに囲まれて育った。店では手芸用品も扱っていたので、毛糸やフェルトが身近にあり、よく触っていた。幼稚園の頃から編み物をしていた。小学校1年生のとき、かぎ針編みでつくったマスコットを転校生の女の子にあげた。それをすごくほめられ、喜んでもらえたのがとてもうれしかった。


 専業主婦生活を経て法律事務所で弁護士の秘書として働いていたが、ものを作ることにはずっと興味があった。勤めをしながら、札幌市立高専(現在の札幌市立大学)の工芸科に科目等履修生として1年間通い、漆塗りを勉強する。「日本の伝統工芸を学んでみたかった」と、大家さんは言う。10回以上の塗りの工程を経てできあがる漆塗り。「初めて、ものができる仕組みや、ものができるまでには時間と手間がかかるということがわかった」と話す。

 あるとき、シュタイナー教育の関係者が行ったフェルトづくりのワークショップに参加する。そこで触れた羊毛の手触りに、子供のころ、店の毛糸やフェルトをいじっていた指の感覚が一気によみがえり懐かしさがこみあげた。これがきっかけで羊毛での作品づくりが始まる。


北海道・恵庭の羊の毛が材料。丸くボール状になったもの(上)にニードルと呼ばれる針を刺しては抜き、キューティクルをからませてふわふわにしていく(下)。根気のいる作業だ。

 道外の友達に、北海道のクラフトを贈りたくていろいろ探したがいいものが見つからず、自分で作った羊毛の羊のマスコットを送ってあげた。これが好評だったのがラムキンのスタートとなった。

 法律事務所を辞めて独立。北海道の羊毛を手に入れるため、そして、実際の羊毛を取る作業を自分の目で見るため、美深の羊農家で自分で羊の毛を刈った。

 今は恵庭市にある「えこりん村」で飼われている羊の毛を1年分まとめて買っている。刈った毛は1年分の汚れがついたまま袋に入って届く。ゴミを取り、ぬるま湯で粉石けんでつけ置き、手洗いする。しっかり乾かしたものが作品の材料となる。


 初期型は顔が正面を向いていたが、今はちょっと上を向くようにしている。上目遣いでみあげられているような感じだ。棚に並んでいると「連れて帰って」と言われているような気になる。

 ふわふわラムキン誕生から15年。これまで約5万頭が大家さんの手元から旅立って行った。

(文・写真:吉村卓也)

この大きなラムキンは、映画の小道具として人気だそう。

女性主人公の部屋のインテリアとして置かれることが多いそうだ。


よみものバックナンバー

187号(2020年3月17日)

​白老に住んだ版画家、川上澄生

 昭和20(1945)年3月、第2次大戦のさなか、栃木県から戦火を逃れて、1人の版画家が妻の親類のいる白老に引っ越してきた。​その名を、川上澄生という。…

187号(2020年3月17日)

白老、飛生(とびう)に集うアーティストたち

​ 白老町に、飛生(とびう)という場所がある。今は「字竹浦」という地名になったが、「飛生」は町内会や川の名前に残る。人家も少ないところだが、かつてここには「飛生小学校」があった。…

186号(2020年2月17日)

札幌生まれの昔イチゴ その名も「さとほろ」

こんなイチゴも……

183号(2019年11月18日)

遺跡を訪ねる(恵庭・千歳)

明治の米作りの時期から一気に3000年ほど時を戻し、縄文の時代をのぞいてみたい。…

181号(2019年9月17日)

スウェーデンヒルズから始まった北欧との繋がり

 当別町と北欧との関係は、日本とスウェーデンの協力により、日本にスウェーデン村を作る目的で、輸入住宅地・スウェーデンヒルズを同町に民間業者が開発したことに始まる。1983年に財団法人としてスウェーデン…

179号(2019年7月17日)

天塩川流域、食のプロたちが集まる「アマムの会」

 今回の特集で取り上げたパンやバターができるまでに、大きな役割を果たしたのが「アマムの会」というグループの存在だ。これは、道北、天塩川流域の農家、食品製造者、料理人など、おいしものを作っている人…

178号(2019年6月17日)

寿都町ってどんなまち?

 寿都町は積丹半島の西側に位置し、日本海に北に向けてぽっかりと口を開けたようなきれいな弓形の湾に沿って町がある。札幌から約150キロ。…

177号(2019年5月20日)

下川の木材で、木のいのちも喜ぶものづくり。

札幌の木工クラフト工房 チエモク

176号(2019年4月16日)

江差といえば江差追分と姥神大神宮渡御祭

その両方が分かる「江差追分会館・江差山車会館」へ

175号(2019年3月18日)

黒松内でもう一件「和生菓子 すずや」

 町外れの山の中、こんなところに和菓子屋さん?と思うような意外な場所にある、夫婦で営む小さなお店。

171号(2018年11月19日)

中標津の。

「とみおかクリーニング」のある中標津と、 その町に関するものを紹介します…

170号(2018年10月15日)

創世スクエア、アート&トリビア

創世スクエアでは、屋内でアート作品に出会える。北海道ゆかりの作家4名…

169号(2018年9月18日)

定山渓の食事どころ

この三店、昔からあります
「生そば紅葉亭」、「可楽」、「フランセ」…

169号(2018年9月18日)

ぶらぶらと 定山渓まで ドライブ日記

定山渓を目指し、車で出かけた。  目的地に着く前に、いろいろと寄りたいところがある。…

167号(2018年7月17日)

野球、女子もしてみむ

札幌新陽高等学校女子硬式野球部…

167号(2018年7月17日)

「円山といえば」「カレーでしょう!」

球場のカレー、ファン多し。…

166号(2018年6月18日)

夕張に通い詰めた、亡き会長の思いをつなぐ

夕張メロンピュアゼリー(株式会社 ホリ)…

165号(2018年5月21日)

もっと知りたい、札幌軟石。

石の専門家に聞きました 岡本研(きわむ)教授 東海大学札幌キャンパス・札幌教養教育センター…

164号(2018年4月16日)

ふわふわ、こんにちは。「ふわふわラムキン」作者 大家典子さん

北海道の羊の毛でできたマスコット、「ふわふわラムキン」。…

164号(2018年4月16日)

自由に生きる、キャラクターたち 工房アルティスタ 永谷久也さん

札幌市の中心部、商業施設の地下に通じる階段に、30人ほどが列を作って並んでいた……