AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひ会員登録の上、ログインしてご利用ください。

野球、女子もしてみむ

札幌新陽高等学校女子硬式野球部

 女子高生のやる野球なら、きっと少しゆったりしたものなのだろう、送球も山なりなんじゃないか、と思っていた。そんな先入観は、練習を見て完璧に打ち砕かれた。

 練習場のグラウンドを最初に遠目から見たとき、てっきり男子が練習しているのだと思った。近づくにつれ、聞こえてくる掛け声が少し甲高い。よくよく見ると、まさに女子。野球帽の後ろからポニーテールが出たりしている。

 ゴロのさばき方、ピッチャーの腕の振り、三塁から一塁へのまっすぐな送球、脚をいっぱいに伸ばしてキャッチする一塁手、バットのスイング。まさに「野球」であった。

 練習していたのは、札幌新陽高等学校女子硬式野球部。2017年に創設された北海道で唯一の高校の女子野球部だ。現在、1〜2年生で49名の部員がいる。道内各地、東北や関東からの入学者もいて、多くが寮生活を送る。北海道では300校以上、全国では4000校近くの高校硬式野球部があるが、女子硬式野球部を持つのは全国でも26校に過ぎない。

キャプテンの金桃花さん。投打に活躍する。

キャプテンの金桃花さん。投打に活躍する。

 キャプテンを務めるのは、2年生の金桃花さんだ。金さんは小学校、中学校と男子チームの中の女子1人で野球を続けてきた。さまざまなポジションをこなしチームの主力選手だったが、ピッチャーだった中学時代、ポジションを外される。理由は「すぐ泣くから」。

 「今はもう泣きません」と笑う金さんは、再び投手としてもマウンドに立つ。110キロの球を投げる。

 「女子だと、考えていることが近い感じがしてコミュニケーションは取りやすいですね。でも男子の中でやっていたときも特に問題はありませんでした」と語る。卒業しても野球は続けたい、海外で野球を教えるのもいいな、と思っている。

「プレミアムプレス」(紙版)からの続きはここからです。

 部員の2年生、吉澤栞奈(かんな)さんは旭川出身で寮生活を送る。

 小学校1年生から野球を始め、小学校では軟式の少年野球でプレー。女子は吉澤さん1人だけだった。小学校高学年では、女子の方が男子より体が大きい場合が多く、そのため「チームを引っ張っていたのは自分でした」と語る。中学になってからは、地元の少年硬式野球チームに入る。ここでも女子は1人だけ。中3になって進路を決めるときには、北海道には野球を続けられる学校がなく、道外への進学を考えていたときに、新陽高校の創部の話を聞き、心を決めた。

 2017年、日本代表の選考の最後の30人までに残ったが、叶わず。3年生になったらもう一度挑戦する予定だ。

石井宏監督の元、練習に励む選手たち。

石井宏監督の元、練習に励む選手たち。

 監督を務めるのは、同校教諭の石井宏先生。帯広出身。大学野球を経て、阪急ブレーブス(現オリックス・バッファローズ)でプレーした後、2016年3月まで京都の私立高校で女子硬式野球部を指導。高齢の両親のこともあって北海道に戻ることを考えていたとき、女子のための野球部の新設を目指していた新陽高校の荒井優校長から声がかかり、引き受けた。関西に家族を残し、単身赴任で部員たちと同じ寮で暮らす。

 「やはり女の子ですから、目の届くところで見ていないと心配、いう気持ちはありますね」と言う。

 コーチには、全日本女子軟式野球選抜メンバーだった青山真里子教諭を迎えた。来年度の入学生が入ると、3学年がそろう。

 「小中学校で少年野球の主力メンバーだった子が多いですね。そういう子たちが道外に出なくても野球を続けられるようになりました」と話す。

 チームは2017年夏の全国大会では一回戦で敗退したが、2018年の春の選抜大会ではベスト8に入った。現在、7月下旬から兵庫県で行われる全国大会に向けて、練習を続ける。

​(文・写真:吉村卓也)

よみものバックナンバー

187号(2020年3月17日)

​白老に住んだ版画家、川上澄生

 昭和20(1945)年3月、第2次大戦のさなか、栃木県から戦火を逃れて、1人の版画家が妻の親類のいる白老に引っ越してきた。​その名を、川上澄生という。…

187号(2020年3月17日)

白老、飛生(とびう)に集うアーティストたち

​ 白老町に、飛生(とびう)という場所がある。今は「字竹浦」という地名になったが、「飛生」は町内会や川の名前に残る。人家も少ないところだが、かつてここには「飛生小学校」があった。…

186号(2020年2月17日)

札幌生まれの昔イチゴ その名も「さとほろ」

こんなイチゴも……

183号(2019年11月18日)

遺跡を訪ねる(恵庭・千歳)

明治の米作りの時期から一気に3000年ほど時を戻し、縄文の時代をのぞいてみたい。…

181号(2019年9月17日)

スウェーデンヒルズから始まった北欧との繋がり

 当別町と北欧との関係は、日本とスウェーデンの協力により、日本にスウェーデン村を作る目的で、輸入住宅地・スウェーデンヒルズを同町に民間業者が開発したことに始まる。1983年に財団法人としてスウェーデン…

179号(2019年7月17日)

天塩川流域、食のプロたちが集まる「アマムの会」

 今回の特集で取り上げたパンやバターができるまでに、大きな役割を果たしたのが「アマムの会」というグループの存在だ。これは、道北、天塩川流域の農家、食品製造者、料理人など、おいしものを作っている人…

178号(2019年6月17日)

寿都町ってどんなまち?

 寿都町は積丹半島の西側に位置し、日本海に北に向けてぽっかりと口を開けたようなきれいな弓形の湾に沿って町がある。札幌から約150キロ。…

177号(2019年5月20日)

下川の木材で、木のいのちも喜ぶものづくり。

札幌の木工クラフト工房 チエモク

176号(2019年4月16日)

江差といえば江差追分と姥神大神宮渡御祭

その両方が分かる「江差追分会館・江差山車会館」へ

175号(2019年3月18日)

黒松内でもう一件「和生菓子 すずや」

 町外れの山の中、こんなところに和菓子屋さん?と思うような意外な場所にある、夫婦で営む小さなお店。

171号(2018年11月19日)

中標津の。

「とみおかクリーニング」のある中標津と、 その町に関するものを紹介します…

170号(2018年10月15日)

創世スクエア、アート&トリビア

創世スクエアでは、屋内でアート作品に出会える。北海道ゆかりの作家4名…

169号(2018年9月18日)

定山渓の食事どころ

この三店、昔からあります
「生そば紅葉亭」、「可楽」、「フランセ」…

169号(2018年9月18日)

ぶらぶらと 定山渓まで ドライブ日記

定山渓を目指し、車で出かけた。  目的地に着く前に、いろいろと寄りたいところがある。…

167号(2018年7月17日)

野球、女子もしてみむ

札幌新陽高等学校女子硬式野球部…

167号(2018年7月17日)

「円山といえば」「カレーでしょう!」

球場のカレー、ファン多し。…

166号(2018年6月18日)

夕張に通い詰めた、亡き会長の思いをつなぐ

夕張メロンピュアゼリー(株式会社 ホリ)…

165号(2018年5月21日)

もっと知りたい、札幌軟石。

石の専門家に聞きました 岡本研(きわむ)教授 東海大学札幌キャンパス・札幌教養教育センター…

164号(2018年4月16日)

ふわふわ、こんにちは。「ふわふわラムキン」作者 大家典子さん

北海道の羊の毛でできたマスコット、「ふわふわラムキン」。…

164号(2018年4月16日)

自由に生きる、キャラクターたち 工房アルティスタ 永谷久也さん

札幌市の中心部、商業施設の地下に通じる階段に、30人ほどが列を作って並んでいた……