このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー」(2022/4/18)

VOL7:北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道遺産完全ガイド

北海道遺産完全ガイド

67件の北海道遺産を豊かなビジュアルで総覧

 2001年に選定が始まった「北海道遺産」。準備段階から常にその精神的支柱として遺産構想をリードした故辻井達一北大名誉教授は、様々な地域資源に光を当て、そこに人が集う仕組みを老若男女がまじわりわいわい楽しく議論しながら作り上げる、そんな魔法が掛けられる人だった。文化財的価値だけでなく「担い手」「思い入れ」「らしさ」を基準とすることで、遺産が地域の未来の核を創る。こうして20年で67の遺産が選定された。豊富な写真と的確適量の解説が付され、地域の夢を楽しく巡るのに最適な1冊だ。

著者 佐藤圭樹
出版社 北海道新聞社
発行 2021年6月16日
価格 1870円(税込)

さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

札幌の文化と風俗と歴史が凝集した小宇宙

ページをめくる手がなかなか動かない。小さなラベルひとつひとつの意匠から、その時代の空気や匂いまで立ち昇り、目が離せなくなる。それらが記憶と結びつくことで様々な発見があり、また次の疑問がわき、自分の奥深くに潜む言葉にならない感覚がうずくのだ。大正期から昭和30年代までの小さな文化財たち。収録された1200点もの燐寸箱は著者のコレクションのごく一部といい、それらをカテゴライズして見事な時代絵巻に仕立てた編者の力量もすごい。この小宇宙を、ゆっくりと味わっていただきたい。

著者 上ヶ島オサム 
編者 和田由美
出版社 亜璃西社
発行 2021年8月7日
価格 2200円


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る