このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新聞の片隅に >「新聞のチカラ」(2024/1/15)

VOL22:新聞のチカラ

※写真は記事内容と直接関連していません

 政治とカネの問題の追及は、社会部記者に課せられた至上命令だった。

 東京社会部にいた2007年、当時の第1次安倍内閣は足元が揺らいでいた。農水相だった松岡利勝氏が事務所費問題発覚後に自殺。その後任の赤城徳彦氏も事務所費問題で辞任に追い込まれた。

 国民に見えないカネで政治が左右されることは許されない。東京社会部では調査報道班を結成し、大量の収支報告書と格闘しながら安倍内閣の政治とカネの問題を追った。私はその担当デスクだった。

 赤城氏の後任として農水相に就いたのは、山形選出の遠藤武彦氏。その遠藤氏の地元での評判を聞こうと山形総局に電話をした。このとき、電話に出た記者から、遠藤氏が組合長をつとめる農業共済組合に関する匿名の手紙が総局に届いていることを知らされた。ファクスで送ってもらった文面には、組合が国から補助金を不正に受給している疑いが記されていた。

 社会部と山形総局の総力を挙げた取材が始まった。関係者の聞き取りなどで事実確認はできた。だが、遠藤氏本人と連絡が取れない。記事にするには当事者の弁明が不可欠だ。そんな中、遠藤氏が山形から新幹線で東京に向かっているという情報をつかむ。8月31日夜、東京駅から迎えの車に乗り込もうとしている遠藤氏を取材班の記者がつかまえた。

 「正式の場で。歩きながらでは答えられない」

 そんなコメントとともに、9月1日付けの朝刊1面トップに記事が載った。
 2日後、遠藤氏は辞任。その9日後、安倍首相が辞意を表明した。
 新聞のチカラを、いまこそ信じたい。

朝日新聞 前北海道支社長 山崎靖

全文を読むにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード
自動ログイン

新聞の片隅に バックナンバー

新聞の片隅に vol.23 2024年2月19日

天使の言葉

阪神・淡路大震災から29年が過ぎた。1月17日、大阪社会部の記者だった私は、ライフラインが止まった兵庫県西宮市のマンションに妻と1歳の長男を残し、ひとり自転車で飛び出した。読む

新聞の片隅に vol.22 2024年1月15日

新聞のチカラ

政治とカネの問題の追及は、社会部記者に課せられた至上命令だった。読む

新聞の片隅に vol.21 2023年12月18日

上沼恵美子さん

上沼恵美子さんを取材したのは、いまから29年前になる。39歳だった上沼さんはこの年、紅白歌合戦の司会に抜擢された。読む

新聞の片隅に vol.20 2023年11月20日

中標津の野湯

中標津町の養老牛温泉は名湯で知られる。札幌赴任中の一昨年10月、釧路市の友人と訪れた。読む

新聞の片隅に vol.19 2023年10月16日

藻岩山のクマ

ヒグマの足跡を初めて見た。札幌に赴任中の昨年3月、雪が残る藻岩山の登山道を歩いていると、数人が集まって同じ方向を覗き込んでいる。読む

新聞の片隅に vol.18 2023年9月19日

何のために伝えるのか

この夏、初めて奥尻島を訪れた。民宿の玄関棚に、島の名所を案内するパンフレットに交じって、一冊の本が立てかけてあった。読む

新聞の片隅に vol.17 2023年8月21日

戦後78年の夏

被害状況は目下調査中なるも極めて軽微の見込みなり  1945(昭和20)年7月15日の朝日新聞東京本社版の1面にこう記されている。読む

新聞の片隅に vol.16 2023年7月18日

ドンの王国

「参院のドン」 6月13日付朝刊1面の左下に、その文字があった。 読む

新聞の片隅に vol.15 2023年6月19日

ベイブルース

大谷翔平選手が新記録を打ち立てる度に比較されるベーブ・ルース。その名前を聞くと、ある漫才コンビを思い出す。読む

新聞の片隅に vol.14 2023年5月16日

MINAMATA

ジョニー・ディップ主演の映画「MINAMATA」で、真田広之演じる男が自らの体をチッソ水俣工場の鉄門扉に鎖で結びつけるシーンがある。読む

新聞の片隅に vol.13 2023年4月18日

空色の栞(しおり)

大惨事は澄み渡った青空の下で起きた。2005年4月25日、神戸総局のデスクだった私は、ひっきりなしにかかってくる電話を受けながら大量の原稿と格闘していた。読む

新聞の片隅に vol.12 2023年3月20日

AIと羽生さん

52歳の羽生善治と20歳の藤井聡太の新旧レジェンド対決となった王将戦。第2局では羽生の金打ちが流れを変えたと評されている。読む

新聞の片隅に vol.11 2023年2月20日

3月11日

「被災者」という言葉は使いたくなかった。 東日本大震災の直後に仙台総局のデスクとして赴任し、現場から送られる同僚記者の原稿に目を通しながら、その表現に違和感を覚えていた。読む

新聞の片隅に vol.10 2023年1月16日

はるかのひまわり

ダンプか何かが突っ込んだのかと思った。1月17日午前5時46分、ドンと突き上げられるような衝撃で起こされた。読む

新聞の片隅に vol.9 2022年12月19日

乳児誘拐事件

年末になると必ず思い出す事件がある。1989(平成元)年、入社2年目の私は兵庫県たつの市の駐在記者だった。読む

新聞の片隅に vol.8 2022年11月21日

ミサイルの現場

北緯40度11分、東経147度50分。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から発射されたミサイルが日本の頭上を越えて着弾したと思われる地点は、雲でかすんだ水平線しか見えない太平洋のまっただ中だった読む

新聞の片隅に vol.7 2022年10月17日

29年前の名刺

手もとに一枚の名刺がある。名前は「高橋治則」、肩書は「EIEインターナショナル取締役社長」。読む

新聞の片隅に vol.6 2022年9月20日

百年記念塔とウポポイ

北海道百年記念塔の解体がこの秋にも始まると報じられている。読む

新聞の片隅に vol.5 2022年8月15日

削り取られる戦争の記憶

朝日新聞の「声」欄では、偶数月の第3土曜日に「語りつぐ戦争」の特集を組んでいる。読む

新聞の片隅に vol.4 2022年7月19日

亡命者から旭川の英雄になったスタルヒン

高校野球の季節がやってきた。北北海道大会が開催されている旭川市のスタルヒン球場は、球場の名前にもなった大投手スタルヒンの像が出迎えてくれる。読む

新聞の片隅に vol.3 2022年6月20日

国に帰れない日本人たちがいた時代

ウクライナから隣国のハンガリーに避難した人たちの支援活動をした日本人医師の記事が地域面に載っていた。読む

新聞の片隅に vol.2 2022年5月16日

いちばん大切なこと

入社した1988年、赴任した姫路支局の玄関前には兵庫県警のパトカーが24時間待機していた。読む

新聞の片隅に vol.1 2022年4月18日

髙橋さんのこと

 災害級の大雪に見舞われた札幌にもようやく春が訪れた。その厳しかった冬のまっただ中に、私たち新聞製作に携わる者にとって忘れることのできない出来事があった。読む

先頭へ戻る