AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひ会員登録の上、ログインしてご利用ください。

『海炭市叙景』(2010年)
 監督:熊切和嘉 ロケ地:函館

 「人生のベスト映画は?」と聞いては相手を困らせている私だが、逆に質問されると真っ先に挙げるのが、映画「海炭市叙景」だ。「観ました」と稀に返されると「ありがとうございます!」と感謝し、「好きな作品です」と言われようものなら思わず握手したくなる。何を隠そう、私は製作実行委員のメンバー。もう10年ほど前になるが、映画化を応援し、ロケを手伝った市民スタッフの一人なのだ。

 原作は函館出身の作家、故・佐藤泰志による未完の連作短編小説。函館を想起させる架空の地方都市・海炭(かいたん)市を舞台に、行き場のない思いを抱える人々の暮らしが活写されていく物語だ。映画化は、函館の市民映画館「シネマアイリス」代表の菅原和博さんが発案し、市民有志を集めて実現。ほぼ絶版だった佐藤の小説が復刊されるなどブームを起こし、以降も「そこのみにて光輝く」(2014年、呉美保監督)「オーバー・フェンス」(2016年、山下敦弘監督)「きみの鳥はうたえる」(2018年、三宅唱監督)と佐藤作品の映画化を続けるきっかけとなった作品でもある。

 当時、函館の地域新聞記者だった私は、取材の傍ら、募金集めの朗読会やパネル作りに参加。いくら映画好きとはいえ、取材対象に肩入れするのはご法度だったかもしれない。けれど仕事の枠を超えて応援したのは、映画化のずっと前から佐藤文学を残そうと奔走していた人や、「佐藤さんの小説に救われた」という人の存在を知っていたから。何より私が「海炭市叙景」の世界に魅了されたからだ。仲間それぞれが熱い思いを秘めていて、そのドラマチックさに驚いていたら、いざロケが始まると、今度は映画のワンシーンが生まれるスリリングな瞬間に立ち会い、もう興奮の毎日だった。

 ロケの思い出はキリがないけれど、たとえば、造船所で働く兄を演じた竹原ピストルさんの一本気な演技に涙し(特に函館山頂で妹と別れるときの表情ときたら!)、ガス屋の若社長役・加瀬亮さんの集中力に圧倒。と思えば、愛猫と暮らすトキ婆さんを演じた市民キャストが強烈な存在感を放ち、プロの俳優を驚嘆させたことも嬉しいサプライズだった。緊張感みなぎる現場を陰で支える録音や照明、美術、衣装など職人スタッフたちの情熱に触れることができたのも忘れられない。

 そんなわけで、札幌の「シアターキノ」で迎えた完成上映会で私は号泣。その後もなかなか作品を客観視できなかったけれど、最近ようやく冷静に鑑賞して気づいたことがある。それは、ジム・オルークによる音楽の魅力。最初つたない印象だったメロディーが、登場人物たちが路面電車に乗り合わせるクライマックスでは重なり合い、美しい響きとなる。するとどうだろう、それまで痛々しい存在だった彼らが、まるで隣人のように思えてくるのだ。どんなにつらくても、悲しくても、この街で生きるしかない。彼らの心の声に共鳴するような優しい旋律は、北海道の片隅で生きる私自身に向けられたささやかな応援歌にも聞こえてくる。

 1本の映画は無数の思いと技術が積み重なってできている。スクリーンの裏側に広がるたくさんの物語を教えてくれた「海炭市叙景」は、私にとってはやっぱり特別なマイ・ベストムービーなのである。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)

ライター、ZINE「映画と握手」発行人。「きみの鳥はうたえる」はポーランドで開かれたアジア映画祭で特別賞を受賞!「ディノスシネマズ札幌劇場」が6月に札幌・狸小路で復活!嬉しい映画の話題が続いた2019年の暮れでした。

あなたと映画のエピソードお寄せください。

「大好きなあの作品」「忘れられない名シーン」など映画にまつわる思い出について投稿をお待ちしています!

コメントを寄せていただいた方から抽選で

  • 「映画と握手」カラー版3点セット 3名様
  • 「シアターキノ 映画鑑賞券」 5名様
をプレゼントいたします。(プレゼントは選べません)

※お寄せいただいた投稿は、紙面や本ウェブサイトに掲載させていただく場合がございます。

投稿するにはログインしてください
息子と一緒に見に行った映画を思い出します。
(sema さん)

男はつらいよのトラさんの背中が大好きでした

(笑顔日和 さん)

高校生の時に初めての彼氏と一緒にかっぱとくぅの夏休みを観に行ってドキドキのデートで映画どころじゃなかったのを今でも忘れられない甘酸っぱい思い出です。
(ホイップいちご さん)

オペラの実写映画が大好きです。でもなかなか札幌に出れません!最近はマリアカラス主演のカルメンが良かったです!
(fukutan さん)

オデッセイを観たら必ずじゃがいもが食べたくなります!
(亜梨 さん)

根っからの映画ファンで、観られる限り観ています。ある映画を観た後、全くその映画と同じシチュエーションに遭遇し、びっくりしたことが忘れられない思い出です。
(create さん)

学生時代につきあっていた彼と初めて行った映画「ブリット」スティーブマックイーンが主演でカッコ良かった。それからは車のレースに興味を持ち始めました。
カーレース場面のある映画を見たいです。
(pure さん)

コタンの口笛。
2人の姉弟が、偏見や壁にぶち当たりながらも、強く生きる姿に感動しました。また上映してほしいです。
(けぃたん さん)

鉄道員。あのギターの音色が、今も心に響いています。心が震えます。

(joyful さん)

高校生時代憧れの先輩と観た ある愛の詩。ドキドキで内容はあまり覚えておらず、後か観なおしました。
(kazunn さん)

「カイジ ファイナルゲーム」、何であんなくだらないわけの分からない映画を金をかけて作るのか。コミック等の安易な映画化、このままでは、日本映画界は滅ぶ。
(賢吉 さん)

「ラストレター」は久しぶりに観た名画です。松たか子、福山雅治が好演でした。
(けいこちゃん さん)

コミックや漫画の実写化に走っている日本映画界の堕落の中、「ラストレター」は、久しぶりに見た人生模様を描いた名画だ。邦画界よ、早く立ち直ってほしい。
(たっくん さん)

若い時は良く劇場で見たが、最近はもっぱらテレビで鑑賞です。
(道産子2 さん)

Vol.13

海炭市叙景

(2010年) 監督:熊切和嘉 ロケ地:函館

Vol.12

Love Letter

(1995年) 監督:岩井俊二 ロケ地:小樽

Vol.11

氷点

(1966年)監督:山本薩夫 ロケ地:旭川

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次