このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「芦別 炭鉱<ヤマ>とマチの社会史/復刻版「知里幸惠ノート」神謡集原稿」(2024/5/20)

VOL32:芦別 炭鉱<ヤマ>とマチの社会史/復刻版「知里幸惠ノート」神謡集原稿

芦別 炭鉱<ヤマ>とマチの社会史

写真と記録でたどる炭鉱地の足跡

炭鉱の地域再生やコミュニティー変遷の研究、生活史の記憶伝承を目的に大学教員や学芸員らが参加する「産炭地研究会」。そのメンバーがデータや郷土史、写真などを整理・分析し、聞き取り調査等の成果も合わせ、芦別に暮らした人々の足跡(フットプリント)を再現したのが本書だ。これを可能にしたのが最後の炭鉱閉山の翌年(1993年)開館した「星の降る里百年記念館」の膨大な資料群と、その収集管理保存を担い本書の執筆者の一人でもある長谷山隆博元館長の存在。他に例を見ない稀有な研究成果、後世への遺産となろう。

編著者 嶋﨑尚子ほか 
出版 寿郎社
発行 2023年12月28日
価格 4400円(税込)

復刻版「知里幸惠ノート」神謡集原稿

幸惠の息づかいを手もとに

旭川近文を訪ねた金田一京助。そこで出会った少女に送ったノートに、幸惠は祖母モナシノウクや伯母マツから聞き覚えたカムイユカラやウポポを、ローマ字書きのアイヌ語と日本語訳とで必死に綴った。そして短い生涯を捧げ『アイヌ神謡集』を完成させた。ノートは民族の口承文芸を初めて記した重要な歴史遺産として道立図書館に保存されている。本書はノート4冊と解説1冊からなる知里森舎版の再復刻版。筆跡からは文字にしぼりだす苦心や思いが感じられ、『アイヌ神謡集』とともに手もとに置きたい貴重な資料だ。

著者 知里幸惠
刊行 知里森舎
出版 藤田印刷エクセレントブックス
発行 2024年1月22日
価格 4400円(税込)

評者:鈴木幸夫 知床自然大学院大学設立財団理事・元朝日新聞文化財団事務局長

全文を読むにはログインしてください。


新 北海道の本棚 バックナンバー

新 北海道の本棚 vol.33 2024年6月17日

ほっかいどう地酒ラベルグラフィティー/遠別・里山の写真家 泊和幸

日本有数の米どころ北海道。/泊和幸。道北極寒の地で農業を営みながら、読む

新 北海道の本棚 vol.32 2024年5月20日

芦別 炭鉱<ヤマ>とマチの社会史/復刻版「知里幸惠ノート」神謡集原稿

写真と記録でたどる炭鉱地の足跡/幸惠の息づかいを手もとに読む

新 北海道の本棚 vol.31 2024年4月16日

左川ちか論集成/北海道絶滅動物館

甦る天才夭折詩人のすがた/圧巻の細密画とわかりやすい解説読む

新 北海道の本棚 vol.30 2024年3月19日

ユキエとくま/つながろう、たたかう世界の先住民!

はかなく悲しくも、気付きに満ちた物語/アイヌの先住権を、今こそ読む

新 北海道の本棚 vol.29 2024年2月19日

木版画家・阿部貞夫の生涯/手島圭三郎全仕事 増補改訂版

記憶に留めたい芸術家の生涯/北の生き物を活写した版画家の作品総覧読む

新 北海道の本棚 vol.28 2024年1月15日

アイヌもやもや/利尻島から流れ流れて本屋になった

「共生」という前に読むべき本/読めばわかる面白さ。エッセイの名手誕生読む

新 北海道の本棚 vol.27 2023年12月18日

〈戦争法制〉を許さない北の声/釧路湿原の文学史

戦争をしない思い、これからも/土地の記憶と文学の記録読む

新 北海道の本棚 vol.26 2023年11月20日

ウイスキーと風の味/新装版 知りたい北海道の木100

ウイスキー愛に溢れた凄い本/樹木を知るための最適な入門書読む

新 北海道の本棚 vol.25 2023年10月16日

海のアイヌの丸木舟/ユネスコ世界遺産登録記念 北の縄文世界と国宝

失われた権利回復の軌跡/縄文ファン必携の重要書籍読む

新 北海道の本棚 vol.24 2023年9月19日

北海道 大地の理(ことわり)/北千島アイヌ民族の記録

今こそ生かしたい道政の軌跡/歴史に留める貴重な書物読む

新 北海道の本棚 vol.23 2023年8月21日
新 北海道の本棚 vol.22 2023年7月18日

北海道旅事典/≪農都共生ライフ≫がひとを変え、地域を変える

北海道の旅のあれこれを凝縮/道内でも実践される期待の動き読む

新 北海道の本棚 vol.21 2023年6月19日

揺らぐ大地/アイヌの時空を旅する

純粋でまっすぐな4つの愛の物語/アイヌ民族の足跡を全身でたどる紀行読む

新 北海道の本棚 vol.20 2023年5月16日

借りた場所、借りた時間/高齢者と協働する地域学習プログラム集

深い取材と思索が濃縮された現代人への道しるべ/博物館の可能性拡げる秀逸な試み読む

新 北海道の本棚 vol.19 2023年4月18日

文政四年の激震〈相馬大作事件〉/アイヌ力よ!~次世代へのメッセージ~

近世北海道史の基層に切り込む/同朋への応援の声、上げ続ける読む

新 北海道の本棚 vol.18 2023年3月20日

たぬきの冬/スープカレー本

科学エッセイの名著、待望の復刊/ついに出たスープカレー本の決定版!読む

新 北海道の本棚 vol.17 2023年2月20日

先住民族アイヌを学ぶ/炭鉱町の少年

対話による学びの貴重な記録/記憶に留めたい産炭地の生活を活写読む

新 北海道の本棚 vol.16 2023年1月16日

アイヌ民族21の人物伝/増補改訂版 札幌の地名がわかる本

今を生きるアイヌにつながる人々/地名からさっぽろ史をたどる良書読む

新 北海道の本棚 vol.15 2022年12月19日

ふぞろいなキューリと地上の卵/ロシア近現代史

食と農を見直す格好の書/今こそ学びたい隣国ロシアの歴史読む

新 北海道の本棚 vol.14 2022年11月21日

ほっかいどう図書館物語 明治・大正期/おいしい北海道米ができるまで

図書館は地域発展の礎/北海道の米作りの歴史と「いま」がわかる!読む

新 北海道の本棚 vol.13 2022年10月17日

「銀河鉄道の夜」の謎を解く/日本怪異妖怪事典 北海道

宮澤賢治作品研究に独自の視点/北海道に伝承する怪異妖怪を総覧読む

新 北海道の本棚 vol.12 2022年9月20日

北海道が生んだ九人の横綱/[きのとや]の挑戦

戦後の北海道を元気づけた横綱たちの素顔/開拓者精神を体現した一代記読む

新 北海道の本棚 vol.11 2022年8月15日

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

研究生活32年の結晶/新たな才能の開花を目の当たりに読む

新 北海道の本棚 vol.10 2022年7月19日

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

精緻な作品分析で、監督が隠したものを探る/北海道の百貨店の歴史を深掘り!読む

新 北海道の本棚 vol.9 2022年6月20日

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

アイヌ文化を深く理解できる昔話集/見ごたえある市制100年記念写真集読む

新 北海道の本棚 vol.8 2022年5月16日

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

生誕百年、今も読み継がれる秘密/アイヌ文化の理解へ、絶好の入門書読む

新 北海道の本棚 vol.7 2022年4月18日

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

67件の北海道遺産を豊かなビジュアルで総覧/札幌の文化と風俗と歴史が凝集した小宇宙読む

新 北海道の本棚 vol.6 2022年3月22日

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

新約聖書の常識に挑む、意欲的論考集/いまこそ読みたい待望の古典的名著の復刊読む

新 北海道の本棚 vol.5 2022年2月21日

世界凹み旅/がんの「語り」

彫刻家と恋人の二人旅そして、作品の軌跡/がん体験を未来に役立てる読む

新 北海道の本棚 vol.4 2022年1月17日

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

大正ロマンを地で生きた詩人の発掘/未来を指し示す光の言葉たち読む

新 北海道の本棚 vol.3 2021年12月20日

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

ヒグマの生態や変化、街への出没理由と解決策を探る/色彩豊かで多様な韻律、朝日歌壇選者の到達点読む

新 北海道の本棚 vol.2 2021年11月16日

人生の成就/朝鮮人「徴用工」問題を解きほぐす

レイ・ブラッドベリやハリイ・ハリスンを感じさせる好著/今につながる問題、まず事実を直視しよう読む

新 北海道の本棚 vol.1 2021年10月18日

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

書道作品を批評するとはどういうことか?/アイヌでも和人でもない苦悩の10年間の結晶読む

先頭へ戻る