AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『結婚 佐藤・名取御両家篇』(1993年)
監督:恩地日出夫

 「浦河の大黒座」といえば、昨年創業100周年を迎えた道内最古の老舗映画館だから、ご存じの方も多いだろう。1918年、富山県から移り住んだ大工・三上辰蔵氏が建てた演芸場が始まりで、ひ孫に当たる三上雅弘さんが4代目館主を務めている。同じ年に札幌で始まった芝居小屋を起源とする「スガイディノス札幌中央」が惜しくも先月閉店したけれど、全国的にスクリーンがどんどん消える中、小さな町で親子4代続くこの館は〝存在そのものが奇跡〟といわれている。

 「結婚 佐藤・名取御両家篇」は、そんな名物劇場が実名で登場する〝幻〟の作品。というのも、DVD化されておらず、中古ビデオでしか見ることができないのだ。「結婚」をテーマにしたオムニバス映画3本立てのうちの1本で、監督は、本作を担当した恩地日出夫のほか、鈴木清順、長尾啓司が名を連ねている。

 主人公は、北の港町で細々と映画館を営む朝子(名取裕子)。幼なじみの裕一(佐藤浩市)や彼の連れ子と家族同然に付き合う彼女は、秘かにある男性を待ち続けていた。ところがある日、長い恋は終わりを告げる。彼女は閉館を決意し、最後に開催した無料上映会のステージに裕一が現れる…というのがクライマックスだ。

「大黒座」という名前も建物も劇中でそのまま使われているため、まるでドキュメンタリーのような印象を受けるけれど、もちろんフィクション。だがロケの後、道路の拡幅工事によって大黒座は本当に閉館を余儀なくされてしまう。1994年5月、解体直前の劇場で最後に無料上映されたのはなんと本作だったというから、ドラマと現実の奇縁を思わずにいられない。それでも嬉しいのは、雅弘さんと父で3代目の故・政義さん親子が、ここで辞めずに存続の道を選んだこと。48席のミニシアターとなった現・大黒座には、220席あった頃にロケされた本作のビデオテープが大切に保管されているそうだ。

 「初めて映画を観に行ったのは浦河の大黒座でした」という投稿がこのコラムにあったけれど、1世紀余り続く劇場ならば、きっとさまざまな思い出の舞台にもなっていることだろう。映画館は、ただ映画を見る場所ではない。映画のワクワクやドキドキを暗闇の中で大勢と共有する特別な空間であり、いつ・誰と見たかまでもが思い出に残る記憶装置なのだ。学生時代に通った帯広の劇場はもうない私には、コメントくださった方がひどく羨ましい。と同時に、今を生きる映画ファンとして前を向こう、とも思う。そうして私は、身近な映画館や自主上映会にせっせと通っている。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
ライター、ZINE「映画と握手」発行人、NPO法人「北の映像ミュージアム」スタッフ。函館ロケ「居酒屋兆治」のZINEがようやく完成しました。モノクロ版は札幌・キノカフェ、函館・シネマアイリス、音更・THE N3 CAFÉで配布中です!

★もっと「結婚」の魅力を知りたい方へお知らせ!

「結婚(マリアージュ)」をテーマにした創作料理が味わえる「シネマな浦河フェア」が、センチュリーロイヤルホテルで7月末まで開催中です。会場では、私の「映画と握手」ミニZINE「結婚」編も配布しています。よければお手に取ってみてください。

牛のミルクが原料の、希少なバター


『男はつらいよ寅次郎』


渥美清さんの演技ぶりが迫力があり素晴らしかったです。
(ヨウちゃん さん)

「男はつらいよ」は本当に渥美さんの代表作ですよね。2019年8月27日はシリーズ第1作が公開された日、ということで朝日新聞本紙では月1回の企画「月刊寅さん」が始まりました。年末には最新作も公開されますし、令和元年の残り4か月も楽しみ満載ですね!(新目七恵)

『君の名は』


夏に
君の名は
を映画館でみました。
感動しました。
映像がきれいで、
音楽も映像と相乗効果で
良かったです。
夏といえば、
君の名は
を思い出します。
(str777 さん)

「君の名は」は映像、ストーリー、音楽ともに私も驚きました。とりわけ印象的だったのは、満席の劇場で熱気ムンムンで見る映画の楽しさ! 最新作「天気の子」も世界観が少しつながっていて面白かったです。(新目七恵)

『サマーウォーズ』


細田守監督の大好き映画です。何度みているか数えきれません。電脳空間での戦いと対比するように描かれる大家族の描写が印象的で、心温まる家族一丸の映画の感動作です。エンディングで流れる山下達郎の「僕らの夏の夢」がまたいいです。
(タツオ さん)

「夏映画」と聞けば、私もまず「サマーウォーズ」を思い浮かべます。先日も家族で見直し、わかっているのにクライマックスに大興奮! 笑って泣いて、元気が出る傑作ですよね。その余韻を包み込む山下さんの歌声も好きです。ちなみに細田作品だと「おおかみこどもの雨と雪」も好きです。(新目七恵)

『ドラえもん 「のび太の結婚前夜」』


子どもが小さい頃漫画を全巻持っているほどドラえもん好きだったので一緒に映画館に行きました。私自身興味がなかったので上映中きっと寝落ちするだろうとタカをくくっていたのですが~なにを馬鹿な!!一番感動し声を出して泣きまくり驚くほど周囲にドン引きされ「恥ずかしいから二度とお父さんとは見ない」と娘にフラレてしました。クオリティーが高くしずちゃんの両親とかさなるところがあったからです。あれから数年が経過し孫がいる現在家族で藤子不二男Aファンとしていつまでも色褪せない作品に魅了されています。


(トーボ さん)

子ども向け映画と侮っていると泣かされてしまった経験、私もありマス。私も「ドラえもん」コミックで「のび太の結婚前夜」を読み泣きましたが、映画は見ていないので今度チェックしてみます!きっと、泣いてしまうんだろうなぁ。。(新目七恵)

『あなたの夏映画     『青夏』』


初めて孫とふたりきりでデート(?)した場所は映画館で「青夏」という作品でした。映画好きなので抵抗はなかったのですが私にとってはザ・青春という感じで内容がまったくといっていいほど入ってこなくただくすぐったい気分でした。それでもどこかうらやましくて切なくて甘酸っぱい気持ちだけは若づくりさせてもらえたことに現在は感謝しています。
(せっちゃん さん)

お孫さんと映画を見に行くなんて、素敵ですね。「青夏 きみに恋した30日」は、佐野勇斗&葵わかなのW主演映画なんですね。初めて知りました。タイトルの言葉は「『青春』よりも、もっと青くて熱い」という意味なんですって…ああ、これだけでちょっと照れる自分がいます(笑)。青春映画に素直に感情移入できるのも、若さの特権でしょうか。(新目七恵)

『『結婚佐藤・名取御両家篇(1993年)』に関すること』


あらすじを読んで佐藤浩市ファンの私としては率直に見たいと感じた「結婚佐藤・名取御両家篇」でした。DVD化されていなくまぼろし的な感じがそそられてたまりません。若き日の作品での彼がどのように映り現在とは違うのかにも注目したいです。
(るいるい さん)

嬉しいご感想、ありがとうございます。若き日の佐藤浩市さん、朴訥として、情熱を内に秘めた演技が格好良かったですよ。中古ビデオでは手に入ることができるので(デッキも必要ですが)ぜひご覧になってみてください。(新目七恵)

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次