このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >朝カフェ 北海道の小さなお話 >「知床事故から2年」(2024/5/20)

VOL26:知床事故から2年

この埠頭から観光船は出航していった

 女満別空港から東へ向かう。4月22日は、どんよりした天気だった。それでも、網走の原生花園を通り過ぎると、雪の冠をかぶった山々が遠くに見える。道路には育ちすぎたふきのとうが群生し、春の声を告げる。左にはオホーツク海、右側にはオシンコシンの滝。知床の自然に入り込んでいく、その2時間の車窓をどんな思いで見つめていたのだろう。

 知床で観光船が沈没した事故から2年。知床の玄関口となる女満別空港に行方不明者の家族が降り立った。取材した記者によると、観光船に乗っていた息子の父親は、この日、知床の海に手をつけ、再び心を痛めたという。2年前と同じ氷水のような海だったと。「沈みゆく船にはみんな残らんからですね。飛び込むからですね。冷たくても(船から)離れたでしょう」

 2年前、観光船が沈没し、26人が行方不明。その一報を東京で聞いた。数十人の記者が知床へ向かい、北海道報道センターの記者を中心に取材班ができた。観光船の関係者やご家族の取材を進めていた。当時、私は東京本社社会部の記者。なぜ観光船が沈んだのか。その原因追求の記事を担当していた。

 その後、運輸安全委員会が事故調査報告書を出し、原因は判明した。それでも、ご家族の心はなにも変わらないだろう。

知床の大自然を求めて多くの観光客がやってくる。 事故後、事業者や自治体は安全対策を強化しているという

 今も6人の行方がわかっていない。

 捜索ボランティアの男性は言う。「みなさん、悲しみが増したような気もしたな。家族は時間が止まったままなんだな。時間の流れって残酷ですね」。

 4月に札幌に赴任し、初めて知床事故の現地を訪れた。これまで、私の2年間はめまぐるしかった。知床だけでなく、政治とカネ、能登半島地震、いろいろなテーマで取材してきた。でも、前に進みたくても、できなかった人がいる。残酷な時間の流れを過ごしてきた人がいる。突然家族を失うことの本質に向き合う一日だった。

執筆者
朝日新聞 北海道報道センターデスク 江戸川夏樹

全文を読むにはログインしてください。


朝カフェ 北海道の小さなお話 バックナンバー

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.27 2024年6月17日

ウルトラ走る心臓病記者

「人は3度生まれる」と言われる。私はこの言葉をこのように解釈している。1度目は母体から生まれる時、2度目は自我を意識した時、3度目は自分の「死」を意識した時だ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.26 2024年5月20日

知床事故から2年

女満別空港から東へ向かう。4月22日は、どんよりした天気だった。それでも、網走の原生花園を通り過ぎると、雪の冠をかぶった山々が遠くに見える。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.25 2024年4月16日

カレーライスの夜に

カフェでのんびりと原稿を書いていると、社用のスマホが鳴った。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.24 2024年3月19日

豊頃町の挑戦を見守りたい

豊頃町を昨年12月中旬に初めて訪れた。目的は、町で唯一のスーパーが閉店したのちに、町の要請を受けてセイコーマートが出店したことを取材するためだ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.23 2024年2月19日

マリモと再会の春、待ち遠しい

阿寒湖(釧路市)の大きなマリモは自然の神秘が生み出した植物だ。長さ3~4センチの糸状の藻がからまりあい、波の力で回転して直径20センチを超えるまで成長する。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.22 2024年1月15日

読者に伝えたかった感謝の思い

新聞記者になって18年経つが、ここまで読者と密にやり取りした経験はなかった。紙面購読者を対象に開催している「朝日新聞デジタル体験会」に11月25日、記者として初めて登壇した時のことだ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.21 2023年12月18日

ヒグマに会えなかったけども

野生のヒグマをみたい。とはいえ、「ヒグマと会わないために」と書いてる手前、筋の通らない行動はできない。 読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.20 2023年11月20日

北海道胆振東部地震から5年

発生から9月で5年になった北海道胆振東部地震で、山の大規模表層崩壊があった厚真町吉野地区に通って、農業を営む早坂信一さん(58)を取材した。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.19 2023年10月16日

北海道の鉄道の将来像って?

「え? 飛行機を使うの?」。帯広在住の私。昨冬、網走に流氷観光に行こうと、乗り換え案内サイトで公共交通機関のルート検索をして驚いた。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.18 2023年9月19日

この夏、最も近くで 感動をもらった60日間

夏の甲子園は慶応(神奈川)の優勝で幕を閉じました。今大会、北北海道の担当を務めました。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.17 2023年8月21日

ニュースをどう伝える?模索した「クマ撃退スプレー」

今年の春に北海道報道センターに着任しました。前任は東京本社のコンテンツ編成本部。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.16 2023年7月18日

好きなこと、楽しいことで

11歳の彼は、いつもひとりぼっちだった。校庭の隅でギターを抱え、父から習った故郷の歌を弾いていた。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.15 2023年6月19日

ヒグマにだって「ワケ」

ヒグマの目撃情報が相次ぐこの時期、決まって思い出すのが、5年前、本島から20キロ以上を泳ぎ利尻島に渡ったあの若い雄のヒグマのことだ。当時は利尻島を担当する稚内支局長だった。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.14 2023年5月16日

奥尻島の縁結び

子どもの数をどうやって増やすか、政府が頭を悩ませている。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.13 2023年4月18日

夏のあとさき

2002年、当時の北海道報道部で取材指揮や紙面編集の責任を負うデスク(次長)5人の末席に連なっていた私は夏の高校野球を担当した。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.12 2023年3月20日

「大雪」か「少雪」か

「今年は雪が少ないですね」。最近、人と会うとこんな言葉で会話が始まることが多い。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.11 2023年2月20日

「奇人」の街はいま

同郷の歌人石川啄木ゆかりの函館に赴任して、真っ先に行ってみたかった場所がある。立待岬にある一家の墓でも、代用教員を務めた小学校でもない。「乞食(こじき)」の供養塔だ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.10 2023年1月16日

特急北斗でピンチ

先日、妻と列車で函館に行った。夕方、札幌駅から特急「北斗」に乗り込んだ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.9 2022年12月19日

街角の風景

ふとした街の風景を見落としていないか。運転に集中しなければいけない車や、トンネルを走り続ける地下鉄を使っていると、時折、そんなふうに思う。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.8 2022年11月21日

知床事故、地元に寄り添う報道を

知床連山は、うっすらと雪化粧をしていた。10月21日、斜里町ウトロを訪ねた時のことだ。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.7 2022年10月17日

「待つ」ことの大切さ

夏の甲子園で、宮城県の仙台育英高校が優勝してから約2カ月。北海道では、春の甲子園出場を目指す20校が戦う、秋季全道大会が終わりました。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.6 2022年9月20日

新幹線の光と影

札幌勤務で単身赴任となって半年になる。たまたま北大に通っていた長男の近くに住もうと、大学からほど近いところに部屋を借りた。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.5 2022年8月15日

参院選で問われたもの

朝日新聞北海道報道センター記者 日浦統読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.4 2022年7月19日

木彫り熊に夢中

朝日新聞北海道報道センター デスク 野田一郎読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.3 2022年6月20日

ドームに戻った、ラグビーの熱気

5月1日、札幌ドームでラグビー早明戦があった。北海道ラグビーフットボール協会が招待し、北海道では9年ぶりとなった対決にまつわる話を紹介したい。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.2 2022年5月16日

読みやすい原稿、模索する日々

記者の原稿をチェックするデスクという仕事をしているので、どうしても細かな言葉の使い方が気になるものです。読む

朝カフェ 北海道の小さなお話 vol.1 2022年4月18日

春だ!もうすぐ円山公園に「G」が!

やっとだ。札幌市内に残る雪はどんどん少なくなり、街に明るさが戻ってきた。赴任して3月末でちょうど2年。今年こそ、マスクを外して札幌の街中を散策したい。読む

先頭へ戻る