AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『銀の匙 Silver Spoon 』
(2014年) 監督:吉田恵輔』

 北海道の農業高校を舞台にした同名人気マンガの実写映画化。青春学園ものとはいえ、内容はよくある恋愛系でも、スポーツ系でもない。テーマはずばり、酪農だ。進学校で挫折し、逃げるように農業高校に入学した主人公・八軒勇吾(中島健人)の、飼育実習での戸惑いや農家の家に生まれた同級生たちとの交流を綴る。

 手に取ったことのある方ならご存じだろうが、原作コミックは、ひとコマごとに飛び出すようなギャグが魅力。たとえば、ニワトリを「かわいい」と八軒が言えば、農家の子・アキ(広瀬アリス)は「すごくおいしそう」と放つ。私は、友人の西川(映画には未登場)がジャガイモの品種をアイドルにたとえて説明する場面が好きで、読むたびに噴き出す。と同時に、笑いに込められた農家ならではの目線にうなってしまう。なぜこんなにリアルな感覚で描けるのかと思えば、原作者である漫画家・荒川弘は帯広農業高校の卒業生。しかも実家が、北海道の専業農家だという。農業を理想化せず、面白がりながらもエールを送る作風は、そうした実体験と出自からくるのだろう。

 原作と映画は別物だが、比べたくなるのがファン心理というもの。映画版は、ギャグ要素は少なめの分、ロケ地となった帯広や清水、音更など十勝の広々とした風景が物語世界を盛り上げる。

 実写という点では、マンガでは単にキュートだった動物たちが“命”を持った存在として登場するのも印象的だ。特に、飼育実習で出会うあの仔ブタちゃん! 「豚丼」と名付けた八軒は、数か月後には食肉にすると知って動揺するが、確かに生きる姿を目にすると割り切れない思いが沸いてくる。悩んだ末、彼が出した答えは、つらいけれど、すごくおいしいものだった。食べることは、命をいただくこと。当たり前でありながら、普段忘れがちなこの事実としっかり向き合う若者たちに拍手したくなる。

 「夢がない」と劣等感を抱く八軒を救うのは、「それは、いいですね」という校長先生(上島竜兵)の言葉だ。「生きるための逃げはアリだ」という教師の言葉も、彼を元気付ける。後者のセリフをコミックで初めて読んだとき、私はまるで自分に向けられたように感じた。というのも、実は私は会社を3度辞めた“逃げ組”。あっちで転び、こっちでつまずいた経験を、まるごと認めてもらえた気分になったのだ。

 もうすぐ春。入学や就職など新しいステップに踏み出す人も多いだろう。八軒のような思いの人もいるかもしれない。けれど、大丈夫。夢がないのは、これから何にでもなれる可能性があるということ。そして疲れたら、時には逃げるのもアリなのだ。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
ZINE「映画と握手」を作る札幌在住のフリーライター。NPO法人「北の映像ミュージアム」スタッフ。これから楽しみな映画イベントは、「サーミの血」上映会(3月23日、札幌プラザ2・5)と「ゴジラvs札響~伊福部昭の世界~」(5月6日、札幌文化芸術劇場 hitaru)。

『僕の初恋、君に捧ぐ』


この頃に片思いしていた人とこの映画を一緒に見に行って、その後に告白をしたら付き合うことができました。そして結婚し、楽しく過ごしています。そのきっかけになったのがこの映画で、一生忘れられません。
(タカヒロ さん)

『中学生になり始めて友達と一緒に見に行った映画は「エクソシスト」!』


昭和時代後半、中学生になり、友達と始めて見に行った映画は「エクソシスト」でした。みんな、中学生の友達と映画を見ることがとてもわくわくでしたが、内容がリアルに怖すぎて、帰りは皆、口数少なく静かに帰りました。
(northcarrot さん)

『なんとなく』


闇の歯車です。
ストーリーと進行が絶妙でした。
(キャボさん さん)

『幸せの黄色いリボン』


北海道を舞台とした映画なら、これです。
(とらふく さん)

『ラブレター』


小樽の美しい風景は、観光客動員にも一役買いましたね。
(あさひ さん)

『白痴』


この映画が撮影されたのはいつごろかははっきりしません。黒澤明監督が「白痴」を撮影する場所は札幌しかないと考えていたそうです。ドフトエスキーの「白痴」の舞台はサンクトペテルブルグで札幌はこの地と似ていたから彼は札幌以外は駄目だと言っていたそうです。年代は映画を見て思いましたが昭和24年ぐらいだと思いました。中島公園で雪まつりがありました。三越デパートもありました。映画自体は黒澤明の迫力がないので面白いとは思いませんでしたが黒澤が感じた札幌を見ることができてよかったです。それから原節子、三船敏郎、森雅之たちは若くて素敵でした。
(koyuki さん)

『探偵はBARにいるシリーズ』


札幌のすすきのや北海道大学など、見慣れた風景がスクリーンで見られるのがとてもうれしく、何とか自分も映り込みたいと思いエキストラに応募しました(笑)
あ!ここは西武の裏通り!これは北大博物館!こ、この通りは。。。!とニヤニヤしながら見る映画になります。
そのうえストーリーもとても面白くてスリリングでドキドキして笑って泣いて。。。
大好きな映画です
(mikio さん)

『子ぎつねヘレン』


最初に北海道を舞台にした映画で、映画館で見たのは子ぎつねヘレン。
北海道のキタキツネと東京からきた少年のお話。これを見て獣医師になって北海道の自然に暮らす動物たちをより暮らしやすくしてあげたいと思った。今はその夢を叶えることはできなかったけれど、この映画は自分のなかで大きな存在であって、人に優しくできる気持ちになれる。
(ちくわ さん)

『ウィーン少年合唱団入団を夢見て』


 小学校5年生のころだったと思います。「野ばら」という、ウィーン少年合唱団の生活を舞台にした映画を観ました。2度観たと思います。当時、私は音楽は得意教科で、音楽の授業ではたびたびみんなの前で独唱を披露し、小樽市の独唱コンクールやHBCの「朝の動揺」などにも出ていました。つまり、歌うことに自信を持っていたのです。そんなときに、ウィーン初年合唱団の映画を観て、強くあこがれを持ちました。しかし、どうしたら入団できるのか見当もつかず、だれにも話せずじまいで、時は過ぎてしまいました。あの時、もしきっかけでもつかめていたら、その後の私の人生は変わっていたかもしれません。
(賢吉 さん)

『ロケ見物』


 中学生の頃ですからもう50数年前になります。63年公開の木下啓介監督、岩下志麻主演の「死闘の伝説」の撮影隊が私の住む北海道大雪山の麓の街にやってきました。遠巻きにカメラに写りこまないように規制された場所からその作業を眺め、俳優さんやスタッフの動きに感動しきり。学校でも話題をさらっていました。
 余りの騒ぎに、 ロケ見学厳禁の指示が出た程でした。ある日、街中の食堂でラーメンを食べていると、何人かの撮影隊スタッフと岩下志麻さんが入ってきました。ほとんどメイクをしていないとはいえ女優さんの美しさに圧倒された瞬間でした。
 その後、東京の大学に進学し関東周辺で何度かロケ現場に遭遇したり、アルバイトで通行人役やレフ版餅なども経験しましたが、その後の岩下志麻さんの作品は機会あるごとに注目する事にもなりました。思春期の強烈な経験として今も鮮明に思い出されます。
(三毛猫のパパ さん)

『ギターを持った渡り鳥 』
(1959年) 監督:斎藤武市

『銀の匙 Silver Spoon 』
(2014年) 監督:吉田恵輔

『幸福の黄色いハンカチ 』
(1977年) 監督:山田洋次

『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』
(1973年) 監督:山田洋次


先頭へ戻る