AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『幸福の黄色いハンカチ 』(1977年)
 監督:山田洋次

 30本以上の北海道ロケ映画に出演した高倉健。男気あるやくざ(「網走番外地」)や、実直な仕事人(「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」)など、北の果てに生きる一本気な男を魅力的に体現した彼のイメージを一言でいうなら“寡黙で不器用”。ロードムービー「幸福の黄色いハンカチ」もまさにそんなキャラクターで、刑期を終えたばかりの元炭鉱マン・島勇作を演じている。

 網走刑務所を出所した島は、真っ赤な車に乗る欽也(武田鉄矢)&朱美(桃井かおり)カップルと知り合う。実は2人とも、失恋してヤケになった末の一人旅。ナンパに成功した欽也は舞い上がっており、一方の朱美は戸惑っていた。微妙な空気の中、3人は道中を共にする。案の定(?)欽也が朱美を押し倒そうとしたり、車が故障したりとアクシデントを起こしながらも、距離を縮める3人。あるとき、島は秘密を明かす。夕張に妻・光枝(倍賞千恵子)がいたこと。出所直後、彼女に一通の葉書を出したこと…。

 阿寒、陸別、帯広、新得、富良野、歌志内、そして夕張へ。当時20代の武田&桃井コンビと健さんの掛け合いは面白いが、今は観光施設となった陸別駅の国鉄時代の木造駅舎や活気の残る炭鉱街など、背景に映る往時の街並みにもつい見入ってしまう。監督はこのコラムで前回取り上げた「男はつらいよ」の山田洋次で、渥美清や三崎千恵子、太宰久雄らお馴染みの面々が登場するのも楽しい。

 夕張までの道のりと交差して綴られる、島と光枝の回想シーンも美しい。札幌でデートし、雪の夕張に帰る場面では2人のときめきが画面からあふれるかのよう。それだけに、不本意な結末が悲しい。誰より大事な存在だった彼女に、島が離縁を告げたのはなぜか。なのに、葉書を書いたのはなぜなのか。「愛している」なんて口が裂けても言えない彼だからこそ、沈黙の裏にある叫びに胸が熱くなる。そして一層、旅の最後に見つけたハンカチの黄色が目に沁みるのだ。

 さて、映画はあくまで虚構の世界だが、ラストシーンのロケ地は「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」となって保存され、夕張の本当の風景となった。私が4年前に訪れたときは、埼玉と岐阜からの旅行者と会い、映画談議に花を咲かせた。冬、「ひろば」はお休みだが、映画ファンには別のお楽しみがある。そう、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」だ。

 私は学生だった2005年に初参加し、翌年にはなんと、ゲストの桃井かおりさんとパーティーで対面した!(緊張して何を話したかはほとんど記憶にない) その後、市の財政破綻で途絶えかけたものの、応援映画祭も含め毎年続いているのが心底嬉しい。寒い冬、交通の便も良くはない夕張に行きたくなるのは、そこにしかない人と作品との出会いがあるから。29回目を数える今年は3月7日から開催予定で、今から私はそわそわしている。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
“三度の飯より映画好き”の札幌在住フリーライター。NPO法人「北の映像ミュージアム」所属。子どものころチャップリンに爆笑し、大学生のときロック・ミュージカルの金字塔「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」に衝撃を受ける。函館の地方紙記者時代に佐藤泰志小説の映画化第1弾「海炭市叙景」に携わり、“北海道と映画をつなぐ”ことがライフワークに。2016年からZINE「映画と握手」を個人発行し、北海道マガジン「カイ」サイトでもミニコラム「映画と握手」を連載中。最近のお気に入りは清水宏監督とインド映画!

『しあわせのパン』


観た後、時間が経ってからジワーッというか、じんわりというか優しい気持ちになれそうな、なれたような記憶です。
実写でこの雰囲気は「大泉洋&原田知世」ならでは!と確信します。風景が良いのはもちろんですが。
絵本「月とマーニ」も探して読みました。
(シニア02 さん)

時間が経つと印象が深まる映画、確かにあります。映画館を出てから誰かとワーワー感想を話し合うのも良いですが、一人で見て、内容をじっくり反芻する時間も私は好きです。映画の絵本に関してなら、最近だと「万引き家族」を観た後、劇中に出てきた絵本「スイミー」への印象が大きく変わりました。(新目七恵)

『銀の匙』


帯広が舞台で、とても楽しい映画。実際に帯広にも行ってみました!
(あさひ さん)

そうですか!実はご縁があって、監督たちと帯広のロケハンに同行したのです。実際にロケ地に足を運ばれたとは、作品の応援団としても嬉しい限りです。(新目七恵)

『『子猫物語』』


『子猫物語』を、小学校1年生の時に映画館に見に行き、学校で作文を書いたのを今でも覚えています。いつ、誰と、どこで、何をしたかを初めて意識して考えて書いた作文です。子供心にこんなに仲が良いのに何故結婚しないのだろうと、子猫のチャトランと子犬プー助の関係を思っていました。大人になってからそういう発想をしていた幼少の頃を懐かしく思いだしたりします。
(ゆず さん)

とっても可愛い思い出ですね!「子猫物語」を見る機会があったら、ゆずさんの感想を思い出して心がホッコリしそうです。(新目七恵)

『幸福の黄色いハンカチ』


結婚したての頃ですが、胸ををドキドキさせて観にいきました。
二十年も経過してから実際の場所にも行き映画のシーンを回想して、つくづく良い映画の一つ
だったと思います。  ひいらぎるい
(ひいらぎるい さん)

新婚ホヤホヤのご記憶と、映画の思い出が重なるのでしょうね!20年を経てもロケ地が大切に保存されていて、今も愛される名作はそうないと思います。いい作品に、素敵なタイミングで出会えてよかったですね。(新目七恵)

『そらのレストラン』


せたな町を舞台にした北海道最高!な映画。もう少し自然の厳しさや農業のリアルを描いてほしかった気はしますが、北海道の魅力にあふれた作品でした。メインの出演者が北海道出身なのは、見ていて本当に気持ちが良かったです。
(こまき さん)

「そらのレストラン」、北海道を舞台にした一種のファンタジームービーと私には見えました。後半に登場する独創的な料理の数々やチーズ、食べてみたくなりました。(新目七恵)

『しっぽがキュート』


函館から札幌に引っ越したばかりの頃、『パコダテ人』という函館を舞台にした映画を母と観た時には、懐かしい景色と大泉洋さんがしっぽをぴょんと出して「僕もパコダテ人だ!」というシーンに一緒に笑ったものです。昨年末、同じ前田監督の『こんな夜更けにバナナかよ』が公開。あのしっぽをぴょんと出していた大泉さんも思いだし、クスッとしながら観てきました。どちらも愛に溢れた作品で素敵です。
(相川祐希 さん)

「パコダテ人」は私も思い入れのある作品です。と申しますのも、ロケ地となった新聞社は私が一度務めた会社。ロケ時には在籍していませんでしたが、社内の雰囲気はそのままで、映画のために特別に刷られた小道具の新聞をもらって喜んだ記憶があります。「こんな夜更けにバナナかよ」も素晴らしい作品でしたね。(新目七恵)

『憧れの君と「駅」』


 まだ学生だった頃、異性に対して引っ込み思案の僕は、勇気を奮い起こして、憧れていた女子を高倉健主演の「駅」に誘いました。返事は「OK」。飛び上がるほど喜びました。
 しかし、当日約束の場所で待っていても、中々彼女は来ません。携帯電話などなかった時代、粘って2時間待っていると、彼女がタクシーで駆けつけてきました。ホッと安堵しました。
 チケットを買い、映画館へ。
 見終わって、彼女に訊かれました。
 「〇〇君は、なぜ私を映画に誘ったの」
 「そんなこと、黙っててもわかるだろうに。」と心の内では思っていても、ただグズグズと思いを伝えることはできませんでした。
 もし、あの時思いを打ち明けていたら、
    二人の仲が成就していたら、
現在の札幌での生活は、ありえなかったかもしれません。
 今や、二人ともいいおじさんとおばさん。
 もし、再会できたなら、あの時の思いを伝えることができるかもしれません。
(シモンズ さん)

甘酸っぱい素敵な記憶、ありがとうございます。コメントを見て、沢木耕太郎の『「愛」という言葉を口にできなかった二人のために』という映画評などをまとめた本を思い出しました。(新目七恵)

『探偵はBARにいる』


シリーズを全部見ました。札幌すすきのが舞台で、大変親近感を覚える作品です。だいたい、大泉洋が出る作品は面白い。彼は、今や北海道、札幌が生んだ大スターです。
(みーくん さん)

「探偵はBARにいる」は、札幌にゆかりがあればことさら楽しめる娯楽シリーズですよね。「こんな夜更けにバナナかよ」と併せて、札幌ロケの大泉洋さん代表作だと思います!(新目七恵)

『森と湖のまつり』


確か高倉健の若いころの名作です。小学生のころ親と一緒に行った記憶があります。武田泰淳の同名小説の映画。今は、邦画といえばコミック原作ばかり。単に昔を懐かしがるのではないけれど、あの頃の映画は見ごたえがありました。
(たっくん さん)

「森と湖のまつり」は私が参加するNPO法人北の映像ミュージアムの上映会で札幌プラザのおおスクリーンで鑑賞しました。内容の濃さ、切実さ、圧倒的なスケール感に驚きました。確かに、過去の名作を見ると、古い映画という思い込みを超えて、新鮮な思いに打ちのめされることがあります。(新目七恵)

『黄色いハンカチ・・』


健さんの渋さ、鉄矢の初々しさ、桃井の物憂い感じ等 懐かしい映画!是非また観たい!
(シュウチャン さん)

いい映画は何度見てもいい。おっしゃる通りですね!(新目七恵)

『映画『足りない二人』』


 約4年の年月を掛けて自主制作した映画が、2月21日に新宿ピカデリーにて特別上映される。この映画は恋人同士の売れない漫画家の不安と希望を描いた作品で、二人の三十代の俳優が脚本を書き、主演と監督を兼ね更に編集作業まで行ってきました。撮影は積丹や小樽・札幌で行い共演者は全て地元の人達が出演しました。私も撮影開始時にオーデションを受けて、ほんの1コマですが出演しております。
 2017 10月に小樽と積丹で試写会が行われ、朝日新聞の2017 11 8付道内版にその様子が掲載されております。朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトで劇場公開などの支援金をお願いしたところ、目標額の100万円が達成されこの度の上映に結び付けることが出来ました。今後、札幌での上映が予定されており、是非、北海道の皆さんに観て頂きたいと思っております。そんな思いで投稿させて頂きました。皆様宜しくお願い致します。

(野球小僧 さん)

「足りない二人」のことは、私もNPO法人北の映像ミュージアム活動で知り、公式ブログでご紹介したこともありました。完成試写会に行けず残念でしたが、また何かの機会に見れる日を楽しみにしております。完成、おめでとうございますっ!!!(新目七恵)

『父と弟で初めて観ました』


映画館に父に連れられて、小林旭さんの「さすらい」シリーズの一作を観に行きました。
当時、亡母の病気で父は多額の借金をしていて、やっと返済したらしく連れて行ってくれたのが解ったのが父が亡くなる少し前でした。私が転勤で「白老町」に行く事になった時に「昔観た小林旭の映画が白老町で撮影した」と。くしき縁でした。
今の『白老ファーム・映画のころは社台ファーム』です。
何も判らなかった、子供の頃の思い出です。

(genbu218 さん)

きっと映画館で目を輝かせるお子さんを見て、お父様も嬉しかったことでしょう。映画の大事な思い出をありがとうございます。(新目七恵)

『正月の楽しみ』


 小学生の頃ですから60年も前の頃。北海道の道北の林業中心の町で、営林署の臨時職員だった父に2歳下の弟と正月の3日に映画館に連れて行ってもらえるのが正月の楽しみでした。
 当時、台風25号の影響で風倒木処理で賑わっていた町内には映画館が2軒有り、邦画では小林旭や大川橋三、中村錦之助。何といっても石原裕次郎が最高でした。洋画はもっぱら西部劇で、ジョンウェインでした。映画館の売店でサクマドロップを買ってもらい、弟と交互に分けてその甘さとフルーツのにおいと共に映画に見入ったことを思い出します。
 中学に入ると、町内で高倉健さんの「網走番外地シリーズ」の撮影が有り町役場が系幸署に、小学校の校門が網走刑務所の看板が掲げられた刑務所の門に早変わりするなどで撮影隊に付いて周るのに夢中になって居ました。撮影の合間に高倉健さんの姿に見とれたものです。私が映画に魅了された要因ですね。

(三毛猫のパパ さん)

石炭産業が盛んな街には映画館が多かったと聞きましたが、林業の町も同じだったのですね。貴重な記憶をありがとうございます。大スター・高倉健さんを目にされてうらやましい限りです!(新目七恵)

『幸せの黄色いハンカチ』


やっぱ健さん
(ありゃま さん)

映画を通じて、高倉健さんはみんなの心に生き続けるのでしょうね。ありがとうございます。(新目七恵)

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次