AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『ギターを持った渡り鳥』(1959年)
監督:斎藤武市

“マイトガイのアキラ”と聞けば、この作品を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。日活黄金期の看板スター・小林旭の代表作であり、一世を風靡した「渡り鳥」シリーズの第1作。主人公はタイトルの通り、ギターを抱えて函館の街にふらり現れた風来坊の滝伸次(小林)。地元のボス・秋津(金子信雄)に雇われた彼は、秋津の娘・由紀(浅丘ルリ子)から好意を寄せられるも、秋津一味の悪巧みに巻き込まれ命を狙われてしまう…。

 荒涼とした駒ケ岳を背に荷馬車に揺られて登場するオープニング、波止場での美女との出会い、ライバルとのガン・アクション、そして運命の決闘と、まさに荒唐無稽なストーリーが炸裂。なのに製作後60年を経た今も色褪せないのは、主人公をはじめ、純情可憐なヒロインや殺し屋・ジョージ(宍戸錠)らキャストの粋な魅力、そして度々挿入される小林旭独特の歌声(甲高い!)、さらには、まるで異国のように映し出される北海道の叙情的な景色によるところが大きい。颯爽と振る舞い、ケンカとなれば滅法強い主人公を見ていると、とにかく映画を楽しもう!という気分になる。

 ちなみに、シリーズ第5作「大草原の渡り鳥」と第8作「渡り鳥北へ帰る」も北海道が舞台(前者のロケ地は道東、後者は函館)。どちらも流れ者の滝が地元の悪者を倒すという設定だが、“無国籍アクション”という宣伝文句も納得の痛快な展開が満載で、最後まで目が離せない。

 「渡り鳥」は、私にとっては忘れられない出会いをもたらしてくれた作品でもある。函館で地元新聞の記者をしていた10年ほど前、函館ロケ映画に携わった住民にスポットを当てるという記事を連載し、このシリーズを取り上げたのだ。

 取材したのは「渡り鳥」の冒頭、七財橋のたもとで小林旭に風船を売る屋台の店主が若き日の父だという兄妹や、ロケハンに協力した男性、「渡り鳥北へ帰る」にエキストラ出演したという人など。たとえば、父が出演した兄妹は撮影の様子を覚えていて、銀幕のスーパースター相手に物怖じしない父を幼心に「すごい」と思ったそう。封切後に家族で劇場に行き大喜びしたことを懐かしみ、函館で長く小間物店を営んだという父を偲んでいた。

 たとえ映るシーンは一瞬でも、それぞれに物語があり、思い入れがある。それはフィルムに刻まれた風景や建物にも当てはまり、映画の出来とは別の特別な価値だと私は思う。このコラムで映画の思い出を募っているのはそんな理由から。投稿のコメントが増えるたび、私はその方の人生と映画が交差する瞬間を知り、胸が熱くなる。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
ZINE「映画と握手」を作る札幌在住のフリーライター。NPO法人「北の映像ミュージアム」スタッフ。これから楽しみな映画イベントは、「サーミの血」上映会(3月23日、札幌プラザ2・5)と「ゴジラvs札響~伊福部昭の世界~」(5月6日、札幌文化芸術劇場 hitaru)。

『駅』


主役は健さん、そして倍賞 千恵子さん、大滝 秀治さん、他沢山の名優さんが脇を固め、倉本 聰さんの脚

本。

全編に北海道の四季が映され、最初から緊張感に満ち、最後は、男女の悲哀の別れ・・・

冬に始まり、冬で終わり、降る雪が違って見えました

感情を表している様に、思いました

何度見ても、痺れます、音楽も・・・・
(tonk さん)

ご感想を聞いて、「駅 STATION」をもう一度見直したくなりました。いしだあゆみさん演じる妻と子に別れを告げるシーンのロケ地・小樽の銭函駅を訪れたことがあるのですが、その数日後、健さんが亡くなったことを知りました。調べると、この駅舎は健さんの生年と同じ年に建てられたそうで、この駅に呼ばれたのかなぁ…と感じたことを思い出しました。(新目七恵)

『幸福の黄色いハンカチ』


ラストシーンの黄色いハンカチがたくさん、風にたなびくシーンを思い出すと、いまでも感動して涙ぐんでしまう。男女の愛情と人としてのあり方を考えさせられる映画だった。撮影地の夕張の近くに住んでいたこともあり、親近感がある作品です。
(みっち さん)

あの黄色いのハンカチを思い出すと、本当に幸せな気分になりますね。夕張の映画祭会場でもこの黄色いハンカチは健在で、見つけると歓迎ムードを感じて嬉しくなります。今年4月にリニューアルした「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」は「真の幸福」を追求する聖地というのがコンセプトで、館内はもちろんあのイエローカラー! もちろん、感動のラストシーンも再現されているので、ぜひお立ち寄りください。(新目七恵)

『北の零年』


吉永小百合さんと渡辺謙さんのあの物悲しい空気感にやはり心に訴えてくるものを感じて何度見ても感動します。
(亜梨 さん)

何度見ても感動できる作品と出会えたことは、すごく幸せなことですね。私もそんな映画を1本でも増やしたくて、色々な作品を見続けています。時には期待外れでガッカリしたり、面白さが理解できないこともありますが(笑)。(新目七恵)

『無数の黄色いハンカチに魅せられて!』


映画のラストで見た無数のハンカチに感動したことを、昨日のことのように憶えています。刑期を終えて出所した高倉健と道内を車で観光旅行中の武田鉄矢、そして桃井かおりの珍道中。時間と共に服役のいきさつや帰りを待っているかも知れない倍賞千恵子のことが明らかに。『夕張を目指して車を走らせる』シーンや、ラストで『無数のハンカチが風になびく』シーンが実に感動的。口数は少ないが優しさが滲み出る高倉健の演技が最高でした。
(むっくりんこ さん)

最近「午前10時の映画祭10 ファイナル」という企画上映で健さん主演の「八甲田山」を見ましたが、こちらは「幸福~」(1977年10月)の4ヶ月前に公開された作品でした。どちらも「口数は少ないが優しさが滲み出る高倉健」の魅力があふれ出ていて、〝銀幕のスター〟の輝きを感じました。このコメント欄には「幸福の黄色いハンカチ」の感想がいくつも寄せられており、名作の人気ぶりを再認識します。(新目七恵)

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次