AFC アサヒファミリークラブ

AFC(アサヒファミリークラブ)は、朝日新聞北海道支社オリジナルの会員制クラブです。どなたでも無料でご入会いただけます。

ログイン後にご利用いただける便利な機能があります。ぜひご登録の上、ログインしてご利用ください。

『点と線』(1958年)
監督:小林恒夫

 ミステリーに疎い私でも、タイトルだけは知っていた「点と線」。原作は、作家・松本清張が初めて手掛けた長編推理小説で、雑誌の連載が終了したその年のうちに映画化して話題を集めたのが本作だ。私は7年前、スタッフとして参加するNPO法人「北の映像ミュージアム」の上映会で初めて観た。原作小説を読んだのは、恥ずかしながら最近のことである。

 物語は、九州・博多の海岸で男女の遺体が発見されたことから始まる。地元警察は心中と断定するものの、ベテラン刑事・鳥飼(加藤嘉)だけは違和感を持つ。一方、死んだ男が国の汚職事件のキーマンだったことから、警視庁の三原刑事(南廣)もこの情死に疑惑を抱いた。2人は事件現場や目撃者の証言を洗い出し、新たな容疑者として安田(山形勲)を浮かび上がらせる。ところが彼には、事件当日、北海道に出張していたという完全なアリバイがあった!

 トラベル・ミステリーの名作と言われるだけあって、東京駅の “4分間の時刻表トリック”をはじめ、日本の南北にわたる鉄道シーンが満載。特に、三原刑事が安田の足取りを検証しようと北海道へ向かうシーンは見逃せない。青森から青函連絡船で函館に渡り、急行列車で札幌へ。手書きの旅客名簿やレトロな客車など、昭和30年代の交通事情が次々と活写される。と同時に、今よりずっと長旅だった当時の東京‐札幌間の距離感も伝わってくる。

 札幌の場面では、札幌市時計台のそばに佇む木造2階建ての「丸惣旅館」が映る。これは1885(明治18)年に創業し、1984(昭和59)年まで100年近く続いた名物宿で、懐かしむ方も多いはず。その反面、三原刑事が道内を訪ね歩くシーンはピンとこないかもしれない。実は、本当に北海道で撮影されたのは実景のみで、ほかはセットだとか。とはいえ、映像をつないで物語をふくらませるのは、映画のテクニック。冒頭に触れた上映会では、「今の札幌の光景もなんだか映画の続きのようです」という感想が寄せられたのだが、映画の魔法にかかるとロケ地で観る面白さは倍増するもの。今や失われた昭和の風景に加え、映画の美術スタッフがどう北海道を再現したのかも楽しみたい。

 原作は2人の刑事視点でほぼ進むのに対し、映画では、病身である安田の妻・亮子(高峰三枝子)の存在がクローズアップされる。事件の裏に隠された彼女の真の目的とは…。非情でありながら、燃えるような愛を秘める高峰三枝子の美しいこと!その着物姿が艶めくほど、女の孤独と絶望が浮かび、悲哀さえにじむ。

イラスト&文 新目七恵(あらため・ななえ)
ライター、ZINE「映画と握手」発行人。名画座的ラインナップが魅力だった上映企画「午前10時の映画祭」(北海道会場:札幌シネマフロンティア)は今年ファイナル。「砂の器」「ベニスに死す」「大脱走」…ひとつでも多く鑑賞したい!

『がんばって生きていこう・・・・』


健さんの 居酒屋兆治、最後のシーンが、今でも、これからも、生きる勇気を与えてくれます。

映画の内容は、あまり心に響かなかってけれど、主題歌と最後の場面が・・・・

そして、この映画を観ていると、日本酒と焼き鳥を、無性に食べたくなります。

薄野のロケ地アパートに、ここで撮影の看板有りましたが、火事で無くなりました

カラオケで 時代遅れの酒場歌うと、シーンとなりますので、気を付けましょう。

加藤 登紀子さんバージョンは、難しくて駄目です

降旗監督、井上 堯之さん、ご逝去なされ無念です
(tonk さん)

「居酒屋兆治」は私も好きな1本で、ロケ地・函館に住んでいた頃、関係者を取材したこともあります。当時、ロケで函館にいた加藤登紀子さんは「ほろ酔いコンサート」を開いたそうですよ。なお、別のサイトになりますが、北海道マガジン「カイ」で最近、「居酒屋兆治」を取り上げました。よろしければそちらもご覧ください。サイトは右の作品一覧の最後にリンクがあります。(新目七恵)

『さゆりすと。』


三部作。原作やシナリオなど質も大幅に落ちているので仕方のない面はあるが、衰えは否めない。昔は人気もあり、個人の魅力で魅せたが。
(ふゆか。 さん)

銀幕のスター・吉永小百合さん! 確かに「キューポラのある街」や「愛と死をみつめて」は若くてキュートで清純な魅力が炸裂し、今見てもため息が出るほどです。私は2018年、北海道150年事業イベントで札幌を訪れた際、初めて近くで拝見しましたが、上品な振る舞いと美しさに思わずポーッとなりました(笑)。イベントには今は亡き樹木希林さんも同席され、お2人の仲の良さそうな様子も心に残っています。(新目七恵)

『網走番外地』


高倉健に憧れ、網走刑務所に行って感動した
(ノン君 さん)

「網走番外地」第1作は今もしびれる傑作ですね。私は吹雪の中、今はもう失われた、新得町の森林鉄道でのトロッコアクションシーンが目に焼きついています。(新目七恵)

『映画の見方』


話題の映画だったので「北の桜守」を友人と見ました。
話題の映画は見たいと思いますが、私は関西の出身なので北海道をテーマにした映画は出来るだけみたいと思います。読書は苦手ですが映像はすんなり入ってくるのでいいと思います。
(pure さん)

関西のご出身なら、北海道の風景は新鮮に目に映るのでしょうか。とはいえ、北海道は広いので、道産子の私も、北海道ロケ映画の風景に驚かされることも多いのですが。生まれ育った土地や記憶によって見方が変わるのも、映画の面白さですよね。(新目七恵)

『幸福の黄色いハンカチ』


北海道に住んでいて、60代の私にとって、やはりこの映画が、何と言っても印象に残っています。
出演のキャストも、高倉健、武田鉄矢、桃井かおり等ととても魅力的で、ロケの現場も夕張と、とにかく話題満載で、最近久々に観ても、感動的でした。
(create さん)

「幸福の黄色いハンカチ」は2月号でご紹介しました。おっしゃる通り、時代を経ても、ストーリーが分かっていても、いい映画はイイですね。ちなみに、ラストシーンのロケ地となった夕張の場所は「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」として保存され、観光スポットになっています。今年4月にリニューアルされ、展示内容を一新&カフェができました。今月行ったところ、すごく良かったですよー!機会がありましたら、ぜひ足をお運びください。(新目七恵)

『駅(ステーション)』


映画が大好きで、毎年100本以上劇場で見ています。
最近は洋画が主体ですが、邦画も時々見ています。
そうした映画とともに歩む人生の中で、邦画で1本選べば、
増毛などを舞台にした「駅(ステーション)です。
この中で、主演の刑事役・高倉健さんと、増毛駅前の居酒屋を営む倍賞千恵子さんが
大晦日の夜、その居酒屋のカウンターで倍賞さんが健さんの肩にもたれて見るTVは紅白歌合戦、
「舟歌」を歌う八代亜紀さん。
このシーンが邦画史上最高の場面となりました。

この主演二人は他にも夕張が舞台の『幸福の黄色いハンカチ』などの名作も撮っています。
(またんき さん)

「駅 STATION」、健さん&倍賞千恵子さんが大人のドラマを魅せる名作ですよね。あの居酒屋カウンターの場面を思い出すと、しんしんした冬の空気感までもがよみがえる気がします。以前知り合った方が「駅 STATION」のロケに参加された方で、思わず身を乗り出して思い出話を伺いました。いつか、「映画と握手」で取り上げたい1作です。(新目七恵)

Vol.10

女ひとり大地を行く

(1953年)監督:亀井文夫 ロケ地:夕張、釧路

Vol.9

探偵はBARにいる

(2011年)監督:橋本一

Vol.8

コタンの口笛

(1959年)監督:成瀬巳喜男

Vol.7

結婚 佐藤・名取御両家篇

(1993年)監督:恩地日出夫

Vol.6

社長忍法帖

(1965年)監督:松林宗恵

Vol.5

点と線

(1958年) 監督:小林恒夫

Vol.4

ギターを持った渡り鳥

(1959年) 監督:斎藤武市

Vol.3

銀の匙 Silver Spoon

(2014年) 監督:吉田恵輔

Vol.2

幸福の黄色いハンカチ

(1977年) 監督:山田洋次

Vol.1

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

(1973年) 監督:山田洋次