このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌」(2021/10/18)

VOL1:佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

佐藤庫之介書論集 書の宙へ

書道作品を批評するとはどういうことか?

 「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。書道という言葉から連想されるように身体と密接に結びつき、文章で表現するより臨書することでその真価を感じるのが、古来当たり前だったからだ。その書批評、書論という領域を北海道で切り開いたのが『北海道書道史稿』の佐藤庫之介である。本書は1961年~2013年に様々な場で発表された批評論考を、『中野北溟』の著書もある美術評論家柴橋伴夫が中心となって編集した。愛書家必携の1冊。

書名「佐藤庫之介書論集 書の宙へ」
編者 佐藤庫之介書論集刊行委員会
出版社 中西出版
発行 2021年4月15日
価格 4180円(税込)

〈沈黙〉の自伝的民族誌(オートエスノグラフィー)
サイレント・アイヌの痛みと救済の物語

アイヌでも和人でもない苦悩の10年間の結晶

 アイヌを出自に持つことを知り、アイヌと向き合うことで始まった痛みと苦悩。次第に社会から切り離され沈黙した著者が、人類学研究を通じて「私がサイレント・アイヌである理由」「私の痛みの原因」を明らかにしていく研究書である。特に、理論的前提を幾重にも積み重ねていく様は説得力があり、家族4代の物語の歴史化と自伝的民族誌(オートエスノグラフィー)により、自らの生きる世界の構造や分断の状況が明快に語られる。本当に考えさせられる1冊である。

書名「〈沈黙〉の自伝的民族誌」
著者 石原真衣
出版社 北海道大学出版会
発行 2021年2月13日(補筆2刷)
価格 3850円(税込)



新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る