このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻」(2021/12/20)

VOL3:アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

アーバン・ベア


ヒグマの生態や変化、街への出没理由と解決策を探る

 いったいヒグマは増えているのか減っているのか、なぜ市街地に出没するのか、どうすれば共生できるのか?酪農学園大学の佐藤教授はヒグマの生態を30年以上にわたって研究してきた。こうした問いに、最新の成果とともに答えてくれる一冊だ。「(ヒグマと人間との)軋轢を減らすためには人が行動を変えるしかない。」そう、答えは単純だが、解決は難しい。専門的人材を育成し、地域の実情に即した解決策を実行する体制作りが、今必要なのだ。

著者 佐藤喜和
出版社 東京大学出版会
発行 2021年7月15日
価格 4400円(税込)

林多美子歌集 青韻

色彩豊かで多様な韻律、朝日歌壇選者の到達点

 朝日新聞道内面の歌壇選者作になる最新歌集。さりげない日常の感慨やそこから立ち上る幼き頃の光景と思い、感覚から、原発事故や地震などの時事。その詠む範囲は広く、転調に導く詩句や表記法はリズムの多様さをもたらす。「立ち止まるまた歩き出す人間が犬に従ふあやふき國に」「何を祈るそれさへ湧かぬ地震後の三日目手稲山の濃き濃き茜」2017年出版のエッセイ集『右折します』(旭図書刊行センター 1,728円)も併せて読まれたし。

著者 林多美子
出版社 私家版
発行 2021年6月1日
価格 2300円(税込)


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る