このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね」(2022/8/15)

VOL11:シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

シマフクロウ 家族の物語

シマフクロウ 家族の物語

研究生活32年の結晶

 学部生としてシマフクロウの人工給餌地で生態調査をはじめ、保護増殖、生息地の環境復元、更には繁殖が途絶えた道北地域での拠点づくりなどで中心的役割を果たしてきた著者の、32年にわたる活動の記録である。謎に包まれていたこの絶滅危惧種の生活史や家族史が詳細に描かれるだけでなく、著者の情熱が周囲や状況を変化させていく姿は本当に感動的だ。人と野生鳥獣とが適切な距離を保つことの重要性を、この本を通じて考えていただければと、切に願う。

著者 早矢仕有子
出版社 北海学園大学出版会
発行 2022年3月31日
価格 1100円(税込)

いのちのふね

いのちのふね

新たな才能の開花を目の当たりに

 アイヌ語でチプタチカプカムイ(舟を彫る鳥の神様)とよばれるクマゲラの生活を軸に、周囲に暮らすエゾシカやモモンガの死と生、それらの命の繋がりを、人を含めた「いのちのふね」と捉え美しい幻想的なタッチで描く絵本。小学校で不登校になり「僕にとって、絵は生きるためのもの」と記す作者は出版時15歳。「今つらい人の気持ちに、寄り添う」ために描くというその絵には不思議な温かさが宿る。今年の道展U21では優秀賞を受賞し、今後の活躍が期待される。

え・ぶん 小林嵩史
出版社 かりん舎
発行 2022年5月24日
価格 1100円(税込)


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.14NEW!

ほっかいどう図書館物語 明治・大正期/おいしい北海道米ができるまで

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.13

「銀河鉄道の夜」の謎を解く/日本怪異妖怪事典 北海道

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.12

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る