このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術」(2022/5/16)

VOL8:三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

三浦綾子論 -その現代的意義-

生誕百年、今も読み継がれる秘密

佐古純一郎をはじめ三浦文学の研究者は数多い。そして現在に至るまで彼女の作品を読み解く作業が、世代や国境すら超え続けられている。その「秘密」はなんだろうか?本書「三浦綾子論」は作家論でなく作品論だ。森下辰衛の巻頭言のとおり「物語を人間に寄り添って読む」ことに徹底した作品論である。作者が人物をどう設定し動かし語らせたかでなく、それぞれの行動や言葉を実在する人物のものとして解釈していく。著者の読み方を通して、三浦文学の秘密の一端に触れられるだろう。

著者 小田島本有
出版社 柏艪舎
発行 2022年4月20日
価格 1980円(税込)

もっと知りたいアイヌの美術

アイヌ文化の理解へ、絶好の入門書

最近、アイヌ・アートがより身近な存在になった。著者はアイヌ民族や先住民族の物質文化を研究する文化人類学者だ。本書は、民族の歴史や地域性、精神文化や日々の暮らしから説き起こし、そこで作られ、今も生まれる続ける多種多様な「作品」たちの「美」について、大型図版を全面カラーで多数収録し、丁寧に解説する絶好の入門書である。実際に作品その「もの」に向き合うよう力説し、そうすることでアイヌ・アートの多様性と未来が見えてくると語る著者の姿勢には、大いに共感できる。

著者 山崎幸治
出版社 東京美術
発行 2022年2月25日
価格 2200円(税込)


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る