このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑」(2022/3/22)

VOL6:古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

古代キリスト教研究論集

新約聖書の常識に挑む、意欲的論考集

 札幌はキリスト教都だ。その歴史の中で、学問分野でも異彩を放つ研究者を輩出してきた。著者もそれに連なる古代キリスト教史家だ。新約聖書学では常識の「マルコ福音書最古説」に対して、「マタイを最古とするのがもっとも合理的だ」と言い切り、Q語録仮説をも否定する。論旨は明快で、ギリシア語が分からずとも読み進めることができるイカれた文章は、痛快でストンと腑に落ちる。初期キリスト教の実態解明が現代のキリスト教にも資する、という著者の確信に基づいた論考集だ。

著者  戸田聡

出版社 北海道大学出版会
発行
2021年3月25日
価格
7,700円(税込)

完本 アイヌの碑(朝日文庫)

いまこそ読みたい待望の古典的名著の復刊

 幼い頃の貧しくも美しい家族との思い出に始まり、次第にアイヌ民族としての意識が芽生え、言語や民具などを残す重要性を自覚し行動していく茂。知里真志保や金田一京助との出会いと交流、アイヌ民族最初の国会議員として活躍し、民族文化の保存や再興、権利回復のためのあらゆる試行錯誤が赤裸々に語られる。萱野の歩んだ道筋が、いかに現代を生きるアイヌ民族の糧となっていったかもわかる。続編である「イヨマンテの花矢」などを加えた完全版で、この地に住む人皆必読の書である。

著者  萱野茂
出版社 朝日新聞出版
発行  2021年7月7日
価格  1100円(税込)


新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る