このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。
>HOME >新 北海道の本棚 >「世界凹み旅/がんの「語り」」(2022/2/21)

VOL5:世界凹み旅/がんの「語り」

世界凹み旅

世界凹み旅

彫刻家と恋人の二人旅そして、作品の軌跡

 さっぽろ創世スクエア市民交流プラザには、天井から吊り下げられた巨大な黄色い造形物がある。ベルリンを拠点に活動を続ける彫刻家、谷口顕一郎の「札幌の凹みスタディ」だ。「去年の夏、私は恋人と旅に出た」と語り出す前半は、妻彩子さんによるシベリア・トナカイキャンプ紀行。人々と交わり言語や慣習、国境すら軽々と越えていく二人の姿は痛快だ。後半は作品制作の解説風年譜。世界中の街の「凹み」をモチーフに、独自の彫刻手法を確立した作家の貴重な記録である。

著者  谷口彩子 谷口顕一郎
出版社 かりん舎
発行  2021年12月10日
価格  2420円(税込)

がんの「語り」

がんの「語り」

がん体験を未来に役立てる

 がんは日本人の死因第1位。わけても北海道はがん死亡率全国5位、罹患率も4位。一方、検診受診率は低く、啓発面の課題も多い。征圧から共生の時代を迎え、患者や「がんサバイバー」と呼ばれる人々がその体験を伝える意義や重要性が高まっている。本書は、そうした「語り」のノウハウを普遍化・共有化することで、子供たちや医療者をはじめ様々な人々にがん体験を伝え生かす機会を増やすことを目的として刊行された。北海道の課題解決の一助ともなるだろう。



新 北海道の本棚 バックナンバー

Vol.12NEW!

北海道が生んだ九人の横綱&[きのとや]の挑戦

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.11

シマフクロウ 家族の物語/いのちのふね

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.10

終わりなきタルコフスキー/百貨店!

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.9

アイヌ民族 27の昔話/写真が語る 札幌市の100年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.8

三浦綾子論 -その現代的意義-/もっと知りたいアイヌの美術

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.7

北海道遺産完全ガイド/さっぽろ燐寸ラベルグラフィティー

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.6

古代キリスト教研究論集/完本 アイヌの碑

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.5

世界凹み旅/がんの「語り」

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.4

絢爛たる詩魂/アイヌから見た北海道150年

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.3

アーバン・ベア/林多美子歌集 青韻

北海道人必読の新しい「北海道」に関する本をご紹介…

Vol.1

佐藤庫之介書論集 書の宙へ/〈沈黙〉の自伝的民族誌

「書」は誰もが親しむことのできる芸術だが、批評することは難しい。…

先頭へ戻る